チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

仁和寺と御室派のみほとけ

f:id:tanazashi:20180101110253j:plain

仁和寺と御室派のみほとけ
天平真言密教の名宝~

 

f:id:tanazashi:20180101110045j:plain仏像ファン必見の展覧会です。

創建時の本尊である国宝「阿弥陀如来坐像」や秘仏・国宝「薬師如来坐像」、さらには空海ゆかりの国宝「三十帖冊子」など、本展では仁和寺に伝わる名宝を一堂に紹介します。

仁和寺

f:id:tanazashi:20180101110012j:plain

展覧会では、仁和寺を総本山とする全国約790もの御室派寺院から、選りすぐられた秘仏や名宝約70体も集結します。

千手観音菩薩坐像

f:id:tanazashi:20180101110057j:plain天平彫刻の最高傑作として知られる葛井寺(ふじいでら)の秘仏・国宝「千手観音菩薩坐像」は、千本以上の手を持つ唯一の、そして最古の千手観音像です。江戸時代の出開帳以来、初めて東京で公開されます。人気の仏像・阿修羅像とほぼ同時期に作られた天平の傑作です。

f:id:tanazashi:20180101111243j:plain

ふだんは毎月18日のみ開帳されている秘仏です。厨子から外に出される機会はほとんどないことから、全体像を見ることができるおそらく唯一の機会になります。

阿弥陀如来坐像

f:id:tanazashi:20180101110152j:plain

創建当時の本尊「阿弥陀如来坐像および両脇侍立像」は9世紀につくられたもので国宝。 両脇の仏とセットで展示されます。

f:id:tanazashi:20180101110205j:plain

白檀など南方系の芳香のある材に緻密に彫られた像高11.8センチの小さな像。国宝「薬師如来坐像」 ほかにも密教尊像らしい姿が特徴的な重要文化財如意輪観音菩薩坐像」(兵庫・神呪寺蔵)、鎌倉時代の名品として名高い重要文化財馬頭観音菩薩坐像」(福井・中山寺蔵)などが展示されます。

観音堂

f:id:tanazashi:20180101110114j:plain

また、通常は非公開の仁和寺の観音堂が、33体の安置仏と壁画の高精細画像により再現される特別な空間も登場します。

2018年仏教美術の注目展覧会

f:id:tanazashi:20180101110323j:plain

「展覧会は観音堂の解体修理をきっかけにしたものです。修理にあたっては全国の御室派のお寺から支援を受けたこともあり、仁和寺のみならず御室派を広く知ってもらうための展覧会としました」

 

開催概要

ninnaji2018.com

会場:東京国立博物館

会期:2018年1月16日(火) ~ 2018年3月11日(日)

書籍

 

没後40年 熊谷守一 生きるよろこび

f:id:tanazashi:20180118233459p:plain

 

愛らしい表情を浮かべる猫。

f:id:tanazashi:20180118233503p:plain

シンプルな中にもその特徴をいきいきと伝えています。

f:id:tanazashi:20180118233507p:plain

描いたのは仙人の異名を元画家、熊谷守一*1です。

mori-movie.com

今年の春公開する映画では熊谷晩年の日常を描いています。

f:id:tanazashi:20180118233511p:plain

主演を勤めた俳優の山﨑努さん。実は熊谷守一の大ファンです。

「守一さんは眩しくてね。どうやって作っていいかわかりませんでした」

熊谷には人に見せない一面があったと考えています。

f:id:tanazashi:20180118233516p:plain

「中に激しいものを持った人だったのではないかと思うのです。にもかかわらず、写真の表情なんか見るととても穏やかでね」

f:id:tanazashi:20180118233520p:plain

おだやかな表情と画風に隠されたほんとうの熊谷守一とはどんな人物だったのか。

f:id:tanazashi:20180118233525p:plain

97歳で没してから40年。その素顔に迫る大回顧展が開かれています。

kumagai2017.exhn.jp

f:id:tanazashi:20180118233532p:plain

 

