読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

新日曜美術館・選「大岡 信 美と生きる詩人」

// 新日曜美術館・選「大岡 信 美と生きる詩人」 アンコール放送日 内容 放送記録 書籍 新日曜美術館・選「大岡 信 美と生きる詩人」 戦後の日本を代表する詩人・大岡 信。「折々の歌」をはじめ、評論の分野でも大きな足跡を残してきました。文学とともに深…

日曜美術館「武士か!絵師か!桃山 孤高の巨匠 海北友松(かいほうゆうしょう)」

// 日曜美術館「武士か!絵師か!桃山 孤高の巨匠 海北友松(かいほうゆうしょう)」 放送日 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「武士か!絵師か!桃山 孤高の巨匠 海北友松(かいほうゆうしょう)」 桃山画壇の巨匠・海北友松。大迫力の龍、豪華…

日曜美術館アートシーン4月16日

// 1.雪村-奇想の誕生 2.英国 ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ 3.木X仏像 飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年 4.野見山暁治展 -また会えた- 5.田村能里子-風を聴く旅- 6.開館30周年記念特別展 柿右衛門展 1.雪村-奇想の誕生 …

日曜美術館「ミュシャ 未来を見つめる超大作」

// 日曜美術館「ミュシャ 未来を見つめる超大作」 放送日 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「ミュシャ 未来を見つめる超大作」 100年前のパリ、華やかな女性のポスターで大人気だったミュシャ。ところが、祖国チェコに戻って一転、緊迫した生々し…

日曜美術館アートシーン4月9日

// 1.オルセーのナビ派展 2.美しい人びと 3.芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師 4.絵画と着物で織り成す 日本 華やぎの情景 5.白寿記念 堀文子 私流の生き方を求めて 6.アートで解明!空気の正体 1.オルセーのナビ派展 美の預言者たち ―ささ…

日曜美術館「ピカソ×北野武」

// 日曜美術館「ピカソ×北野武」 放送日 取材先など 北野武作品 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「ピカソ×北野武」 北野武さんが初登場!いま心ひかれる画家ピカソを語りつくします!浮かび上がる二人の意外な共通点とは?北野さんが選ぶ1枚の傑作から見え…

アートシーン・シャセリオー展 4月2日

アートシーン4月2日 19世紀前半のパリ。芸術家たちはサロンを舞台に 新しい自由な表現を追い求めていました。社交界で一番の美女。微笑む口元。憂いを帯びた眼差し。謎めいた表情は見るものを虜にします。 知られざる画家・テオドール・シャセリオーの魅力に…

日曜美術館アートシーン4月2日

// 1.シャセリオー展19世紀フランス・ロマン主義の異才 2.東山魁夷 永遠の風景 3.殿敷侃:逆流の生まれるところ 4.お弁当箱 -目であじわう器- 5.西宮の狩野派 勝部如春斎 18世紀摂津の画人列伝 6.N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅 1.シャセリ…

日曜美術館「異形探訪 井浦新“にっぽん”美の旅3」

// 日曜美術館・特別編「異形探訪 井浦新“にっぽん”美の旅3」 放送日 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館・特別編「異形探訪 井浦新“にっぽん”美の旅3」 天狗(てんぐ)に鬼、謎めいた神仏像…。各地に息づく異形の美はなぜ生まれた? 司会の井浦新…

日曜美術館アートシーン3月19日

*写真* // 1.ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 2.愛しきものへ 塩谷定好 1899-1988 3.カオスモス5 一粒の砂に世界を見るように 4.オリエンタル・ファンタジー展 〜華宵とアラビアン・ナイトの物語 5.「楽しい隠遁 …

日曜美術館アートシーン3月13日

*日曜美術館アートシーン* // 1.草間彌生 わが永遠の魂 2.丸山コレクション 西アジア遊牧民の染織 ~塩袋と旅するじゅうたん 3.デビュー50周年記念展 池田理代子ー「ベルばら」とともにー 4.描かれた茶の湯 5.ルノワール展 6.江戸に長崎がやっ…

日曜美術館「今が いとおし~鬼才 長谷川利行(はせかわとしゆき)~」

// 日曜美術館「今が いとおし~鬼才 長谷川利行(はせかわとしゆき)~」 放送日 番組 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「今が いとおし~鬼才 長谷川利行(はせかわとしゆき)~」 1930年代、東京の風景や人々を描いた画家、長谷川利行。簡易宿…

日曜美術館アートシーン2月26日

// 1.リニューアル記念 特別名品展+ 杉本博司「海景 – ATAMI」 2.ロダン没後100年 ロダンと近代日本彫刻 3.深く澄んだ世界を求めて-清宮質文と版画の魅力 4.ブリューゲル、レンブラント、ルーベンス バロックの巨匠たち 5.根付 ~江戸と現代を結…

