チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

おそ松さん 第20話「「イヤミの学校」

話題のおそ松さんを周回遅れで見ています。思わず正座をして見てしまったのが第20話「イヤミの学校」。軽い気持ちで芸人をめざす六つ子たちを、あのイヤミがお説教するという驚天動地の展開です。

f:id:tanazashi:20160406222050j:plain

つまり君のように面白くないと簡単に切って捨てる輩は自分にはそれがないと言ってるのと同じザンス!  

「プロになるなら軽々しく面白くないと言うなザンス。笑うという行為にはそれなりの知識と教養が必要。つまり君のように面白くないと簡単に切って捨てる輩は自分にはそれがないと言ってるのと同じザンス!」

「そんな理由でやらないという選択肢はないザンス。守るものが何もないのに守ろうとするなザンス。」

「君のようにバラエティの真似事をする小手先野郎は一番腹立つザンス!」(確かに学生とかにいるタイプ)

(でも僕モテたいだけだから別に面白くなくていい)「一つ教えてやるザンス。モテたい。大いに結構。芸にするには異常なまでにモテたくないとダメザンス。毎晩合コンしてエピソード作れるザンスか?逆にモテなかったことの方がウケるザンスよ。モテたくて始めたのに結果が出ない方がおいしいというジレンマ!それでもやれるザンスか!?」

「お笑いはサービス業。他者の評価が全てザンス。やりたいことだけやりたければ地下劇場で自主制作でもやるザンス。モグラ芸人!」

「ほんとザンスか?40過ぎてバイトでこき使われながらハイセンスコメントだけに人生を賭けられるザンスか?」

「一つ教えてやるザンス。シュールという言葉が一番危険。ベタできてこそのシュール。チミみたいなルール無視の変な奴はただ変なだけの奴ザンス!あとチミのように本物感あるタイプは今の時代厳しいザンス。プロになるなら素材だけじゃなく寄せる努力をしろザンス!」

「教師の言う事バカ正直にメモってる奴は一生売れないザンス。アドバイス無視できる胆力があって丁度いいバランスザンス。」

「さっきからチミは何も生み出してないザンス。薄いコメントで場をつないでるだけ。わかってるようで何もわかってない面白い面白くない以前に寒くてキモくて痛くてミーは一番嫌いザンス!」

脚本:松原秀・横手美智子岡田幸生 絵コンテ:山口ひかる 演出:田中智也 作画監督:小和田良博・山崎展義という制作スタッフです。

 

脚本の松原秀氏は、TAAF2016アニメ オブ ザ イヤー脚本・オリジナル原作賞を受賞した放送作家です。「珍遊記」の脚本も担当。お笑いコンビ・ナインティナイン岡村隆史氏によると「元ハガキ職人の放送作家としてたたき上げてきた人」のようです。