チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

仏像ミステリー 運慶とは何者か?

今、国宝級の仏像が、最新の科学技術で次々に調査されている。目的は800年前の天才仏師・運慶の謎の解明。なぜリアルな仏像を造ったか?どんな人物だったか?謎に包まれているからだ。アンドロイド研究の第一人者・石黒浩さんは、“人間らしさ”を追求した…

北斎インパクト~世界が愛した超絶アート~

世界で最も有名な浮世絵師・葛飾北斎。その作品は、印象派などの西洋美術のみならず、世界のファッションや、音楽、アニメ、さらには社会思想にまで巨大な影響を与えてきた。NHKは、大規模な特別展を今年開催した大英博物館の研究チームと、8K超高精細…

英雄たちの選択「よっ!国芳~江戸っ子に愛された浮世絵師~」

英雄たちの選択「よっ!国芳~江戸っ子に愛された浮世絵師~」 いま、日本だけでなく世界で人気を集めるのが歌川国芳の浮世絵。政治権力を笑い飛ばす、風刺の利いた傑作の数々はなぜ生まれたのか?国芳の奇想天外な浮世絵を堪能する! 歌川国芳が活躍したの…

挑戦!父と娘が描く生命の輝き~画家 絹谷幸二と香菜子~

// 挑戦!父と娘が描く生命の輝き~画家 絹谷幸二と香菜子~ 今、世界が注目する日本人の父と娘がいる。洋画家である父・絹谷幸二(右:74)は、鮮烈な極彩色の美で世界を驚かせてきた。 娘・絹谷香菜子(左:32)は水墨画でリアリティー溢れる動物を描…

江戸のリアルウーマン~歌麿が描いた女たちの物語~

江戸のリアルウーマン~歌麿が描いた女たちの物語~ 米国ボストン美術館には「スポルディング・コレクション」と呼ばれる門外不出の浮世絵の名作6500点が残されている。中でも美人画で名高い喜多川歌麿の作品をよく見ると、髪の毛1本、着物の模様まで、…

日曜美術館「錦絵誕生!~浮世絵師・鈴木春信~」

// 日曜美術館「錦絵誕生!~浮世絵師・鈴木春信~」 放送日 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「錦絵誕生!~浮世絵師・鈴木春信~」 江戸中期、豪華けんらんな錦絵が誕生した時代の花形浮世絵師、鈴木春信。江戸の風俗だけではなく古の物語を当世風に描いた…

六本木アートナイト2017

// 六本木アートナイト2017 「祭〈マツリ〉」という言葉から、どのようなことをイメージされますか。一般的には「感謝や祈り、慰霊のために神仏および祖先をまつる行為」と定義されていますが、近年は音楽フェスティバルやアートフェアも広く祭と位置付けら…

フェスティバル/トーキョー17

// フェスティバル /トーキョー(F/T) フェスティバル /トーキョー(F/T)は、東京で開催される国際的な舞台芸術フェスティバルです。舞台芸術の魅力を多角的に提示し、国境、世代、ジャンルを越えて多様な価値が出合い、互いに刺激しあうことで、あらたな…

今週末見たい展覧会 9月29日~10月1日

驚異の超絶技巧! —明治工芸から現代アートへ— 2014年。三井記念美術館を皮切りに全国6会場を巡回した「超絶技巧!明治工芸の粋」展は、明治工芸再評価の機運を盛り上げる画期的な展覧会でした。その続編ともいうべき、「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代ア…

池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-

わずか1mmに満たないペンの線から壮大な世界を描き出すアーティスト、池田学(1973~、佐賀県生まれ)。1日ににぎりこぶしほどの面積しか描き進めることができないという画面は、緻密さと空間の広がりを併せ持ち、現実を凌駕する異世界の光景を…

明円光展 ペンギン塗りたて

// 「ペンギン塗りたて」 会場:NANATASU GALLERY 会期:2017年09月30日 ~ 2017年10月08日

BIOMBO「屏風」の再発見

ポルトガル市内にある国立古美術館。中世から近世にかけてのポルトガルの絵画、彫刻、金属細工、家具など様々な美術品が展示されています。 // ここに安土桃山時代の日本で描かれた屏風が飾られています。 狩野道味の作と言われる南蛮屏風。 紙本金地着色の…

日曜美術館「自然を生かす匠(たくみ)たち~第64回 日本伝統工芸展~」

// 日曜美術館「自然を生かす匠(たくみ)たち~第64回 日本伝統工芸展~」 放送日 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「自然を生かす匠(たくみ)たち~第64回 日本伝統工芸展~」 現代の匠(たくみ)たちが技を競う日本伝統工芸展。今年も16の受…

やまと尼寺 精進日記「長月 月待つ夜は 縁側ごはん」

「長月 月待つ夜は 縁側ごはん」 秋の気配が漂う頃、尼寺の楽しみは縁側でのお月見。庭のハーブやミョウガたっぷりのお膳。ちょっぴり晩酌。秋の七草をめで、鈴虫の声を聞きながら、月の出を待つ。 奈良県・桜井市。急な山道を登ること40分の音羽山観音寺に…

