チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

老後のお金と賢者の言葉

賢者の名言は時を経ても色あせない魅力があり、読むたびに励まされます。

f:id:tanazashi:20160316113123j:plain

 

イリアムサマセット・モーム*1の言葉*2です。経済的な自由になることは大切で、それによって時間の自由、選択の自由などが得られるとしました。

動物は自分のごはんは自分で手に入れ、それができなければ死にます。人間も動物ですから、自分のごはんは自分で手に入れること、つまり経済的に自立し、自由であることは生きる上での基本。年を取ったからと言ってその自由を手放してはいけません。そのためには、元気なうちは働き続けるのが自然な生き方です。

働き続ける覚悟が出来れば、もう貯蓄や年金の減少におびえることはない。なぜなら「金儲けのうまい人は、無一文になっても自分という財産を持っている」からです。

 

f:id:tanazashi:20160316113139j:plain

 

アラン*3の言葉*4。長年培った経験や専門性などが、定年後に働く際、自分の宝になるとしました。

*1:イギリスの小説家

*2:「本当に大切な自由はただ一つ。経済的自由がそうだ。」

*3:フランスの哲学者

*4:「金儲けのうまい人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。」