読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスはピンチだ。

響く言葉の愛好家

日曜美術館アートシーン8月28日

日曜美術館

f:id:tanazashi:20160828120806j:plain

 

アートシーンで紹介されていた展覧会です。

f:id:tanazashi:20160828120807j:plain

 

f:id:tanazashi:20160828120808j:plain

f:id:tanazashi:20160828120809j:plain

 

f:id:tanazashi:20160828120810j:plain

f:id:tanazashi:20160828121356j:plain

f:id:tanazashi:20160828120811j:plain

 

f:id:tanazashi:20160828120812j:plain

日曜美術館「アートの旅 あいちトリエンナーレ編」

日曜美術館

f:id:tanazashi:20160825095000j:plain

そもそも“園ってこういうひとだよね”って言われるのが、いちばんイヤなんです。“園っぽい映画だよね”と言われるその向こう側、もっと先へ行きたいといつも思っています。大好きなピカソのように、タッチがガンガン変わっていく人間でありたい。

映画監督・園子温*1氏のことばには、物作りに欠かせない心の芯を掴むような感覚があります。その監督がたどるアートの旅です。

blog.kenfru.xyz

 

 

日曜美術館「アートの旅 あいちトリエンナーレ編」

 名古屋、岡崎、豊橋で開催されたいる「あいちトリエンナーレ」は、2010年から3年ごとに開催されている国際芸術祭です。3回目となる「あいちトリエンナーレ2016」は2016年8月11日から10月23日にかけて開催します。

アーティスト | あいちトリエンナーレ2016

放送日

2016年8月28日(日)

av98ingram.wpblog.jp

作品紹介

この秋、都市を会場にした芸術祭として注目を集めるのが「あいちトリエンナーレ2016」。名古屋、岡崎、豊橋の三つの街が舞台。愛知県豊橋市出身の園子温さんは、高校時代に通った豊橋の街が不思議なアートでいろどられているのを体感、創作意欲をかきたてられる。一体何を見た?時間があったら美術館に通うという若村麻由美さんは、名古屋で、この地ならではの伝統と未来が結ばれる作品に思わず…。一体何に心揺さぶられた?

f:id:tanazashi:20160825095724p:plain

 

・メイン会場の愛知芸術文化センターで展示されている中国出身のリウ・ウェイ*2「緑地」


 

f:id:tanazashi:20160825100528j:plain

・フィリピンの作家カワヤン・デ・ギア*3が映画のフィルムで作った4頭の馬の彫刻「24コマ:4幕のパラダイム

f:id:tanazashi:20160825094940j:plain

・京都出身のアーティスト久門剛史*4の光と音を使った異空間「PAISE」

f:id:tanazashi:20160825100358j:plain

 

・ブラジルの作家ラウラ・リマ*5「鶏がアートを楽しむ空間」

f:id:tanazashi:20160825095710j:plain

・床に白いフェルトを敷き、その上に岩絵の具で花や鳥などを描いた大巻伸嗣*6のアート

f:id:tanazashi:20160825100107j:plain

 

・繊維の街として知られる名古屋市内の長者町の会場にある服をモチーフにした佐藤翠*7の作品。

番組内容

準備中です

 

取材先など

取材先一覧を入れます

 

*av98の番組表にリンク

 

展覧会

f:id:tanazashi:20160820215002j:plain

f:id:tanazashi:20160820215007j:plain

f:id:tanazashi:20160820215005j:plain

 

あいちトリエンナーレ2016オフィシャルガイドブック (ぴあMOOK)

あいちトリエンナーレ2016オフィシャルガイドブック (ぴあMOOK)

 

 

 

夢みる人のクロスロード: 芸術と記憶の場所

夢みる人のクロスロード: 芸術と記憶の場所

 

 

 

*1:愛知県豊橋市出身の映画監督、脚本家、詩人、パフォーマー。自主映画出身の映画監督

*2:1972年生まれ、1996年に杭州美術アカデミーを卒業した多次元芸術家。パフォーマンスアート、彫刻、写真、映像、絵画、インスタレーションなど、多くの芸術形式を実践している