日曜美術館「ティツィアーノ ヴェネツィア 欲望の色彩」

// 日曜美術館「ティツィアーノ ヴェネツィア 欲望の色彩」 放送日 放送 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「ティツィアーノ ヴェネツィア 欲望の色彩」 ティツィアーノの手による傑作絵画「フローラ」が来日中。モデルが実在しないこの美人画はな…

日曜美術館アートシーン2月19日

// 下書もせず構想しながら描くという、驚異的制作スタイル。1ミリ以下のペン先が生み出す巨大宇宙!池田学さんの初の大展覧会が開催中です。 今回のモチーフは一本の樹です。それも災害で傾きつつある巨大な樹。 震災以来、樹はこれまで以上に特別な存在と…

アートシーン・並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性

// 100年前、日本から輸出され海外で高い人気を誇った七宝焼き。緻密で華やかなその技は、今では再現不可能ともいわれています。 今回イギリスから名品も里帰りしました。 作者は京都で活躍した並河靖之*1(1845~1927)明治時代七宝の美を極めた並河靖之の…

日曜美術館アートシーン2月12日

// 1.並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性 2.吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線 3.江戸の絶景~雪月花 4.フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展 5.生誕110年記念 吉岡堅二展 6.DAVID BOWIE is 1.…

日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ 等伯」作品の魅力

// 国宝・楓図の魅力 京都・智積院。安部龍太郎さんには何度も見たくなる傑作があります。 国宝・楓図。楓の巨樹に秋の草花。目に飛び込んでくるのは赤や白の鮮やかな花に緑の映える葉。一つ一つ繊細なのに不思議な存在感を放っています。 // 「画面いっぱい…

日曜美術館「幻の青磁 千年の謎」

// 日曜美術館「幻の青磁 千年の謎」 放送日 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「幻の青磁 千年の謎」 世界に数十点しか現存しない究極の青磁「汝(じょ)窯」千年ほど前の中国北宋に奇跡的に出現した汝窯の独特の色合い「天青色」のとりこになっ…

日曜美術館アートシーン2月5日

// 1.マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密― 2.青木美歌展「あなたに続く森」 3.青龍社の女性画家 小畠鼎子~苦しみながら描くことの楽しみ~ 4.石川直樹 この星の光の地図を写す 5.化粧 KEWAI -舞台の顔- 6.画と機 山本耀司・朝…

日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ 等伯(とうはく)」

// 日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ 等伯(とうはく)」 放送日 作品など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ 等伯(とうはく)」 東京国立博物館には展示すると必ず人だかりができる400年以上前の傑作があります。国宝・松林図屏風。あるのは…

アートシーン 特別編「春日大社 千年の至宝」1月29日

// 日曜美術館 アートシーン 特別編「春日大社 千年の至宝」 放送:2017年1月29日 特別展「春日大社 千年の至宝」 平成館 特別展示室 2017年1月17日(火) ~ 2017年3月12日(日) 春日大社では「式年造替しきねんぞうたい」と呼ばれる社殿の建て替えや修繕…

アートシーン・舘鼻則孝 呪力の美学

アートシーン1月22日放送 // 舘鼻則孝 呪力の美学2016年11月3日(木)〜2017年3月5日(日)岡本太郎記念館 www.taro-okamoto.or.jp 舘鼻則孝*1さんの作品展です。 歌手・レディ・ガガが愛用したヒールレス・シューズの制作でも知られる舘鼻さんは、近年はアーテ…

日曜美術館アートシーン1月22日

// 1.舘鼻則孝 呪力の美学 2.林 潤一の世界 ―樹花草々― 3.アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国 4.生誕130周年記念 五味清吉展 5.第16回 東京国際キルトフェスティバル 6.日本美術の粋東京・九州国立博物館精品展 1.舘鼻則孝 呪力の美学(岡…

日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌」その2

// 日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌」その2 放送記録 書籍 日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌」その2 blog.kenfru.xyz アルハンブラ宮殿で知られるスペイン南部の古都グラナダ。ここは700年間におよぶカトリックとイスラムの戦いで多くの血…

日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌」その1

// 日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌」その1 放送記録 書籍 サイト 日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌」その1 blog.kenfru.xyz 秋田県で育った戸嶋靖昌は、1953年武蔵野美術大学の西洋画科に入学しました。入学当初から優れた才能を示し将来…

日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌(としまやすまさ)孤高のリアリズム」

// 日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌(としまやすまさ)孤高のリアリズム」 放送日 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌(としまやすまさ)孤高のリアリズム」 スペイン・グラナダで生涯、独自のリアリズムを追…