ろうそくの明かりがぼんやりと顔を照らし出す自画像。

f:id:tanazashi:20180118233537p:plain

東京美術学校を主席で卒業。光と影の表現に大きな関心を寄せていました。

f:id:tanazashi:20180118233541p:plain

きっかけとなったのはある轢死体との遭遇です。

電車に轢かれ横たわる女性。

f:id:tanazashi:20180118233546p:plain

現在では細部まで見えませんが、闇夜に白く光る体を克明に描きました。

http://img02.hamazo.tv/usr/s/c/e/sceneblog/%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BCs%EF%BD%9Esimg259-s.jpg

http://sceneblog.hamazo.tv/e5642046.html

f:id:tanazashi:20180118233551p:plain

以降熊谷は闇に横たわる女性の体を何度も描いています。

f:id:tanazashi:20180118233557p:plain

逆光に光る輪郭はやがて赤い線として現れます。

f:id:tanazashi:20180118233602p:plain

この時期熊谷は風景がも多く手がけました。

f:id:tanazashi:20180118233607p:plain

朝日に黄色く輝く奥の山。

対して影となる手前の山は濃い緑色です。光と影を色の対比で表す画風を模索し、色彩は次第に単純化して行きました。

f:id:tanazashi:20180118233611p:plain

結核を患い2年も寝込んでいた長女・萬(まん)が21歳の誕生日を迎えてすぐ亡くなり野辺の送りの帰りを描いた作品(「ヤキバノカエリ」1948-55年/岐阜県美術館)

試行錯誤の末にたどり着いた一枚。

焼き場から帰ってくる熊谷と子どもたち。

f:id:tanazashi:20180118233621p:plain

亡くなった長女の遺骨を腕に抱えています。熊谷の髭と遺骨の白が抑えられた色調の中でくっきりと浮かび上がります。娘の死から9年。ようやく描き上げたこの絵が熊谷の表現の転換点となりました。

 

f:id:tanazashi:20180118233627p:plain

70歳になり外出を一切やめた熊谷。毎日庭の生き物を観察するようになります。

蟻の行列。

f:id:tanazashi:20180118233632p:plain

小さな命。その特徴を逃さない、熊谷ならではの視点です。

f:id:tanazashi:20180118233637p:plain

日々の観察の中である鋭い発見もしました。蟻は左の二番目の足から歩き出すというのです。

f:id:tanazashi:20180118233642p:plain

「何度も見ましたよ。僕。初めてホン(脚本)で読んだ時。すぐ庭に出てね、見たんですけどさっぱりわからなかった」

f:id:tanazashi:20180118233646p:plain

「観察するってのはインプットですからね。みんなものを創る人はインプットして、それを自分の中に溜め込んで、熟成したところでアウトプット、つまり作品をつくるということになるのですが」

f:id:tanazashi:20180118233650p:plain

「守一さんの場合はアレだけスゴイインプットをしていて」

f:id:tanazashi:20180118233655p:plain

「アウトプットの作品は少ないんじゃないかと思いますね。絵を書くために見るのではなくて、見たいから見るんですよね。ちょっと感動ですよね。そういう人がいるってことはね」

 

f:id:tanazashi:20180118233700p:plain

身近な生き物をシンプルに描いた熊谷。

f:id:tanazashi:20180118233705p:plain

しかし色の取り合わせにはこだわり、研究を重ねていたといいます。

f:id:tanazashi:20180118233709p:plain

f:id:tanazashi:20180118233714p:plain

f:id:tanazashi:20180118233718p:plain

*1:1880年岐阜県に生まれる。裕福ながら複雑な家庭に育ち、のち家の没落にあう。東京美術学校西洋画科選科を首席で卒業。同級生に青木繁がいた。実母の死を契機に30代の6年間を郷里で暮らし、山奥で伐採した木を川流しで搬送する日傭(ヒヨウ)の仕事を体験する。1938年頃より、輪郭線と平面による独特な表現に移行し、近代日本洋画に超然たる画風を築く。自然に近い暮らしぶりとその風貌から「仙人」と呼ばれ、生き様、作品、書などが多くの文化人を魅了する。87歳のとき文化勲章の内定を辞退。俗世の価値観を超越した自由な精神で、ただ自由に自分の時間を楽しむことだけを願った生涯だった。1977年、97歳で亡くなる。自宅跡は豊島区立熊谷守一美術館となる。2015年9月、郷里の岐阜県中津川市付知町熊谷守一つけち記念館が開館。

谷川俊太郎展

f:id:tanazashi:20180104234145j:plain

 