今月のPVが10000を突破しました

「チャンスはピンチだ。の今月のPVが10000を突破しました」 はてなから届いたお知らせは数字だけの簡潔なものでしたが、 「ようやくここまで来たか」と感慨無量です。 ブログ開設をしたのは1年9カ月前。はじめは一日のPVは良くて二桁台。 これが1年近く続…

フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展

// フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展 フィンランド独立100年を記念する本展では、19世紀末の工芸品から今日こんにち第一線で活躍するデザイナーまで、フィンランド・デザインの歩みのすべてをご覧いただきます。実際に名作の椅子に座れ…

田原桂一 「光合成」 with 田中泯

// 1970年代から一貫して《光》の探究を続け、国際的な評価を得た写真家・田原桂一は、惜しくも病のため本年6月に他界いたしましたが、亡くなる直前まで本展の準備に力を注いでいました。 今回展示する写真作品46点は、世界的に活躍するダンサー・田中泯との…

ゴッホ~最期の手紙~公開日決まる

全編油彩!脅威のアニメーションが公開決定 // アヌシー国際アニメーション映画祭2017の長編部門で観客賞を受賞した「ゴッホ~最期の手紙~」の公開日が2017年11月3日に決定しました。一度実写で撮影してからアニメ化したという全編が“動く油絵”のアートサス…

日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ ゴッホ」試行錯誤の挑戦

// ゴッホが鮮やかな色彩で描いた「ラングロワの橋」。 スケッチも含め何枚も描き、大切なモチーフだったことがわかります。 絵の制作に取り掛かる際、ゴッホは作品の構想をしたためた手紙を弟や友人たちに送っています。 その中にラングロワの橋と同じ構図…

日曜美術館アートシーン9月17日

// 1.富山県美術館開館記念展 Part 1 生命と美の物語LIFE - 楽園を求めて(富山県美術館) // 会期:2017年8月26日~11月5日 2.没後45年 鏑木清方展(高松市美術館) // 会期:2017年9月9日~10月15日 3.BODY/DRESS(石川県能登島ガラス美術館) // 会…

日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ ゴッホ」

// 日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ ゴッホ」 放送日 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ ゴッホ」 37年の生涯で実は画家としての活動はわずか10年というゴッホ。しかし、その間実験的な取り組みで美を追究し続けた。ゴッホの傑作…

驚異の超絶技法と謎の"フィギュア"職人

ピンと張った弦。可憐な花。日の光を浴びた葉や果実の躍動感。 畑からたった今摘み取ってきたようなみずみずしさを誇る胡瓜の彫刻です。 // 作ったのは大正から昭和にかけて活躍した安藤緑山。 超絶技巧を持つ謎の彫刻家として知られています。 三井記念美術…

大阪府近郊で開催される2017年秋の展覧会

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 —ボスを超えて—(国立国際美術館) 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝(あべのハルカス美術館) 近世やまと絵の開花 —和のエレガンス—(大阪市立美術館) 北斎の富士—冨嶽三十…

第20回 マンガ部門 受賞作品一覧

第20回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 受賞作品一覧 // 大賞 「BLUE GIANT」 石塚真一 [日本] 優秀賞 「Sunny」 松本大洋 [日本] 「有害都市」 筒井哲也 [日本] 「未生 ミセン」 ユン・テホ/訳:古川 綾子/金 承福 [韓国/日本] 「総務部総務課 …

日曜美術館「ワイエスの描きたかったアメリカ」クリスティーナの世界

クリスティーナの世界は、アンドリュー・ワイエスが1948年に描いたテンペラ画。 20世紀中期の最も有名なアメリカの絵画の1つです。 樹木の無い殆どが黄褐色の草原に覆われた地面に横たわり、地平線に見える灰色の家や隣接する小さい離れ、納屋を見上げる女性…

第20回 アニメーション部門 受賞作品一覧

第20回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 受賞作品一覧 // 大賞 君の名は。 優秀賞 Among the black waves A Love Story 父を探して 映画『聲の形』 新人賞 Rebellious I Have Dreamed Of You So Much ムーム 大賞 君の名は。 千年に一度の彗星来訪と…

第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

// 昨年まで毎年春、国立新美術館ほかで開催されていたメディア芸術祭の作品展が時と場所を移して開催されます。 2016年はアニメーション関連の映像作品が当たり年で、「シン・ゴジラ」(エンターティンメント部門)、「君の名は。」(アニメーション部門)…

日曜美術館アートシーン9月10日

// 1.鈴木康広 始まりの庭(彫刻の森美術館) // 会期:2017年8月5日~2018年2月25日 箱根 彫刻の森美術館 THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM - 美術館のご案内 - 彫刻の森美術館 News 2017 2.今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界 ー里山のアトリエで生まれる命…

日曜美術館「ワイエスの描きたかったアメリカ」

// 放送日 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「ワイエスの描きたかったアメリカ」 今年生誕百年を迎え、注目を集めるアメリカの国民的画家、アンドリュー・ワイエス。力強く生きる移民の姿を描き続けた。今ワイエスの絵が問いかけるものとは。 建…

中之条ビエンナーレ

// 中之条ビエンナーレ いま、日本の故郷には忘れられたものがたくさんあります。木造校舎や古民家、閉ざされた商店やひっそりとたたずむ原野。その景観が人々の絆とともに薄れ、失われかけています。 中之条ビエンナーレは、現代アートの祭典を通じ、人々の…