日曜美術館「利休の志を受け継ぐ」樂家の茶碗づくり

blog.kenfru.xyz // 樂家は京都の真ん中、御所のほど近くにあります。お茶碗屋。江戸初期の文化人で、樂家の親戚筋に当たる本阿弥光悦の書。その樂家の茶室で初代長次郎の茶碗を見せていただくことに。 もともと利休が所持。その後利休の娘が嫁いだ茶人・万…

日曜美術館「利休の志を受け継ぐ」樂家の歴史

blog.kenfru.xyz // 赤と黒。樂茶碗には大きく二つの茶碗があります。 黒茶碗の「大黒」。その名の通り、黒の塊のような茶碗。長次郎の代表作です。こちらは赤茶碗の「一文字」。茶碗を覗くと見込み(茶碗の内側を見込みと言います。口縁に近い順に茶巾摺、…

日曜美術館「利休の志を受け継ぐ 樂家450年 茶碗の宇宙」

// 日曜美術館「利休の志を受け継ぐ 樂家450年 茶碗の宇宙」 放送日 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「利休の志を受け継ぐ 樂家450年 茶碗の宇宙」 千利休の志、侘(わ)び茶の思想を形にした樂茶碗。初代・長次郎から樂家が十五代450年にわたり…

日曜美術館アートシーン1月8日

// *前説* 1.日本の伝統芸能展 2.長谷川潾二郎展 3.戦国時代展 4.On the Beach ヨーガン レール 海からのメッセージ 5.白描の美 6.没後10年 ナムジュン・パイク「2020年 笑っているのは誰 ?+?=??」 1.日本の伝統芸能展 // 会期:2016年11月2…

日曜美術館「果てしなき夢~北斎」晩年の北斎

// 北斎は生涯93回も転居したといわれています。いったいどんな家で暮らしていたのでしょうか。晩年になってからの住まいの様子を弟子が描き起こしています。 「先日露木氏が室内の様子を描いて私のところに送ってくれた。図の中で炬燵を背にして布団を肩に…

日曜美術館「果てしなき夢~北斎」富嶽百景

// 90歳の長寿をまっとうし3万点近くの絵を描いた葛飾北斎。北斎がその代表作「富嶽三十六景」を描いてのは70歳を超えてのことでした。 さらに75歳になるとグラフィックアートの傑作と言われる「富嶽百景」を世に出します。この富岳百景から亡くなるまで、北…

日曜美術館「果てしなき夢~画狂老人、北斎の晩年~」

// 日曜美術館「果てしなき夢~画狂老人、北斎の晩年~」 放送日 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「果てしなき夢~画狂老人、北斎の晩年~」 葛飾北斎*1の晩年の代表作「富嶽百景」や小布施の祭屋台の天井絵 などを紹介しながら、飯島虚心の『葛飾北斎伝』…

"ゆく美 くる美” 2017年 注目の美術館・美術展

blog.kenfru.xyz // 2017年注目の美術館。岐阜県多治見市に2016年夏にオープンしたのが、美を丸ごと体感できるミュージアム「多治見市モザイクタイルミュージアム」 多治見市モザイクタイルミュージアム(公式サイト) 「しっくいの壁ですね。ここにタイルが…

日曜美術館「井浦新 円空への旅」北海道・始まりの地

// 北海道は円空が始めて旅をして仏像を残した土地です。現存している円空仏は全国でおよそ5千体。1632年岐阜に生まれた円空は仏像を彫り始めて間もない35歳の時、縁もゆかりもない北海道に渡りました。それは何故だったのでしょうか。 訪ねたのは津軽半島に…

日曜美術館「謎のヌード クラーナハの誘惑」女の力

// 「不釣り合いなカップル」クラーナハが好んで描いたテーマです。指輪を女性に捧げるのは歯の欠けた白髪の老人。一目瞭然。男はすっかり女性に心を奪われた様子。クラーナハの作品を数多く所蔵するウィーン美術史美術館のグイド・メスリングさんはクラーナ…

日曜美術館「謎のヌード クラーナハの誘惑」クラーナハがヌードを描いた理由

blog.kenfru.xyz // ドイツの首都ベルリンから南西に90キロの小さな都市ヴィッテンベルグ。16世紀ルカス・クラーナハはこの地で画家として活躍しました。 30代で宮廷画家になった頃描かれた作品「聖カタリナの殉教」 力強いタッチがドラマチックな空間を作り…

日曜美術館「謎のヌード クラーナハの誘惑」ヌードに隠された秘密

// 15世紀から16世紀にかけてイタリアでは数々の画家の手によりヴィーナスが描かれました。グラマラスな肉体。つややかな肌の色。おおらかで神々しいヴィーナス。しかし、これと全く異なるヴィーナスがアルプスを越えた北の地で生まれます。 それが、ルカス…