*3:1979年フィリピン・バギオ生まれの絵画、インスタレーション、彫刻家。現代のフィリピンまた過去の植民地時代における社会政治的な問題に対する、皮肉めいた、時にコミカルな見方を提示している

*4:1981年京都府生まれ。京都府在住。京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了(2007年)。様々な現象や歴史を採取し、音や光、立体を用いて個々の記憶や物語と再会させる劇場的空間を創出している

*5: Laura LIMA. 1971年ブラジルのゴヴェルナドル・ヴァラダレス生まれ。リオデジャネイロを拠点に哲学と視覚芸術を学ぶ。90年代半ばから、リマは自ら「イメージ」と呼ぶ一連の作品を生み出してきが作り上げた

*6:1971 年岐阜県生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科准教授。アジアパシフィックトリエンナーレ横浜トリエンナーレ2008、エルメス セーヴル店、アジアンアートビエンナーレなど世界中の芸術祭や美術館・ギャラリーでの展覧会に参加している

*7:1984年愛知県生まれ。現在は名古屋市を拠点に制作しています。 色とりどりの服が詰まったクローゼット、高いヒールの靴が勢揃いした棚などの作風で知られる

ずっと何かを探している。

f:id:tanazashi:20160827225557j:plain

 

「お前が世界のどこにいても、俺が必ず、もう一度逢いに行くって」・・・映画「君の名は。」のセリフです。

f:id:tanazashi:20160827234711j:plain

お互いに相手の素性がわからないまま、突然心が入れ替わってしまった男女の交流を描く新海誠監督の新作です。初日だけれど、郊外の映画館それも朝早い時間だからと甘く見ていましたが到着すると残席僅少。午後は全回満員の大盛況です。

新海作品の特徴である背景画の透明感。とりわけ光源から放たれる光の屈折や反射の描き込みがクリアで、眺めているるだけで心が洗われる気分です。商業作品の積み重ねが経験値となって、これまでやや物足りなさを欠いていた人物描写や、ストーリーの回し方も大幅に強化されたように感じられます。

男女の中身が入れ替わる設定は珍しいことではありません。ですから前半はやや既視感を感じました。しかし、丁寧に細かく描写される日常のディテールが飽和点に達したとたんに事態は急変、怒濤のように物語は流れはじめます。

評価は他の人に譲るとして、印象に残ったのが本作でたびたび登場するのがドアの閉まるワンカットです。電車の扉、障子の閉まる場面、教室の扉。画面の奥から扉が迫ってくるカットはほかのアニメ作品ではあまり使われなかったような映像です。それだけではあまり意味のない映像が、繰り返されるうちに心に響いてきたのは意外な経験でした。この作品ではほかに、主人公が髪を束ねるのに使ったヒモも小道具として重要な役割を果たします。「つなぐ」ものと「閉まる=切断する」ものの暗喩が、観客の奥底に小さな波紋となって届いたのでしょう。波紋の共振が鮮明な映像美と、強いメッセージの台詞を伴うことで心に届く作品になったように思います。

「忘れたくない人、忘れたくなかった人、忘れちゃだめな人」の連打は爽快ですね。

さて、「シン・ゴジラ」でも描かれていましたが、話題作に共通した設定、物語の根っこには3.11の体験があります。未だに癒やされない大きな傷となって私たちの心の中に残されていることを痛感します。

 

地獄でなぜ悪い

f:id:tanazashi:20160827154130j:plain

 

園子温*1監督作品「地獄でなぜ悪い」の作中人物平田のことばです。

 3.11以降『ヒミズ』『希望の国』と震災に触れる映画を連作で撮り、被災地で上映すると、被災地の人たちは「映画を作ってくれてありがとう」とは言ってくれるんだけど、どこか悲しそうな表情をしていたんです。そのとき、次に撮る映画は、明るくて楽しくて、何にも考えなくていい、コーラやビールの似合うポップコーン・ムービーを作ろうって。そんな気持ちから始まった映画です。頭を空っぽにして、大音量と大スクリーンで映画を観た後は“楽しかったね!じゃあ飯でも食うか!!”って、そういう映画を作りたかった

f:id:tanazashi:20160827155800j:plain

園監督の作品が心を打つのは実体験に裏打ちされているからでしょう。自分が壊れる感覚を感じる青春時代の逸話を読むと、その破天荒ぶりがたまらなく面白い。人にはマネのできない人生経験が、誰もが心の奥底に封印した鍵を開け放つのかもしれません。

