チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

パリ大改造の光と影

1800年代のパリの街並みや風俗を伝える美http://www.museum.or.jp/uploads/imdb/file/event/00087979/00087979.jpg術展「19世紀パリ時間旅行~失われた街を求めて」が練馬区立美術館で始まります。

 

19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―〈練馬区独立70周年記念展〉

2017.04.16(日)~ 2017.06.04(日)

 

今あるパリの景観を作り出した「パリ大改造」(1853-70)は、印象派をはじめとした画家たちにとって格好の題材となりました。都市の発展は美術を花開かせたのです。その影でかつての町並みや人々の暮らしは容赦なく破壊されていったことはあまり知られていません。この展覧会は新都市誕生という開発する側の持つ光の部分と、開発される側、いわば影の部分とを比較することで、都市の繁栄が持つ二面性を気づかせてくれます。

この大改造では、多くの犠牲も強いられました。パリ中心部では、下層民の過密状態の劣悪な居住環境は改善されることなく、都市部の労働者や職人はパリ周縁部へと強制的に追いやられ、破壊と変化に人々は翻弄されました。苦しみと不満が募る中で、昔ながらの街並みや消滅したコミュニティを懐かしむ声が聞こえはじめます。懐かしいパリの路地風景を版画におこしたアドルフ・マルシアル・ポテモン(1828-83)の『いにしえのパリ』(1866)には、そのようなノスタルジーが反映されているのです。これは、ユゴーバルザックに描かれたかつてのパリを私たちに伝える唯一の版画連作です。

練馬区独立70周年記念展 「19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて」 | EXHIBITION【美術館・博物館展覧会情報】 | 美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ | 全国の美術館の紹介および美術館の展覧会情報 

この夏、富山県美術館がオープンします

8月26日北陸の富山県に「富山県美術館」が新しくオープンします。

http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/common/img/newmuseum/26_12image.jpg

 

市の中心部に近い城南公園には「富山県立近代美術館」がありますが、耐震性や防火の観点から新築移転して新しく生まれ替わることになったのだそうです。

その前身は、1981年に開館した富山県立近代美術館。その創設には、同県出身で近代日本を代表する美術評論家として戦前・戦後の日本の美術界を主導した瀧口修造(1903~1979年)が大きく関わったと言われています。https://mainichi.jp/articles/20170413/ddl/k31/070/459000c

開館記念展のテーマは「生命と美の物語 LIFE-楽園をもとめて」

ルノワール「青い服を着た若い女」(三重県立美術館蔵)、岡本太郎「痛ましき腕」(川崎市岡本太郎美術館蔵)、ルソー「サン=二コラ河岸から見たシテ島」(世田谷美術館蔵)、菱田春草「落葉」(福井県立美術館蔵)等の名作が展示される予定です。

会期:平成29年8月26日-11月初旬

2017年、富山に立山連峰を一望できる新しい美術館がオープンします! | 箱庭 haconiwa|女子クリエーターのためのライフスタイル作りマガジン 

新宿高島屋 ARTWALKアートウォーク

https://digitalpr.jp/simg/327/21320/715_400_2017041719160458f495e4660c0.jpg

新宿高島屋美術画廊が開廊より10周年を迎えます。これを記念した企画が新宿高島屋 館内各所で2017年4月12日(水)から開催中です。(4月25日まで)

https://blog-shinjuku.takashimaya.co.jp/images/upload/2017/04/a6b74a93faff6b832380c030164b298a.JPG

https://blog-shinjuku.takashimaya.co.jp/images/upload/2017/04/23e0425771f8205ab685a734a0496fdd.JPG

https://blog-shinjuku.takashimaya.co.jp/images/upload/2017/04/b08242f8900e3f3ab3d0af5ec13e71c4.JPG

新宿高島屋美術画廊10周年記念ーそして広がるー、ただ今開催中!! | ちょっと ART BREAK | 新宿タカシマヤBLOG

 

https://lh5.googleusercontent.com/-KVBAVyYU_u4/UVm0Ot5hZKI/AAAAAAAAAIs/z6zHHrCKkXQ/s640/blogger-image--713060645.jpg

