チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

特異点へのカウントダウン

f:id:tanazashi:20160312200601j:plain

2016年3月12日(土)ソウル「フォーシーズンズホテル」で開催された囲碁対局のニュースを聞いて「来るべきものが来た」と思いました。

米グーグル傘下の人工知能開発ベンチャー「ディープマインド」が開発し19路盤(囲碁に使われる碁盤)で史上初のプロ棋士にハンデなしで勝利したコンピューター囲碁ソフト「AlphaGo(アルファ碁)」が、世界最強棋士の一人、韓国のイ・セドル九段*1との五番勝負で三連勝しました。

今から5年前ソフトバンク孫社長が「30年ビジョン」の中で情報ビッグバンの未来図について熱く語りかけました。コンピュータのワンチップの中に入ってるトランジスタの数が、人間の大脳の脳細胞の数300億を越える年は2018年になると予測しています。生活を豊かにする未来社会がくるのか、ターミネーターで描かれた世界になるのか、30年ビジョンはこう締めくくっています。

人類がいままで体験したことがないような、解決できなかったような、人知をこえた、叡智をこえた難題にも、彼らと一緒に解決していく時代がくるかもしれない。


Live Video streaming by Ustreamwww.ustream.tv

人類最大のパラダイムシフト

*1:韓国の囲碁棋士全羅南道新安郡の新安諸島飛禽島出身、権甲龍八段門下、韓国棋院所属、九段。世界囲碁選手権富士通杯など国際棋戦優勝10数回など活躍し、李昌鎬の次世代として世界最強と目されている。独創性の強い戦闘的な棋風から「囲碁界の魔王」などとも呼ばれた。