86歳を迎えた詩人の谷川俊太郎さん。現在も、読み手一人一人の心に届くみずみずしい言葉によって、多くの人々を魅了し続けています。

https://www.operacity.jp/ag/exh205/image/introduction/pic.jpg

一方仕事の幅広さ・膨大さゆえに、この国民的詩人の「人」と「作品」の全体像をとらえるのは容易ではありません。

谷川俊太郎のエッセンスを探るべく、本展では詩人の現在に焦点をあてることにしました。

実生活の喜びやいたみから詩を紡ぎ出し、社会とつながろうとしてきた谷川。その暮らしの周辺をさまざまに紹介します。影響を受けた「もの」や音楽、家族写真、大切な人たちとの書簡、コレクション、暮らしの断片や、知られざる仕事を織り交ぜ、谷川俊太郎の詩が生まれる瞬間にふれる試みです。

本展のために書き下ろされる詩や、音楽家・小山田圭吾コーネリアス)とインターフェイスデザイナー中村勇吾(tha ltd.)とのコラボレーションも発表します。

 

会場:東京オペラシティ アートギャラリー
会期:2018年1月13日(土)~3月25日(日)

 

日曜美術館「桜の画家 中島千波 人間群像を描く」

f:id:tanazashi:20171229233710p:plain

今年の美術展めぐりはこの二冊

芸術新潮 2017年 12 月号 特別付録:芸新手帳2018

芸術新潮 2017年 12 月号 特別付録:芸新手帳2018

 
日経おとなのOFF 2018年 01 月号

日経おとなのOFF 2018年 01 月号

 

 

 

日曜美術館「桜の画家 中島千波 人間群像を描く」

f:id:tanazashi:20171229233939p:plain

日本画壇を代表する中島千波(72歳)。日本各地の桜を描く一方、人間とは何かをテーマに40年以上制作してきた。新シリーズの創作の現場に密着、思いを探る。

f:id:tanazashi:20171229234106p:plain

中島さんが今取り組んでいるテーマは「無明」。

仏教の言葉で人間のさまざまな煩悩を引き起こす迷いのこと。

人間追求は若い頃のある思いから脈々と息づいてきた。

その創作の秘密とは?そして桜を描くこととの関係は?

http://www.town.obuse.nagano.jp/uploaded/image/1803.jpg

生まれ故郷の長野県小布施町にある彼のミュージアムも訪問。

華やかな桜の作品もたっぷり紹介しながら画家・中島千波の一つの作品ができあがるまでの半年間を克明に描く。

【ゲスト】日本画家/東京芸術大学教授…中島千波,【司会】井浦新,高橋美鈴

放送日

2018年1月7日

アバンタイトル

f:id:tanazashi:20180114153557p:plain

たおやかでありながら、きっぱりとした墨の線。

日本画ならではの美しい線描です。

f:id:tanazashi:20180114153742p:plain

現代日本画壇を代表する一人、中島千波さん72歳。

20代で日本画の前衛としてデビュー。

以後半世紀、花鳥画の名手としてめざましい活躍を続けています。

f:id:tanazashi:20180114153830p:plain

その中島さんが今描いているのが人間。 現代に生きる生身の女です。

中島さんは桜の画家として知られています。

f:id:tanazashi:20180114153937p:plain

日本各地の桜の名所を訪ね歩き、 描いた桜の屏風はおよそ40点。

絢爛たる中島ワールドは圧倒的な人気を博しています。

f:id:tanazashi:20180114154021p:plain

50代の中島さんが企画から6年の歳月をかけて挑んだのが 成田山東京別院深川不動堂の巨大な天井画でした。

f:id:tanazashi:20180114154103p:plain

日本最大級の巨大な天井画 「大日如来蓮地図」。

f:id:tanazashi:20180114154143p:plain

中島さんの大日如来が、ここを訪れる善男善女を見守ります。

f:id:tanazashi:20180114154230p:plain

中島さんが今描いている女性たちはいったい何者なのでしょうか。

この女性たちを描くことで何を表現しようとしているのでしょうか。

f:id:tanazashi:20180114154316p:plain

テーマは「無明」。

仏教の言葉で人間の様々な煩悩を引き起こす迷いのことだといいます。

「無明という難しいテーマ。それを形に落とし込むのに、どういう人間のフォルムをここに表現するかというのがいちばん大事」

f:id:tanazashi:20180114154412p:plain

中島さんはなぜ今「無明」を描くのか。

その創作現場に密着。 72歳の画家の人間追求の姿を見つめます。

f:id:tanazashi:20180114154451p:plain

 