町田を代表するアーチストkanegooonが、1階エントランスのガラス面にぺイント。
植物を主体に華やかにガラス面をアレンジする。A・B・E RECORDS NEWS: kanegooon

http://yukari-art.jp/site/wp-content/uploads/ohata-light-and-shadow.jpg

国内のみならず海外での出品も多く、注目を集める若手作家・大畑伸太郎の大作を特別展示。

 新宿高島屋 ARTWALKアートウォーク~美術画廊10周年記念~ | 株式会社高島屋

 

東京 アート アンティーク

日本橋・京橋エリアの古美術店や画廊が参加した日本橋・京橋美術まつりが開催されます。

http://tabroom.jp/contents/wp-content/uploads/2017/04/tokyoartantique_01.jpg

 

「東京 アート アンティーク 2017~日本橋・京橋美術まつり~」

無料のトークイベントや気軽に参加できるチャリティ入札会など、86店舗が参加し、それぞれ特別展や催しで参加者を迎えます。

会期:2017年4月14日(金)・15日(土)の2日間

二子玉ライズに咲いた巨大な花のオブジェ・フローラリウムを見に行く

楽天本社や蔦谷家電が近いことから、外国人も多く行き交う二子玉川ライズ中央広場。

f:id:tanazashi:20170412162324j:plain

 

通路の先に輝く光の玉がヒトメを惹きます。これは春の環境演出と題したライズのイベント「Blooming days」です。

通路に咲いた巨大な花のオブジェは長谷川喜美さん「Florarium(フローラリウム)」によるもの。オブジェに内蔵された光源がイルミネーションのように輝き、昼と夜の表情が楽しめます。http://www.rise.sc/img_uploads/org/%E3%80%90%E6%8F%90%E5%87%BA%E3%80%91B.JPG

二子玉川ライズ 公式サイト

長谷川喜美さんは表参道イルミネーション、銀座イルミネーション『希望の翼』等の、大型商業施設のクリスマスデザインの演出などで知られる空間デザイナーです。

手がけたのがインスタレーション作品などで知られるベルベッタ・デザインです。

CONCEPT | VELVETA DESIGN OFFICE TOKYO

期間:3月15日(水)~5月7日(日)

場所:二子玉川ライズ ガレリア 

f:id:tanazashi:20170412162434j:plain

f:id:tanazashi:20170412162454j:plain

屋外のインスタレーションは著作者情報が詳しく書かれていない場合が散見されますが、経歴・写真まで含めて書かれているととても身近に感じます。 

 

安藤忠雄展

建築家・安藤忠雄さんが自身初の美術館個展「安藤忠雄展 挑戦」を開催します。

http://cdn.mkimg.carview.co.jp/carlife/images/TownInfo/132129.jpg?ct=c2f6cebee9f2

 

本展の見どころはなんといっても「光の教会」の原寸大コンクリート建築の展示です。「光の教会」は、1989年に大阪府茨木市に建設された教会建築です。極限までデザインを削り落とし、暗い堂内に光の十字架が落ちるもので、安藤を象徴する作品の一つといわれています。

「『光の教会』は宗教施設で入りにくい。でも建築は体験が重要なので、(展覧会で)見てもらいたいと思った」と安藤さんは語っています。

「建築には生命力がある」 建築家・安藤忠雄が東京で過去大規模の個展を開催|美術手帖

会期:2017年9月27日~12月18日

会場:国立新美術館

住所:東京都港区六本木7-22-2

電話番号:03-5777-8600

日曜美術館アートシーン4月9日

f:id:tanazashi:20170409151257p:plain

 

1.オルセーのナビ派展 美の預言者たち ―ささやきとざわめき(三菱一号館美術館

f:id:tanazashi:20170409151312p:plain

 

会期:2017年2月5日~5月21日

19世紀末のパリで、前衛的な活動を行った若き芸術家のグループ「ナビ派」。ボナール、ヴュイヤール、ドニ、セリュジエ、ヴァロットンらを中心とするナビ派の画家たちは、ゴーガンから影響を受け、自らを「ナビ(預言者)」と呼んで、新たな芸術表現を模索しました。近代都市生活の諸相を平坦フラットな色の面で表す装飾性と、目に見えないものを描く内面性――日常と神秘をあわせ持つナビ派の芸術は、一見控えめで洗練された画面のうちに、20世紀美術を予兆する静かな革新性を秘めています。本展は、近年国際的に評価が高まるナビ派の芸術を、日本で初めて本格的に紹介する展覧会です。オルセー美術館が誇るナビ派のコレクションから、油彩約70点、素描約10点など合わせておよそ80点が一堂に会します。

オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

 

2.美しい人びと(松岡美術館

f:id:tanazashi:20170409151524p:plain

 

会期:2017年1月24日~5月14日

 松岡美術館

3.芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師(美術館「えき」KYOTO)

f:id:tanazashi:20170409151548p:plain

 

会期:2017年4月1日~4月23日

月岡芳年(1839-1892)は、江戸から明治へと急激に変遷する時代に活躍した浮世絵師です。
浮世絵の需要が失われつつあった当時において最も大成した絵師であることから、「最後の浮世絵師」と称され人々を魅了し続けています。
本展は、日本屈指の芳年コレクションとして知られる西井正氣氏所蔵の作品によって、芳年の初期から晩年に至るまでの代表作を網羅した回顧展です。歌川国芳に入門して浮世絵を学んだ芳年は、時代の変革にあわせ西洋画の研究も行い、人物描写や構図において近代的な感覚をみせました。その大胆な構図、鮮やかな色彩、人物のアクロバティックなポーズは、現代の目で見ても驚かされるものばかりです。歴史画、物語絵、美人画など幅広いジャンルの約130点により、芳年の巧みな技と、豊かな想像力、卓越した画面構成のセンスをご堪能ください。

美術館「えき」KYOTO

 

4.絵画と着物で織り成す 日本 華やぎの情景(笠間日動美術館

f:id:tanazashi:20170409151605p:plain

 

会期:2017年3月18日~5月14日

古来、中国や朝鮮など西方の影響を受け、また幕末・明治維新後には欧米の文化をも受容し、独自の文化を開花させてきた日本。本展では酒井抱一高橋由一横山大観、福田平八郎ら美術史上に名を残す画家たちの作品により、近代日本の四季を辿り、その風俗・文化を紐解きます。
また、老舗呉服店《銀座きしや》謹製の贅をこらした訪問着や振り袖、加えて江戸期に製作された蒔絵箪笥などを特陳し、現在では再現できない匠たちの技をご紹介いたします。織りや染めをはじめ金泥や刺繍で飾られた豪奢な着物には、「晴れの日」を彩る意匠の数々が散りばめられています。
これらの作品を通し、江戸末より昭和における日本の美と技をあらためてご覧いただければ幸いです。

絵画と着物で織り成す 日本 華やぎの情景

5.白寿記念 堀文子 私流の生き方を求めて(名都美術館)

f:id:tanazashi:20170409151619p:plain

 

会期:2017年4月4日~5月28日(前・後期)

これまで4回にわたって堀文子展を開催してきた名都美術館では、本画やスケッチなど幅広い作品を通して堀文子の画業を紹介し、皆様から多くの反響を頂戴しました。5回目となる本展では、「群れない、慣れない、頼らない」をモットーに、孤高の画家として気高く歩み続ける80年の軌跡をひもときます。当館初公開の作品も多数含む約80点の内容は、堀文子の新たな側面をお楽しみいただけることと思います。

堀文子-私流の生き方を求めて-|名都美術館

6.アートで解明!空気の正体(川口市立アートギャラリー・アトリア)

f:id:tanazashi:20170409151625p:plain

 

会期:2017年3月11日~5月14日

私たちの身のまわりの「くうきさん」を知っていますか?普段は目に見えず触れることもできないけれど、きっと感じているはず。すぐそばを駆け抜けて行ったかと思えば、急に重苦しくまとわりついてくることもある、不思議な存在を。単に「空気」と言い表すだけでは説明がつかない、その正体とは…!?
身近なのに謎だらけな「くうきさん」に迫るべく、目で見える・手で触れられるかたちを与えてみました。見えないものをとらえるアートとあなたの想像力で、今一度じっくりと向き合ってみませんか。


展覧会 > 開催中/開催予定 | 川口市立アートギャラリー・アトリア | Kawaguchi Art Gallery ATLIA