チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

時間はあらゆるメディアにおいて 最重要

f:id:tanazashi:20170630125958j:plain   時間は、「鑑賞者の経験」と「作品の特徴」の二点で構成されます。リアルタイムの経過時間は両者を含んだものです。そして映画、パフォーマンス、あるしはビデオなどの形で情報と経験を提供するのです。この場合、鑑賞者は受け身の存在として捉えられます。ビデオ、フィルム、LED、電光掲示板、コンピュータシミュレーションなどの記録メディアは時間を操作する者で、一時的な幻覚を作り出します。時間とは一つの次元なのです。