チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「外国人を魅了する日本の美術館」

f:id:tanazashi:20180610195434p:plain

 

 

 

f:id:tanazashi:20180617213428p:plain

日曜美術館「外国人を魅了する日本の美術館」

今回は1時間の拡大版!年々増える外国人観光客。その中でブームになっているのが日本の美術館。日本人が気づかないような魅力をフランス人美術史家の視点からひもとく。

f:id:tanazashi:20180610195506p:plain

美術史家・ソフィー・リチャードさんは13年前に来日。以来日本の美術館に魅せられ全国を回り、ガイドを本にまとめた。

f:id:tanazashi:20180617213658p:plain

「見学に何日もかかる欧米の大美術館と違い、日本の美術館は散策で訪れるにはサイズが手ごろ、建物や庭園にも味があり癒される。

また地域の美術館にはその土地の風土や文化が詰まっている」と言う。

彼女と日本各地の美術館に同行し日本絵画、茶の湯の陶器、現代アートなどさまざまなジャンルの美術館を味わう。

 

【司会】小野正嗣,高橋美鈴,【ゲスト】美術史家…ソフィー・リチャード,国文学研究資料館長…ロバート キャンベル,パンツェッタ・ジローラモ

放送日

2018年6月17日 

放送記録

f:id:tanazashi:20180617213724p:plain

 

f:id:tanazashi:20180617213842p:plain

f:id:tanazashi:20180617213912p:plain

f:id:tanazashi:20180617214029p:plain

f:id:tanazashi:20180617214127p:plain

f:id:tanazashi:20180617214159p:plain

f:id:tanazashi:20180617214232p:plain

 

f:id:tanazashi:20180617214455p:plain

f:id:tanazashi:20180617214502p:plain

f:id:tanazashi:20180617214858p:plain

f:id:tanazashi:20180617214907p:plain

f:id:tanazashi:20180617214913p:plain

f:id:tanazashi:20180617214955p:plain

f:id:tanazashi:20180617215025p:plain

 

f:id:tanazashi:20180617215159p:plain

f:id:tanazashi:20180617215249p:plain

f:id:tanazashi:20180617222412p:plain

f:id:tanazashi:20180617222423p:plain

f:id:tanazashi:20180617222427p:plain

f:id:tanazashi:20180617222436p:plain

f:id:tanazashi:20180617222718p:plain

f:id:tanazashi:20180617222723p:plain

f:id:tanazashi:20180617222730p:plain

f:id:tanazashi:20180617222738p:plain

f:id:tanazashi:20180617222742p:plain

f:id:tanazashi:20180617222748p:plain

f:id:tanazashi:20180617222815p:plain

f:id:tanazashi:20180617222820p:plain

f:id:tanazashi:20180617223452p:plain

f:id:tanazashi:20180617223456p:plain

f:id:tanazashi:20180617223501p:plain

f:id:tanazashi:20180617223508p:plain

f:id:tanazashi:20180617223513p:plain

***

 

blog.kenfru.xyz

 

f:id:tanazashi:20180617224630p:plain

f:id:tanazashi:20180617224728p:plain

f:id:tanazashi:20180617224807p:plain

f:id:tanazashi:20180617225222p:plain

f:id:tanazashi:20180617225230p:plain

f:id:tanazashi:20180617225253p:plain

f:id:tanazashi:20180617225332p:plain

f:id:tanazashi:20180617231321p:plain

f:id:tanazashi:20180617231329p:plain

f:id:tanazashi:20180617231336p:plain

f:id:tanazashi:20180617231455p:plain

f:id:tanazashi:20180617231459p:plain

f:id:tanazashi:20180617231505p:plain

f:id:tanazashi:20180617231509p:plain

f:id:tanazashi:20180617231541p:plain

f:id:tanazashi:20180617231704p:plain

f:id:tanazashi:20180617231711p:plain

f:id:tanazashi:20180617231837p:plain

f:id:tanazashi:20180617232802p:plain

f:id:tanazashi:20180617232810p:plain

f:id:tanazashi:20180617232814p:plain

 

blog.kenfru.xyz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog.kenfru.xyz

 

美術情報

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

 

展覧会

 

特別展 清方生誕140年記念 清らかに、うるわしく-清方の美人画

f:id:tanazashi:20180610193858p:plain

 

特別展 清方生誕140年記念
清らかに、うるわしく-清方の美人画

f:id:tanazashi:20180610193924p:plain

f:id:tanazashi:20180610193927p:plain

f:id:tanazashi:20180610193930p:plain

f:id:tanazashi:20180610193934p:plain

f:id:tanazashi:20180610193939p:plain

www.kamakura-arts.or.jp

会場:鎌倉市鏑木清方記念美術館

会期:2018年5月26日~7月1日

近くへの遠回り -日本・キューバ現代美術展 帰国展

f:id:tanazashi:20180610193147p:plain

 