 

自殺サークル

自殺サークル

 

2001年5月31日、新宿で54人もの少女が電車にとびこみ集団自殺をした。生存者はただひとり――その名は小夜。古屋兎丸的都市伝説!!待望の復刊!!(2002年4月 河出書房新社 / 2013年9月 河出文庫) 

夢の中へ

夢の中へ

 

映画界のカリスマが描く、スピードと狂気の世界!社会現象を巻き起こした大ヒット作「自殺サークル」から3年。異端児・園子温が脚本をもとに、映像には写しだされていない世界を書き下ろす。(2005年6月 幻冬舎) 

愛のむきだし (小学館文庫)

愛のむきだし (小学館文庫)

 

衝撃作を発表し続ける園子温が、ヨーコ役に新進気鋭の女優・満島ひかりを起用し、映画界に殴リ込みをかける快進撃の発端となった映画の原作小説。(2008年12月 小学館 / 2012年1月 小学館文庫) 

希望の国

希望の国

 

「皆が想像できる単純な物語を更に深めたい」
決意した園子温は福島に何度も何度も通う。
描くべき人々は、すべてその道中にいた。
小野泰彦も、智恵子も、洋一も、いずみも、
鈴木健も、めい子も、ミツルも、ヨーコも、
犬のペギーも、役所の志村も、加藤も、警官も、自衛隊も……。
みんな、福島から生まれた。(2012年9月 リトルモア) 

非道に生きる (ideaink 〈アイデアインク〉)

非道に生きる (ideaink 〈アイデアインク〉)

 

社会の暗部を容赦なく明るみに出す刺激の強すぎる作家が「映画のような」壮絶な人生とともに、極端を貫いて道なき道を生き抜いた先の希望を語る。「これからのアイデア」をコンパクトに提供するブックシリーズ第4弾。(2012年10月 朝日出版社) 

けもの道を笑って歩け

けもの道を笑って歩け

 

サンフランシスコの路上生活から、ヴェネチアの国際映画監督へ。現代最高の奇才が語る「生」のむきだし。家族、宗教、セックス、伝統、国家、笑い、そして映画…生と向き合うヒント。(2013年9月 ぱる出版) 

毛深い闇

毛深い闇

 

愛知県豊川市で発見された、少女の不可解な死体。女刑事の娘・切子は、母親より早く事件の核心に迫ろうと、悪魔画廊の謎を探るが!?少女の夜の終わりを描く、世界的映画監督による衝撃作。(2014年6月 河出書房新社) 

受け入れない

受け入れない

 

はみ出すことで、世界は変わる。映画界の鬼才が世にぶつける書き下ろしの詩14編とエッセイ。伝統なんて、タブーなんて、普通なんて、常識なんて、受け入れない。(2015年6月 中経出版

*1:映画監督・脚本家。1961年12月18日生まれ、 愛知県出身。1986年『第9回ぴあフィルムフェスティバル』で映画『俺は園子温だ!』が入選。以降、メッセージ性のある作品をだし、世界の名だたる映画祭で高評価をうけ、多くの賞を受賞

日曜美術館アートシーン8月21日

日曜美術館

アートシーンで紹介された展覧会です。

f:id:tanazashi:20160821180058j:plain

 

