チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

夏の日に恋しましょう

f:id:tanazashi:20160603110449j:plain

東京は抜けるような初夏の青空。日差しはきついのですが、湿度も低いので南の島のような心地よさです。

渋谷の街は若さではちきれています。

西武セゾングループのコピーからは、渋谷西武から公園通りにかけて輝いていた時代の高揚感が伝わってきます。

愛した分だけ愛されれば、人生の釣り合いがとれるはずなのですが、そう思い通りのにいかないのが悩ましいところです。

注いだ分だけ見返りが返ってくるものと期待していても、相手はそう思っていないかもしれません。コピーの主語は自分ともとれますし、相手から自分へのメッセージとしても読めます。

釣り合いの意味が分かりかけるのは、人生も終盤にさしかかってから。駆け出しの頃はそんな未来が見渡せません。無限につづく夏が二つの思いを結びつけて広がります。 

 

 

あなたの夏が、私の夏でありますように

西武セゾングループ/1986/杉山明