クロッキーデッサン

f:id:tanazashi:20180114154527p:plain

東京港区白金台。

中島千波さんの住い兼アトリエです。

f:id:tanazashi:20180114154556p:plain

中島さんは広いアトリエでモデルに向き合っていました。

f:id:tanazashi:20180114154713p:plain

新作「無明」の制作が始まったのは2017年7月のことです。

f:id:tanazashi:20180114154805p:plain

最初の作業はクロッキーデッサンと呼ばれるもの。

f:id:tanazashi:20180114154852p:plain

制作は常に対象の写生から始まります。

f:id:tanazashi:20180114154943p:plain

花であれ、人物であれ、じっと見る。 あるがままに描き写す。

f:id:tanazashi:20180114155000p:plain

写生こそが中島芸術の基本です。

「はじまったばかりなので、この娘のかたちをどういう風にやっていくかを描きながら考えているんですね」

f:id:tanazashi:20180114155105p:plain

「やっぱり描いてないと手がね。あの、衰えるんですね。衰えるんでなるべくそれを、練習してるってのかな。確認しながらやっていくってのか・・・」

f:id:tanazashi:20180114155153p:plain

二人目のモデルの登場です。

f:id:tanazashi:20180114155234p:plain

「雰囲気が違うので、これはまた面白いなと、やっぱりそれぞれ個性がね、あるんで」

f:id:tanazashi:20180114155327p:plain

-悩んでいるようにしてくれる・・・ モデルには様々なポーズを取ってもらいます」

「女性の方が描きやすい」

「男の匂いよりも女性の方が中性的にできる」

f:id:tanazashi:20180114155416p:plain

「女女というのではなくて、女性だけど中性的というか」

「人間のもとになっているのは女の人の方が元かなと思って・・・男はあまりいらないのじゃないかと思って(笑)」

f:id:tanazashi:20180114155534p:plain

3人目のモデル。

-寝っ転がっちゃって・・・だらしなく寝っ転がって上むいてください。

「今描こうとしているのは、脱力しているようなというか」

「どうにもならないというか」

f:id:tanazashi:20180114155650p:plain

「くだらないというか、つまらないというか、馬鹿みたいだというか、そういうような状況の形をちょっと描きたいと思っているんで・・・」

f:id:tanazashi:20180114155728p:plain

今回のテーマは「無明」です。

人間の無知、愚かさをどのようなポーズで表現すればよいのか、中島さんは探り続けています。

f:id:tanazashi:20180114155803p:plain

-こうやって格好して。うーん。

f:id:tanazashi:20180114155836p:plain

眉間の皺。 閉じた目。

f:id:tanazashi:20180114155910p:plain

次第に人間の迷いの表情が描かれていきます。

-はい。ありがとう。

クロッキーデッサン終了です。

 

アトリエ拝見

f:id:tanazashi:20180114160046p:plain

大きな屏風を描くこともあるため、中島さんのアトリエは広い空間がとられています。

日本画は水と膠を使って描きます。

f:id:tanazashi:20180114160330p:plain

絵の具がたれないようにするため、 画面を床に広げて寝かさないと描きにくいという事情もあります。

f:id:tanazashi:20180114160206p:plain

目を引くのがアトリエの壁に並んだ岩絵具の瓶の数です。

f:id:tanazashi:20180114160411p:plain

床には様々な太さの筆が並んでいます。

f:id:tanazashi:20180114160508p:plain

日本画の顔料は膠で溶かして使います。

少し固めに溶かすのが中島さん流です。

「朝起きるとタイマーをつかって温めて柔らかくして仕事を始めます」

f:id:tanazashi:20180114160618p:plain

絵の具の棚の上に飾られているのは父親の日本画家・中島清之さんの写真です。

中島清之さんが70代の頃、横浜の実家で撮影したものです。

「親父のほうが毛がなかったですね(笑)」

 