 

f:id:tanazashi:20160822211923j:plain

f:id:tanazashi:20160822211934j:plain

f:id:tanazashi:20160822211922j:plain

f:id:tanazashi:20160822211930j:plain

f:id:tanazashi:20160821180100j:plain

f:id:tanazashi:20160822213104j:plain

f:id:tanazashi:20160822213110j:plain

f:id:tanazashi:20160821180101j:plain

f:id:tanazashi:20160822211933j:plain

 

f:id:tanazashi:20160821180103j:plain

f:id:tanazashi:20160822211927j:plain

f:id:tanazashi:20160822211925j:plain

f:id:tanazashi:20160821180104j:plain

f:id:tanazashi:20160822211926j:plain

 

f:id:tanazashi:20160821180105j:plain

f:id:tanazashi:20160822211921j:plain

f:id:tanazashi:20160822211929j:plain

f:id:tanazashi:20160822211924j:plain

f:id:tanazashi:20160822211932j:plain

f:id:tanazashi:20160822211931j:plain

f:id:tanazashi:20160822211920j:plain

 

日曜美術館「少年たちはローマを目指した~絵でたどる天正遣欧使節~」

日曜美術館

f:id:tanazashi:20160812152453j:plain

伊東マンショの肖像」伊 ドメニコ・ティントレット筆 1585年 ミラノ、トリヴルツィオ財団蔵 Fondazione Trivulzio - Milano *1は日本でも初めてその存在が知られた油彩の肖像画です。 

 

 

日曜美術館「少年たちはローマを目指した~絵でたどる天正遣欧使節~」

f:id:tanazashi:20160821103959j:plain

4人の少年がローマ法王に謁見した天正遣欧使節。その正使、伊東マンショ*2肖像画が、 2016年の日伊国交樹立150周年を記念して、東京国立博物館で特別公開「新発見!天正遣欧少年使節 伊東マンショの肖像」展覧会が開催されました。

天正遣欧使節の歴史的出来事を寺崎武男*3の絵画とともにたどります。

放送:2016年8月21日

キリシタン大名の名代として、4人の少年がはるばるヨーロッパに赴き、ローマ法王に謁見した天正遣欧使節。その正使だった伊東マンショ肖像画が、今年日本で初めてお披露目されることになった。この天正遣欧使節の歴史的快挙をライフワークとして描いた画家が寺崎武男である。番組では、天正遣欧使節という歴史的出来事を寺崎武男の絵画とともにたどりながら、幻の「安土城図屏風」や「南蛮屏風」を通して当時の南蛮ブームを描く。

【出演】東京大学名誉教授…五野井隆史,岡崎市美術博物館館長…榊原悟,早稲田大学教授…成澤勝嗣,長崎歴長崎歴史文化博物館研究員…五味俊晶,歌舞伎・オペレッタ演出家…寺崎裕則,イタリア・トリブルツィオ財団・資料館員…パオラ・ディ・リコ,大阪大学特任助教…パオラ・カヴァリエレ,【語り】伊東敏恵

av98ingram.wpblog.jp

 

番組内容

f:id:tanazashi:20160821103958j:plain

 

伊東マンショの肖像」は、2014年3月にミラノで発行された学術誌に紹介され、日本でも初めてその存在が知られた油彩の肖像画です。1585年にヴェネツィアを訪問した天正遣欧少年使節の姿を、ルネサンスヴェネツィア派の大画家ヤコポ・ティントレットが発注を受け、その息子であるドメニコ・ティントレット(1560~1635)が後に完成させたとみられます。

f:id:tanazashi:20160821104000j:plain

江戸時代から近代にかけての海外交流に関する資料を扱う長崎歴史文化博物館に、着物姿のマンショの肖像画がのこされています。

f:id:tanazashi:20160821104001j:plain

スペイン風の衣装を身にまとった、まだ少年らしさが残る姿がいきいきと描かれています。当時、肖像画を描かれることは特別な扱いでした。なぜ4人の少年が片道2年半という時間をかけ、危険を冒してまで遠い欧州まで旅をしたのでしょうか。

f:id:tanazashi:20160821104002j:plain

 