近くへの遠回り
-日本・キューバ現代美術展 帰国展

f:id:tanazashi:20180610193201p:plain

画像: 岩崎貴宏 「テクトニック・モデル(寓話のよう)」 2018年 撮影: Luis Joa ※キューバでの展示風景

f:id:tanazashi:20180610193205p:plain

f:id:tanazashi:20180610193211p:plain

f:id:tanazashi:20180610193216p:plain

f:id:tanazashi:20180610193221p:plain

 

キューバハバナ市のウィフレド・ラム現代美術センターで開催した「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展」(2018年3月9日~4月28日)では、「距離」をテーマに、日・キューバ両国のキュレーターが共同で日本人アーティスト7名、キューバ人4名による作品を紹介し、大変好評を博しました。この度、このキューバでの展示を再構成する形で、東京で帰国展を開催します。

日本では、野球や葉巻、映画「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」に登場する音楽、ルンバやサルサなどのダンスで知られるキューバですが、現代アートについては、ほとんど知られていません。しかし、たとえばハバナビエンナーレは、30年以上の歴史を持っており、また国際的に活躍するアーティストも多数排出するなど、キューバ現代アートは魅力に溢れています。そうした同時代性をもったアートシーンはまさにグローバルな文化環境を共有している証しであり、世界との距離の近さが感じ取られます。

ただ、キューバに一歩足を踏み入れると、社会・政治体制の違いから生まれる差異だけでなく、街中を50年代のクラシックカーが現役で走り、インターネットなどの通信環境が整っていないといったはるか遠い外国の風景が見えてきます。本展では、近さと遠さの感覚が揺さぶられるようなキューバを舞台として、距離にまつわる諸関係を見つめ直しながら、日本とキューバの現代に生きる作家たちがさまざまな交流やリサーチを経てキューバで発表した作品の数々を再構成し、紹介します。

 

www.spiral.co.jp

会場:スパイラルガーデン

会期:2018年6月6日~6月17日

ガラスの植物園

f:id:tanazashi:20180610192341p:plain

 

ガラスの植物園

f:id:tanazashi:20180610192400p:plain

「種子のかたち(小文間の植物シリーズ)2015-2」
藤原信幸、2015年、個人蔵

f:id:tanazashi:20180610192404p:plain

f:id:tanazashi:20180610192408p:plain

f:id:tanazashi:20180610192411p:plain

f:id:tanazashi:20180610192416p:plain

f:id:tanazashi:20180610192421p:plain

私たちは身近な草木から季節の移ろいを知り、新緑のみずみずしさ、咲き誇る花の美しさを愛で、花の散りゆく様に人生のあり様を重ねます。私たちの感情に寄り添いながら暮らしの様々な場面を彩る植物は、ガラス造形の世界でも、その魅力的な姿や生命力が作家の創造力を掻き立て、実に多彩な作品が生み出されています。ガラスに表れた植物の姿は、その精緻で力強い自然の造形への驚きや、儚く美しいものへの憧憬、様々な記憶や感情をも内包し、私たちの心の深部に触れてきます。新緑の季節にぜひガラスの植物たちをご堪能ください。

開催中の展覧会 – 石川県能登島ガラス美術館

会場:石川県能登島ガラス美術館

会期:2018年4月21日~7月22日

千代田区×東京ステーションギャラリー 夢二繚乱

f:id:tanazashi:20180610190319p:plain

 

千代田区×東京ステーションギャラリー
夢二繚乱

f:id:tanazashi:20180610190335p:plain

f:id:tanazashi:20180610190339p:plain

f:id:tanazashi:20180610190343p:plain

f:id:tanazashi:20180610190347p:plain

f:id:tanazashi:20180610190354p:plain

f:id:tanazashi:20180610190358p:plain

f:id:tanazashi:20180610190402p:plain

f:id:tanazashi:20180610190405p:plain

f:id:tanazashi:20180610190410p:plain

f:id:tanazashi:20180610190414p:plain

f:id:tanazashi:20180610190419p:plain

f:id:tanazashi:20180610190423p:plain

f:id:tanazashi:20180610190427p:plain

f:id:tanazashi:20180610190432p:plain

f:id:tanazashi:20180610190440p:plain

f:id:tanazashi:20180610190443p:plain

f:id:tanazashi:20180610190447p:plain

f:id:tanazashi:20180610190451p:plain

f:id:tanazashi:20180610190455p:plain

f:id:tanazashi:20180610190459p:plain

f:id:tanazashi:20180610190503p:plain

f:id:tanazashi:20180610190507p:plain

f:id:tanazashi:20180610190510p:plain

f:id:tanazashi:20180610190515p:plain

f:id:tanazashi:20180610190522p:plain

f:id:tanazashi:20180610190526p:plain

f:id:tanazashi:20180610190530p:plain

f:id:tanazashi:20180610190534p:plain

覧会は4章構成になっています。第1章では、夢二の若き日々を検証します。第2章では、出版や印刷・版画などを中心にした夢二の仕事を、第3章では、その中でも音楽や楽譜にまつわる仕事を取り上げ、第4章では、夢二の自伝小説『出帆』原画と、没後の龍星閣による出版活動などを紹介します。

www.ejrcf.or.jp

会場:東京ステーションギャラリー

会期:2018年5月19日~7月1日