中島さんの故郷

f:id:tanazashi:20180114160705p:plain

長野県の北東部にある小布施町。人口11,000人ほどの町です。

小布施といえば栗が有名。

f:id:tanazashi:20180114160750p:plain

江戸時代に葛飾北斎が滞在したため近年の北斎ブームで町は人気の観光スポットになっています。

f:id:tanazashi:20180114160824p:plain

街の一角にある小布施ミュージアム。中島千波館。

中島さんはこの町で生まれたことから1992年に開館しました。

f:id:tanazashi:20180114160933p:plain

美術館には中島さんの代表作などおよそ1,600点が収蔵され、ゆったりとした展示室では季節ごとに様々な企画展が行われています。

25年間でのべ150万人の人が訪れたと言われています。

中島さん自身もしばしばここを訪れ、絵を教えたりギャラリートークをしたりしています。

f:id:tanazashi:20180114161017p:plain

「家族で疎開したということから。(昭和)19年に疎開してきたのですが、20年の12月に僕がいきなりできちゃった・・・」

f:id:tanazashi:20180114161058p:plain

「5歳位のときですね。僕は顔見られて描かれるのが嫌ですぐ逃げちゃうんですね。これミカンをもって、テレビかなんかをみているんでしょう、ぼやっとしてい。その時にササッと付けたてで描いちゃった顔ですね」

f:id:tanazashi:20180114161149p:plain

「その時父親が日記を書くんです。そこに僕のことが書いてあって」

「千波がますます悪くなったけれど、今朝描いたエノケンの顔はちょっとビックリさせる。半月ほど前から急に描きだした。子どものように自動車や電車から始めずに人の顔から描きはじめた・・と書いてあります」

f:id:tanazashi:20180114161253p:plain

1965年。二十歳の中島さんは東京藝術大学日本画科に入学。

画家への第一歩を踏み出します。

f:id:tanazashi:20180114161313p:plain

夥しい数の顔のスケッチや油彩。

すべて中島さんの自画像です。

このころ日記をつけるように毎日毎日描いていたといいます。

f:id:tanazashi:20180114161414p:plain

さすが5歳でエノケンの顔を描いただけあって、スケッチの自画像もなかなかです。

f:id:tanazashi:20180114161432p:plain

フォービズム風のタッチで書かれた大学三年生の自画像。

「変な顔しているよね。鬱々した思いを持て余しているようでもあり、いささかおどけているようでもあり、どうしても自画像には自己内生的な面があって、それに素直に迫るのも癪で、まこんなもんでしょ」

f:id:tanazashi:20180114161535p:plain

こちらは日本画の手法で書かれた自画像。

横目でこちらを見る視線にはすでに日本画家としての自信が感じられます。

 

時代を描く

中島さんの青春時代はまさにベトナム戦争と重なります。

当時若者たちは混沌とした世界情勢の中で怒りや焦燥を抱えて生きていました。

中島さんもその一人です。

f:id:tanazashi:20180114161638p:plain

1971年。26歳の時の作品「草の主」 院展に出点した出世作です。

f:id:tanazashi:20180114161730p:plain

草の主とは菊の花のこと。

菊もイスも権威と権力の象徴です。

星条旗を意味する赤い縞模様の下には顔の見えない死者が横たわっています。

草の主は中島さんの戦争へのプロテストであり、日本画の前衛としての出発を告げる代表作となりました。

f:id:tanazashi:20180114161849p:plain

「バックに悲しんでいる所。いわゆる亡霊のように。そういうところが、やはり為政者によって、一人の人間、二人の人間、人間のちょっとしたことで悲しむ人間がいっぱいいるってことの憤りというか、そういうものを表現しているというか。戦争というものは良くないよね。そういうつもりで描いている」

f:id:tanazashi:20180114161933p:plain

上半身裸で何かを叫んでいる男。

シリーズ衆生です。

ここから人間を描くという中島さんの新たな挑戦が始まりました。

衆生は生きとし生けるもの。いのちあるすべてのものを言いますが、迷いの世界にある生類をも言うそうです。もともと仏像を描いたり、仏像の制作などもやっていました。衆生という仏教用語も自然と浮かびました」

f:id:tanazashi:20180114165519p:plain

 様々なポーズで喜怒哀楽を表現する女たち。

中島さんは日本画の伝統的なモチーフを打ち破り、人間が叫んだり悩んだり刷る姿から人間の存在に迫ろうとしたのです。f:id:tanazashi:20180114165611p:plain

第五回山種美術館展で受賞した作品「衆生・視」。

蓮の花の上に座る女が指の間からこちらを除いています。

見てはいけないものを見たいと思う人間の心理。

いったい何を見ているのか。

真実は見えるのか。 中島さんの問いかけです。

 