「南蛮屏風」(狩野内膳1570~1616画 16世紀末期頃 神戸市立博物館蔵)に当時の日本の様子が描かれています。

f:id:tanazashi:20160821104003j:plain

異国から到着した南蛮船を迎える港は大勢の人であふれています。赤青黄と鮮やかな色彩で人物の衣装が描かれています。

f:id:tanazashi:20160821104004j:plain

乗組員がまとったきらびやかな衣装は当時の日本人にとっては見たこともないデザインでした。絵を目にした人々は遠いヨーロッパの文化にあこがれを抱いたのです。

f:id:tanazashi:20160821104008j:plain

貿易品の荷揚げ、上陸したカピタン一行、彼らを出迎えるイエズス会宣教師やフランシスコ会修道士、日本人信者たちが描かれている。唐物屋には虎や豹の毛皮、絹織物、陶磁器などの貿易品が扱われている。唐物屋の奥には南蛮寺があり、内部では救世主像の掲げられた祭壇の前で儀式が執り行われている。仲介貿易が主体で、貿易と布教が一体となっていた南蛮貿易の実状をよく表している。象、アラビア馬、グレイハウンド種の洋犬など、南蛮渡来の珍獣が多く描かれているのも特徴である。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin_new/405.html

南蛮船の目的は、貿易と布教の二つのねらいがありました。

f:id:tanazashi:20160821104007j:plain

南蛮船に同乗した黒衣の人物が宣教師です。当時ヨーロッパは宗教改革の最中でした。力をつけたプロテスタントに対抗すべく、旧勢力であるカトリックは、辺境の地に布教の足がかりをつくろうと模索していたのです。

f:id:tanazashi:20160821104009j:plain

1579年に来日した、カトリック教会の司祭でイエズス会員のアレッサンドロ・ヴァリニャーノは日本語ができない宣教師たちに「郷に入れば郷に従え」とばかりに、日本語教育の下地をつくったことで知られています。

f:id:tanazashi:20160821104010j:plain

 

ヴァリニャーノは大友宗麟高山右近などと会見したあと安土城織田信長と謁見したと言われています。

f:id:tanazashi:20160821104011j:plain

信長は異国から来た一行の姿に関心をしめしました。奴隷として連れてこられた黒人を「弥助」として信長の直臣としたという記録も残されています。

f:id:tanazashi:20160821104013j:plain

天正遣欧使節団は欧州に強い興味を持った信長がいて初めて実現したプロジェクトだったのです。

f:id:tanazashi:20160821104012j:plain

使節団の消息に強い興味を抱いた画家がいます。版画家の寺崎武男は当時の農商務省の実業候補生としてイタリア留学した経験があります。天正遣欧使節団は歴史の中に埋もれた存在でしたが、寺崎はイタリアで使節団の存在に出会います。終戦後の焼け跡となった日本を元気づけるシンボルとして、海を越えて旅をした4人の少年たちの足跡を描こうと思い立ちました。

f:id:tanazashi:20160821180658j:plain

船出を見送るのは少年の父母でしょうか。空には虹が架かり船旅の安全を祈る気持ちが伝わってきます。生きて帰れる保証がない旅でした。

f:id:tanazashi:20160821104016j:plain

 

f:id:tanazashi:20160821104017j:plain

使節団は当時のローマ教皇に贈り物を携えていたことがわかっています。贈り物は屏風ということまではわかっていますが実物は発見されていません。今回発見された「伊東マンショの肖像」は、その屏風発見の手がかりとなるのではないかと期待されています。

f:id:tanazashi:20160821104018j:plain

屏風に描かれていたものとは安土城でした。安土城は1582年におきた明智光秀による本能寺の変の後まもなく焼失。その姿を記録した証拠が絵に残されているとして、屏風の発見に力が注がれています。

f:id:tanazashi:20160821104021j:plain

琵琶湖の東岸にこんもりとした姿を見せる山が安土山です。山頂付近には信長が築城した6階建ての独創的な意匠で絢爛豪華な城がそびえていたと推測されています。

f:id:tanazashi:20160821104020j:plain

帰国した使節団の一行を待っていたのは残酷な運命でした。秀吉はキリスト教に対する厳しい姿勢を示します。ヴァリニャーノはマンショたちを伴い秀吉に面会を求めます。

f:id:tanazashi:20160821104022j:plain

嘆願を聞いた秀吉は、伊東マンショに自分の家臣になる気はないかと話しかけます。マンショは秀吉の申し出を断ります。

f:id:tanazashi:20160821104023j:plain

マンショはこのあと、長崎のコレジオで教えていましたが、慶長17年(1612年)11月13日に病死しました。

f:id:tanazashi:20160821104024j:plain

 

