チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

いいものを安くできるわけないやろ。

いいものを安くできるわけないやろ。

大阪・文の里商店街のポスター*1の優秀コピーの一つです。

f:id:tanazashi:20160301152419j:plain

チラ見しただけでは広告の意図が読めません。「お母さんのいない人のお母さんは誰がするんだろう」と書かれた文字の背景に写っているのはお肉屋さんです。つまりこれは肉屋の宣伝だったと、申し訳程度に小さく書かれた店名に気がついた瞬間、ちょっと熱いものがこみ上げてきました。

「オヤジがつくるおフクロの味 デリカショップ・コバヤシ」。ご近所のまかないを一手に引き受けてきた商店街のまじめさがさりげなく伝わってくる

creive.me

隙ある風景: 文の里商店街ポスター展

 

f:id:tanazashi:20160301153645j:plain

 

*1:2013年大阪商工会議所が文の里商店街で実施したポスター展「文の里商店街ポスター総選挙」の中の作品。電通関西支社の協力のもと電通の若手デザイナーらが同商店街内52店のPRポスター約200点を作成し、商店街およびネット上で人気投票を行ったところ、6,709票もの投票がありました。