表現したいテーマとは

f:id:tanazashi:20180114165750p:plain

院展にはあっていないような感じがしますよね。シュールリアリズム風の手法を使いながら、戦争をテーマにしたというか、そういう感じで描いているので、実際は入らない(入選しない)絵でしょうね。ただ美しい色で描いているので、それですっと入ったのではないでしょうか。怖い絵でもなんとなくきれいな絵だなと思いながら入っていくという感じで描いたので、だから入ったのではないかなと思いますね」

「戦争がある程度沈静化し、ベトナム戦争も終わっていく。その時はじめて、どうしてなのだろうか。ああ、人間が起こすものなのだなと。人間の憎しみだとかいろんな利害関係とかで起こしてくるものなので、それはやはり人間を中心に書いていくのが一番いいかなというので、衆生という生きとし生けるものすべての総称で人間を描いてみようかなと思ったのです。最初に父親をモデルにして、阪神裸になってもらってモデルにして描いたのです。そして結婚したばかりだったので女房がいて、モデル料がいらないということで、女房に憎しみとかいろいろな表示用をしてもらって描いたのです」

 

f:id:tanazashi:20180114165931p:plain

衆生シリーズ以降、中島さんの人間追求は5~6年毎にテーマを変えながら続いて行きます。

人間の体を純粋に色と形によって表現した形態シリーズ。

f:id:tanazashi:20180114170014p:plain

エロティックな裸婦の造形美が追求されています。

f:id:tanazashi:20180114170051p:plain

続くシリーズは「眠」。

人も犬も眠っています。

形態シリーズはいささか不評だった。だったらいっそ眠ってしまえ。と開き直った中島さん。

目を閉じてこそ見えてくる世界があるのではということです。

f:id:tanazashi:20180114170149p:plain

シリーズ「空(くう)」。

長い眠りから覚めた人間の姿は空へ。

空とはもろもろの事物は実態がないということです。

空虚な存在である人間が内面の中でそれぞれの意思を持つことを表現したと中島さんは書いています。

 

本画に取り組む

f:id:tanazashi:20180114170256p:plain

「描いた中からいい形のものを選んで画面に落とし込みます」

「無明」の制作は次の段階にさしかかりました。

f:id:tanazashi:20180114170344p:plain

これは「小下絵」と呼ばれ、モデルを使ったデッサンの中から気に入ったポーズを組み合わせて構成した下絵です。

f:id:tanazashi:20180114170442p:plain

いよいよ屏風の本画に向き合う中島さん。

木炭を使った「アタリ」と呼ばれる作業。

大きな画面に木炭でおおまかな構図を描いて行きます。

f:id:tanazashi:20180114170552p:plain

作品のグランドデザインになるため、クロッキーデッサンを入念にチェックしながら描いて行きます。

f:id:tanazashi:20180114170637p:plain

「実際、無明というむつ開始テーマ。それを形に落とし込むのにどういう人間のフォルムをここに費用減するかというのが一番大事」

木炭の線がダイナミックに画面を走ります。

まさに、描いては消し、また描くの連続。

気に入った形を求めて悪戦苦闘が続きます。f:id:tanazashi:20180114170752p:plain

「『無明』という意味の直接的な形をただ描いているだけでは絵としては成り立たない。

f:id:tanazashi:20180114170851p:plain

だから、ああそうだったのかと、後々見ているうちに、ああそういう意味だったのかなんていう、大雑把な見方でいいかなと思ってます」

f:id:tanazashi:20180114170945p:plain

この直線はいったいなんでしょうか。

人間のフォルムではない不思議な形が現れてきました。

象形文字で百と八という漢字を描いています。一応、四苦八苦を意味する字をいれることでわかりやすくと言うか」

f:id:tanazashi:20180114171027p:plain

「無明」という作品のために中島さんが書き留めたメモ。

四苦八苦、煩悩、百八つなどという文字が見えます。

三人の女たちと象形文字

f:id:tanazashi:20180114171115p:plain

考え込む中島さん。

満足行く形とはどういうものなのか。悩みは深まります。

 

