チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

死ぬな、殺すな、とらわれるな

f:id:tanazashi:20160414175035j:plain

 

ジョーカーゲーム 第01話「ジョーカー・ゲーム(前編)」から。

もし貴様がスパイだったら敵に正体を暴かれたらどうする?

敵を殺すかその場で自決します!

それは死を恐れる卑怯な考えです。自分にはやはりスパイは卑怯な存在だとしか思えません!

それなら聞くが貴様が自決してどうなる?

死ねば胸を張って向こうで同期に会えます!

すると貴様は同期に会って自慢するために死ぬわけか。だがもし会えなかったらどうする?

会えないはずはありません!

なるほど。三好。どう思う?

トートロジー*1見事な鰯の頭です。新興宗教と同じ。閉鎖集団を離れては長く持たない観念ですね

神永は?

三好と同意見です。例えば日本が戦争に負けた場合たちまちまったく反対の事を容易かつ同程度に信じるでしょう

日本が戦争に負けた場合だと!?

 殺人・自殺はスパイにとって最悪の選択肢だ。平時に人が死ねばその国の警察が動き出す。考えるまでもなく無意味で馬鹿げた行為でしかあるまい。

金・名誉・国家への忠誠心、人の死さえも全ては虚構だ。諸君の未来に待ち受けてる真っ黒な孤独

その中で唯一諸君を支えてくれるのは常に変化し続ける多様な状況の中で咄嗟に判断を下す能力だけだ

「死ぬな、殺すな、とらわれるな」。  

ジョーカーゲーム」は、2008年度「このミステリーがすごい!」などでベスト10にランクイン。吉川英治文学新人賞日本推理作家協会賞も受賞した、柳広司氏のスパイ小説が原作です。

 

f:id:tanazashi:20160424101744j:plain

「極秘裏に設立されたスパイ養成学校“D機関”。東京、横浜、上海、ロンドンを舞台に、五感と頭脳を極限まで駆使した、異能の精鋭たちによる究極の騙し合い」という原作の魅力をアニメではどのように表現するのかと思っていました。

「つかみ」を担う重要な第一話。第二次世界大戦に向かう日本を舞台にした外交の駆け引きという議論。さらには日本の選択といったきわめて「今日」的な要素も取り入れながら、視聴者を引きずり込む構成力はただものではありません。構成・脚本は「僕だけがいない街」の岸本卓氏が担当と聞いて納得しました。

番組はテンポ良く進み、意外な展開でサスペンドとなりました。ジョーカーを引かされたのは俺なのか・・・次回が気になります。「僕だけがいない街」と同様サスペンスの王道を行くような作りです。

 

キャラクター原案は三輪士郎(「キズナイーバー」も同時に担当しているところがすごいですね)。結城中佐を演じる堀内賢雄をはじめ、キャストには玄田哲章下野紘、木村良平、細谷佳正森川智之梶裕貴福山潤中井和哉櫻井孝宏津田健次郎関智一と、若手からベテランまで実力も兼ね備えた声優が顔を揃えています。

制作はProduction I.Gと知り期待感が高まります。彩度を落とした色彩と緻密な作画、切れのいいキャラクター設定などで評価の高いプロダクションです。

 

ジョーカー・ゲーム [ 柳広司 ]
価格:1620円(税込、送料無料)

 

さてIGといえばこんなニュースが・・・

 

f:id:tanazashi:20160414175446j:plain

www.production-ig.co.jp

 

プロダクションI.G.のオフィシャルストア「I.G STORE」が明日4月16日(土)渋谷のマルイ7階にオープンします。
生原画の展示や公式ストア限定グッズの販売などのほか、様々な企画も用意されているようです。
作品を映像コンテンツとして売るだけではなく、プロダクションがテレビ以外のマーケットを自ら開拓する時代を象徴する出来事といってもいいかもしれません。

開店記念としてグッズを2000円以上購入すると、同社が手掛けた士郎正宗先生原作の人気アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」がモチーフとなる「I.G STORE」キービジュアルの特大ポストカードがプレゼントされるようです。

時間を作って見に行こう。

 

*1:まったく同じことばを、まったく同じ意味でくり返すレトリックです。それでいて、なおかつ意味をなす表現法。色々と言葉を重ねてみたものの、結局「AはAだ」としか言ってないのは、何も実がないので、批判されると言う事です。ただ「僕は僕、君は君だよ」などはトートロジーなんですが、文章的な装飾・強調のために、あえて使われたりしますので、トートロジーだから必ずしもイケナイと言うことではありません。話し合い(議論の場)で、その結論が「AはAだから、Aなんだ」じゃ、実がないし、結局「何も言ってない」のと同じなので批判の対象になります。「生命には価値がある」という命題は「生き延びるという目的にとって生き延びることは価値がある」という意味であることからトートロジーといえます。