徳川幕府豊臣秀吉の禁教令を引き継いでキリスト教を禁止しました。弾圧は過酷を極め、元和8年(1622年)には日本のキリシタン迫害の中でも最も多くの55人を同時に処刑する「元和の殉教」を起こします

f:id:tanazashi:20160821104025j:plain

遣欧使節団は、欧州の文化を日本に伝えるという志は果たすことができませんでしたが、日本という国の存在を欧州に知らしめるという役割は十分に果たすことができたと番組では締めくくっています。

 

ディレクター 吉田道代

プロデューサー 橋本裕次

制作統括 村山淳、堀川篤志

制作 NHKエデュケーショナル

 

 

寺崎武男は明治40年東京美術学校卒業と同時にベニスに渡った版画家です。油絵や水彩はもとより、フレスコ、テンペラエッチング、パステル、建築などを学び、中でも壁画に強い関心を抱いたそうだ。帰国後は山本鼎などと日本創作版画協会を設立、美術の発展に寄与しました。武男は滞欧中、イタリア各地の寺院や石碑などを目にして、故国では詳細が知られていなかった「遣欧少年使節」の事績を発見し衝撃を受けました。使節団の功績を伝えるために、寺崎は生涯の目標として遣欧使節の事績の絵画化に取り組んだといわれます。

f:id:tanazashi:20160812155613j:plain

屏風2点に描かれたテンペラの大作「遣欧少年使節 ヴァチカンへの行列」

 

取材先など

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia) 寺崎武男展(2014.10.02~11.16)

 

 

 

 

展覧会&ニュース

・「伊東マンショの肖像」は、長崎歴史文化博物館(7月22日~8月31日)、宮崎県立美術館(9月9日~10月16日)を巡回する予定です。

天正遣欧少年使節が、1585年に当時のローマ法王グレゴリオ13世(在位1572〜85年)に謁見した場面を描いた19世紀のフレスコ画が、ローマにある同法王の子孫宅で見つかった。

フレスコ画は、19世紀半ばの邸宅増築の際、一家の依頼で画家のピエトロ・ガリアルディ(1809〜90年)が食堂の天井画として制作。20世紀前半に食堂が寝室と衣装部屋に改築された際、新しい天井が造られ、フレスコ画は見えなくなっていた。一家の古文書を研究するコーリー・ブレナン米ラトガース大准教授が2012年、フレスコ画の全体像を収めた20世紀初頭の白黒写真を発見。6月、小型カメラで天井の向こう側の絵を確認した。(2016年8月13日毎日新聞

f:id:tanazashi:20160813095439j:plain

この邸宅で暮らすニコロ・ボンコンパーニ・ルドビージ氏(75)は「謁見は一家にとって重要な出来事。この発見で日本人とさらに親密になれるよう望んでいる」と話している。

書籍 

戦国の少年外交団秘話―ポルトガルで発見された1584年の天正遣欧使節の記録

戦国の少年外交団秘話―ポルトガルで発見された1584年の天正遣欧使節の記録

 
クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝国  (集英社文庫)

クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)

 
天正遣欧使節 (講談社学術文庫)

天正遣欧使節 (講談社学術文庫)

 
嵐に弄ばれた少年たち 「天正遣欧使節」の実像

嵐に弄ばれた少年たち 「天正遣欧使節」の実像

  • 作者: 伊東祐朔,小野木三郎
  • 出版社/メーカー: 垂井日之出印刷所
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
伊東マンショ~その生涯~

伊東マンショ~その生涯~

 
少年が歴史を開いた―伊東マンショ・その時代と生涯 (みやざき文庫 51)