桜の画家

f:id:tanazashi:20180114171217p:plain

人間追求のテーマとともに中島さんが書いてきたのは桜。

満開の桜に囲まれて至福のときを味わうことができる展示室です。

f:id:tanazashi:20180114171306p:plain

岐阜県根尾谷の薄墨桜。

中島さんが本格的に桜を描くきっかけとなった銘木です。

薄墨桜の名は、満開の時は白い花びらが散り際になると淡い墨色を帯びてくることから付けられたと言われています。

f:id:tanazashi:20180114171353p:plain

樹齢1200年。長野県素桜神社の神代櫻です。

f:id:tanazashi:20180114171421p:plain

小布施の隣、高井の坪井のしだれ桜。

中島さんにとって最も思い入れの深い桜です。

f:id:tanazashi:20180114171534p:plain

晩秋のある日、中島さんの案内で高井に向かいました。

「初代館長が高井村の小学校の校長先生。音楽の先生で、しだれ桜をぜひ描いてくれということで、連れて行ってもらったのです。これはいいと思って早速描き始めました」

村人たちの墓に抱かれるようにして立つしだれ桜。

f:id:tanazashi:20180114171633p:plain

実は今から20年前1998年の冬、中島さんはNHKの番組の撮影でこの場所を訪れていました。

f:id:tanazashi:20180114171733p:plain

雪のちらつく12月。

中島さんは花も葉もない桜の枯木に向き合っていました。

f:id:tanazashi:20180114171802p:plain

冬の桜の裸の幹。

f:id:tanazashi:20180114171847p:plain

そこに樹木の命そのものが顕になる。

その姿を描きたいと中島さんは考えたのです。

「千年近い桜の幹を見たときにすごいなと思ったのです。霊魂があるような感じをウケた。輪廻というのかな、枯れては生えて、枯れては花を咲かせてという。それが人間の命と同じような形で存在している。古い木に耳を傾けて、音がドクドクドクドクと、人間が心臓の鼓動がしているようなそういうことと同じように桜の木が生きているのだということを証明する」

中島さんにとって桜を描くことが人間追求のテーマに重なります。

1975年。衆生からはじまった人間追求。

40年の歳月を経て2011年。

f:id:tanazashi:20180114172124p:plain

エクジスタンス。

存在シリーズが幕を開けます。

f:id:tanazashi:20180114172156p:plain

描かれた人物たちはこちらと目を合わせようとはせず、 孤独に自分は一体何者なのかを問いかけています。

中島さんはついに、人間存在とは何かというテーマに挑んだのです。

f:id:tanazashi:20180114172245p:plain

無明の制作が続いています。

f:id:tanazashi:20180114172337p:plain

墨線という日本画のもっとも重要な作業が始まります。

息を詰めて筆を運ぶ中島さん。 緊迫した空気が伝わってきます。

f:id:tanazashi:20180114172429p:plain

「墨線で骨描きというのをやっているんですけど、これをしっかりやっておかないと、絵の具がかかっちゃうので消えちゃうのです。それで骨格をしっかりとっておく」

墨線はミスが許されない作業。

f:id:tanazashi:20180114172520p:plain

人を描くことへの強いこだわりが一本一本の線に込められ、人間の存在が立ち現れてきます。

f:id:tanazashi:20180114172650p:plain

「生活している中で何か気がつくんじゃないか。それが全部人間の生きていることの元。それが存在であることに行き着いてきたというか、難しいことを考えなくても食える方に行ったほうが楽なのではないかという考えもあるが、僕の中にはそうではないものがあるんだろうね」

f:id:tanazashi:20180114173235p:plain

制作は最終段階。

彩色です。

f:id:tanazashi:20180114173428p:plain

岩絵具の柔らかな色彩が女の顔に命を吹き込みます。

人間群像の新シリーズ、第一作完成です。

f:id:tanazashi:20180114173532p:plain

「存在をやってきて、存在するという意味とは何か。それと社会生活する上での問題はいろいろな不条理なことがありますよね。それを認識するというところで、ものを知らないということ、ものを考えないということはそれは良くないんじゃないかということで、知るということ、ものを受け入れて判断する。その判断のつかないような人間になってはいけないよねということを無明の中でやりたいと。見る人もおかしな絵と思いながらなんでこんな絵を描くのかというところからやりたいなと」

f:id:tanazashi:20180114173938p:plain

「人間の顔の表情は変わってくるわけですよね。表現で表現できたら面白い。だから主事用というシリーズとずっとつながっているみたいですね。戦争も関係あった。僕には。戦争も続いていますよね。なぜ憎しみ合うのか。なぜそんなことをするのか。絵かきにできるのはそんなところで、絵画で表現できたら」