日曜美術館「謎のヌード クラーナハの誘惑」

// 日曜美術館「謎のヌード クラーナハの誘惑」 放送日 番組内容 クラーナハがヌードを描いた理由 ヌードに隠された秘密 女の力 取材先など 放送記録 展覧会 書籍 日曜美術館「謎のヌード クラーナハの誘惑」 16世紀、謎めいたヌードを描き続けたルカス・ク…

日曜美術館40周年特集 "ゆく美 くる美”2016

大行列ができた「若冲展」をはじめ「ルノワール展」、「ダリ展」と2016年は大物の展覧会が目白押し。さらに「あいちトリエンナーレ」や「茨城県北芸術祭」など、現代美術の祭典が各地で続々開催。展覧会をめぐる動きは活気づいています。それはなぜでしょう…

日曜美術館「絵は歌うように生まれてくる~画家・谷川晃一 森の生活~」

// 日曜美術館「絵は歌うように生まれてくる~画家・谷川晃一 森の生活~」 放送日 番組内容 谷川浩一さんと宮迫千鶴さんについて これまで放送された日曜美術館 展覧会情報 著作 日曜美術館「絵は歌うように生まれてくる~画家・谷川晃一 森の生活~」 伊豆…

日曜美術館「祭りの水墨画」 阿波踊を描く・傅益瑤

傅益瑤さんは、祭りが始まる前から現地を訪れます。それぞれの風土を知ると踊りの魅力をさらに伝えられると考えています。 夜。町の至る所で聞こえてくる音。阿波踊りの練習風景です。記念すべき100作目。傅益瑤さんは自ら踊りを覚えようとしていました。 訪…

日曜美術館「祭りの水墨画」 傅益瑤

なぜ祭りを描き始めたのか。そのには父と娘の悲劇の物語が関わっていました。 // 傅益瑤さんは1947年、中国・南京で生まれます。父は20世紀中国水墨画の巨人といわれた傅抱石。 父から水墨画を学びます。父は北京の人民大会堂の壁画を描くほどの腕前でした。…

日曜美術館「祭りの水墨画」 日本と中国を結ぶ 傅益瑤(ふえきよう)の挑戦

// 日曜美術館「祭りの水墨画」 日本と中国を結ぶ 傅益瑤(ふえきよう)の挑戦 放送日 番組内容 傅益瑤(ふえきよう)さんの半生 100作目・阿波踊りを描く 日曜美術館放送記録 書籍ほか 日曜美術館「祭りの水墨画」 日本と中国を結ぶ 傅益瑤(ふえきよう…

日曜美術館「ありのままこそ 応挙の極意」応挙の手紙

子孫へ誠を尽くすのに遠慮は無用である。家の流儀に真正直に従う必要はない。 自分で考えもせず、ただ言われたとおりやるだけでははなはだつまらない。 できるだけ一筋に、自分で自分の腕で、心を磨いてゆくだけだ。 こんな姿の松をもらい、よく見ると惜しい…

日曜美術館「ありのままこそ 応挙の極意」水墨画家・土屋秋恆

// 極意 現実の世界に意識を向け、物事の道理を把握していれば万物を描くことができる 独学で絵の腕を磨いた応挙。写生の道を究めるうちに現実の空間をそのまま描くことに意識が向いて行きます。 極意 石に三面を見ること 上の一面、左右の二面、あわせて三…

日曜美術館「ありのままこそ 応挙の極意」

// 日曜美術館「ありのままこそ 応挙の極意」 放送日 番組内容 作品 取材先など 展覧会 日曜美術館「ありのままこそ 応挙の極意」 江戸時代中期、京都一の人気絵師だった円山応挙。その傑作が勢ぞろい!応挙が大切にした写生の極意とは?作品に秘められたあ…

日曜美術館「ダリの正体!?」脳科学者・中野信子

// 脳科学者の中野信子さんはダリと女性との関係に関心を寄せています。 「女性の後ろ姿を彼はこの構図で描いたりしていますが、女性に対する距離感だったり、行きたいけどという揺れるような気持ちを絵にするとこうなるのかな」 後ろ姿は女性に対するコンプ…

日曜美術館「ダリの正体!?」画家・横尾忠則

// ダリに会った数少ない日本人の美術家の一人が画家の横尾忠則さんです。ダリ展の会場に着いた横尾さんは、初期の作品には目もくれず先に進みました。 「初期の作品は面白くありません。初期の作品はダレでも描く絵です。飛ばしてシュルレアリズムのところ…