少年が歴史を開いた―伊東マンショ・その時代と生涯 (みやざき文庫 51)

 

 

 

 

*1:1585年にヴェネツィアを訪問した天正遣欧少年使節の姿を、ルネサンスヴェネツィア派の大画家ヤコポ・ティントレットが発注を受け、その息子であるドメニコ・ティントレット(1560~1635)が後に完成させたとみられます。2014年3月にミラノで発行された学術誌に紹介されました

*2:1570年ごろ、現在の宮崎県西都市に生まれた。キリシタン大名有馬晴信が島原に開いたセミナリヨ(神学校)で学び、天正遣欧少年使節の一員としてローマ法王に面会。帰国後に神父になり、キリシタン迫害が強まる中で布教を続け、1612年に長崎で死去した。

*3:明治16年生まれの版画家。40年農商務省実業講習生としてイタリアにわたり,エッチングをまなぶ。大正5年帰国し,7年山本鼎(かなえ)らと日本創作版画協会を設立。昭和6年日本版画協会の創立に参加する。エッチングの普及につくし

日曜美術館「風景の叙情詩人 広重の“東海道五十三次”」

日曜美術館

千変万化する自然の表情。ユーモアあふれる庶民の表情。魅力たっぷり広重の傑作版画が東海道五十三次です。

f:id:tanazashi:20160821173959j:plain

 

 

日曜美術館「風景の叙情詩人 広重の“東海道五十三次”」

歌川広重の名を一躍世間にとどろかせ、“風景の叙情詩人”としての名声を不動のものとした傑作『東海道五十三次』。旅・人間・自然の3つの視点からその魅力を味わっていきます。

f:id:tanazashi:20160821174000j:plain

放送:2016年6月5日

東海道の宿場や名所の風景を、四季の移り変わりや雨や雪など自然の変化を織り交ぜて情緒豊かに描き出した歌川広重の『東海道五十三次』。広重の名を一躍世間にとどろかせ、“風景の叙情詩人”としての名声を不動のものとした傑作である。番組では、近年の研究成果を踏まえながら『東海道五十三次』を、旅・人間・自然の3つの視点から紹介するとともに、おもしろい語り口で絵の細部まで丹念に見ながら、その魅力を味わっていく。

【出演】国立歴史民俗博物館教授…大久保純一,岡山大学准教授…佐々木守俊,漫画家・風刺画研究家…清水勲,東京伝統木版画工芸協同組合理事長…高橋由貴子,摺師…岡田拓也,【司会】井浦新,伊東敏恵

av98ingram.wpblog.jp

番組内容

f:id:tanazashi:20160821174001j:plain

f:id:tanazashi:20160821174002j:plain

f:id:tanazashi:20160821174003j:plain

f:id:tanazashi:20160821174004j:plain

 

f:id:tanazashi:20160812161311j:plain

東海道五十三次の内御油宿

f:id:tanazashi:20160821174006j:plain

f:id:tanazashi:20160821174007j:plain

f:id:tanazashi:20160821174008j:plain

f:id:tanazashi:20160821174009j:plain

 

f:id:tanazashi:20160812161634j:plain

東海道五十三次の内蒲原宿

f:id:tanazashi:20160821174022j:plain

f:id:tanazashi:20160821174023j:plain

f:id:tanazashi:20160821174024j:plain

f:id:tanazashi:20160821174025j:plain

f:id:tanazashi:20160812161453j:plain

東海道五十三次の内庄野宿

f:id:tanazashi:20160821174012j:plain

 

f:id:tanazashi:20160821174013j:plain

f:id:tanazashi:20160821174020j:plain

f:id:tanazashi:20160821174018j:plain

f:id:tanazashi:20160821174019j:plain

f:id:tanazashi:20160821174021j:plain

 

f:id:tanazashi:20160812161551j:plain

東海道五十三次の内土山宿

f:id:tanazashi:20160821174026j:plain

 

 

取材先など

 

 

展覧会

 

f:id:tanazashi:20160812162104j:plain

www.adachi-museum.or.jp