f:id:tanazashi:20180114173830p:plain

死ぬまで人物を描きたいのは僕の哲学というのか、考えを表現したいからです。

面白いか、面白くないかじゃない。

売れるか売れないかじゃない。

f:id:tanazashi:20180114173912p:plain

描きたいだけなんです。

人間とは何かという究極の問いを絵筆に託す、画家・中島千波さん。

これからどこに向かうのか。 長い旅路は続きます。

f:id:tanazashi:20180114174026p:plain

今年3月、名古屋で開かれる古典に向けて、中島さんは再び桜の制作を始めています。

新作は愛知県正徳寺の山桜。会場に満開の桜が咲き誇る日が待たれます。

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

 

展覧会

おぶせミュージアム・中島千波館 常設展のご案内 - 小布施町公式ホームページ

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

f:id:tanazashi:20180114182717j:plain

 

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

2002年から今年で5回目となるプラド美術館展です。

マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に開設された、世界屈指の美の殿堂です。本展は、同美術館の誇りであり、西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点(うち9点は資料)をご紹介します。

 

今回は過去最多となる7作品が来日します。

メインとなるのは国王の全身像を描いた「狩猟服姿のフェリペ4世」、2メートルを超える大作「王太子バルタサール・カルロス騎馬像」など大作が多数含まれていることから充実の展覧会です。

ベラスケス

f:id:tanazashi:20180114182301j:plain


ベラスケスが宮廷画家に採用されたのは23歳の時でした。

スペイン・ハプスブルグ家のフェリペ4世に認められ、王族の肖像画を描き続けました。

f:id:tanazashi:20180114181633j:plain

王太子バルタサール・カルロス騎馬像」

父・フェリペ4世と母・イザベル王妃の肖像に挟まれるようにして宮殿に飾られたのがカルロス王太子肖像画です。下から仰ぎ見ることを前提にして馬は胴を太く描かれました。幼い王太子が馬に乗っているのは、王として国を統治できる能力を持っていることを示していると言われます。

f:id:tanazashi:20180114181834j:plain

「狩猟服姿のフェリペ4世」

狩猟は王族にとって品格のある趣味でした。質素に描かれたのは、私生活でも品格があり質素である人物像を表現しようとしたと見られます。
狩猟姿をテーマとしているのにも関わらず、国王は銃を構えていません。戦闘の技量はあっても行使せずに国を統治する能力があることを表そうとしていると言われます。

f:id:tanazashi:20180114182033j:plain

 

疲れた顔の軍神が印象的な「マルス

近くで見ると「色の染み」にしか見えないものが、遠くから眺めると人間の目に「本物」として意識される技法です。
機械的な写実ではなくぼやけた輪郭線でしか描けないリアリティは「空間を突き詰めた究極の画家」としてのちの画家たちに大きな影響を与えました。

f:id:tanazashi:20180114182143j:plain

マルガリータ王女を描いた名画「ラス・メニーナス

画家が国王夫妻の絵を描いているときに皇女が来たのか、王女を描いている時に国王夫妻が来たのか。なぜ画家自身も王族とともに絵の中に描かれているのか。多くのか謎が隠された作品です。

 

artexhibition.jp


会場:国立西洋美術館
会期:2018年2月24日〜5月27日

至上の印象派展 ピュールレ・コレクション

f:id:tanazashi:20180103221015j:plain

 

世界的に知られる美術収集家のE.G.ピュールレ氏のコレクション約60点が来日します。「至上の印象派展 ピュールレ・コレクション」

作品の約半数が日本初公開です。

 

なかでも見どころは「睡蓮の池、緑の反映」

印象派を中心にピカソ、ブラックなどの名画を楽しめます。

今回の出品作品は、2020年に完成するチューリヒ美術館で常設展示される事が決まっているため、まとまって日本で見ることができるのはこれが最後と言われます。

 

f:id:tanazashi:20180103221214j:plain

「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」と「赤いチョッキの少年」

https://pbs.twimg.com/media/DRvuHPaUEAYWEsW.jpg

日没を背に種まく人

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション|企画展|展覧会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

会場:国立新美術館

会期:2018年2月14日〜5月7日