チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「木版画 未踏の頂へ~吉田博の挑戦~」究極の版画

※吉田博(前編)はこちら 

blog.kenfru.xyz

 

f:id:tanazashi:20170813090347p:plain

吉田裕は西洋画の表現をどのように木版画に生かしたのでしょうか。

f:id:tanazashi:20170822224733p:plain

訪ねたのは吉田家の別荘です。熱海にあるこの別荘には版画のもとになる版木が残されています。

f:id:tanazashi:20170822224752p:plain

博の孫、吉田司さんに倉庫を特別に開けてもらいました。

f:id:tanazashi:20170822224817p:plain

極めて手間がかかる作業のため、博が亡くなった後、滅多に摺られません。

f:id:tanazashi:20170822224845p:plain

今回、残された版木を使って博の技の解明に挑みます。

f:id:tanazashi:20170822224904p:plain

再現するのは「朝日」です。奥行きを感じさせる木立の向こうにそびえ立つ富士。

画面右から光があたり、左側に微妙な陰影が付けられています。

f:id:tanazashi:20170822224923p:plain

作業を行うのは東京・世田谷区若林にある版画工房です。

吉田版画アカデミー

twitter.com

f:id:tanazashi:20170822224934p:plain

司さんが木版画の制作を行っています。一つの作品を完成するまでに何種類かの版木を用います。

f:id:tanazashi:20170822224943p:plain

最初は”主版”とよばれる輪郭線だけの版です。

 

f:id:tanazashi:20170822224955p:plain

「緊張します」版画を摺る摺師は40年近くの経歴を持つ沼辺伸吉さんです。

f:id:tanazashi:20170822225001p:plain

「擦ってみないとわからないこともあるので。じかに描いて出る色と違って、木版を通した二次的な色になるので、非常に、どうなるかな・・・」

f:id:tanazashi:20170822225009p:plain

博が使った絵の具は十色。浮世絵のものだけでなく、明治以降新たに開発された水彩絵の具など厳選していました。

f:id:tanazashi:20170822225014p:plain

色は博の遺した指示書をもとに作られます。

いきなり取り出したのは赤。

f:id:tanazashi:20170822225021p:plain

一般的に輪郭線は黒一色ですが、この作品では赤紫、藍、黒。

 

f:id:tanazashi:20170822225030p:plain調合した絵の具を直接”主版”の上に塗り、刷毛で伸ばします。絵の具の色を変えて更に塗ります。色を塗り終わると慎重に紙を載せ、右下から馬連で擦って行きます。

f:id:tanazashi:20170822225037p:plain

果たしてどう摺り上がるのでしょうか。

f:id:tanazashi:20170822225043p:plain

驚いたことに輪郭線だけでもいくつかの工夫がありました。

f:id:tanazashi:20170822225051p:plain

画面手前は太い線であるのに対し、画面奥の富士は遠近感を際だたせるため細い線でした。

f:id:tanazashi:20170822225056p:plain

さらに富士の稜線は朝日の当たる側を赤紫色、当たらない側を藍色で刷られていました。

f:id:tanazashi:20170822225103p:plain

次に”色版”と呼ばれる版木で少しずつ色を載せて行きます。

f:id:tanazashi:20170822225110p:plain

画面手前の景色が色づきました。しかしまだ平面的。

f:id:tanazashi:20170822225117p:plain

ここからが博の版画の真骨頂。

f:id:tanazashi:20170822225122p:plain

”ねずみ版”と呼ばれる版木の登場です。

f:id:tanazashi:20170822225129p:plain

「ねずみ版というのは影や陰影をつけるために作る版で、墨を水で薄めてねずみ色にして、それに少し藍を入れたりして影の表情を作るわけです」

 

f:id:tanazashi:20170822225134p:plain

「博の場合には、ねずみ版をいろいろ工夫して立体感や遠近感を表現しています」吉田司

f:id:tanazashi:20170822225140p:plain

下がねずみ版を加える前、上が加えた後です。木立の中に奥行きが生まれ、ぐっと遠近感が出ました。

f:id:tanazashi:20170822225148p:plain

さらに驚きの手法が。それは、同じところに二色を重ねるというもの。

「光がさしてきた空の色はこの色で決まると思いますね」

f:id:tanazashi:20170822225158p:plain

浮世絵の場合空は一色をぼかして摺るのが一般的です。

しかし博は違います。

f:id:tanazashi:20170822225205p:plain

まず、オレンジ色をぼかして摺ります。

f:id:tanazashi:20170822225212p:plain

そのあと少し狭い幅で緑のぼかしを重ねていました。

f:id:tanazashi:20170822225238p:plain

「大きなぼかしを重ねることによって朝の大気の表現をしているわけです。空気の奥行きだとか、湿りとか立体感とか遠近感とか、洋画の画報を浮世絵の伝統のぼかしを使って表現している」

f:id:tanazashi:20170822225250p:plain

再び”ねずみ版”。富士山に薄い影と濃い影。2つの影を加えました。

f:id:tanazashi:20170822225244p:plain

”ねずみ版”そしてぼかしの重ね。博は西洋画でつかんだ奥行きや立体感を半の摺りを徹底的に重ねる手法で生み出していました。

 

今回もう一つ摺りを試みた作品があります。

f:id:tanazashi:20170822225302p:plain

博自身が版木を彫った一枚です。

f:id:tanazashi:20170822225306p:plain

水の流れだけが画面を埋め尽くす究極の版画「渓流」。

流れ落ちる水の一瞬。勢い。そして水煙まで表現しています。

f:id:tanazashi:20170822225314p:plain

繊細でダイナミックな渦の動きを出すために博は彫りを工夫するところからはじめました。

f:id:tanazashi:20170822225320p:plain

曲がりくねりながら太さで強弱を表現することに挑んだのです。

この線だけで一週間かかりました。

硬い山桜の版木に苦戦したといいます。

「あまり大きくて硬いので、一生懸命彫ったために体を壊した。特に歯を痛めてしまったという話が伝わっていまして、特に奥歯を噛み締めながら彫ったようなところが、渦の部分を見ると感じられます」吉田司

f:id:tanazashi:20170822225325p:plain

f:id:tanazashi:20170822225329p:plain

 

f:id:tanazashi:20170822225334p:plain

f:id:tanazashi:20170822225341p:plain

f:id:tanazashi:20170822230539p:plain

f:id:tanazashi:20170822230545p:plain

f:id:tanazashi:20170822230549p:plain

 

f:id:tanazashi:20170822230557p:plain

f:id:tanazashi:20170822230604p:plain

f:id:tanazashi:20170822230610p:plain

f:id:tanazashi:20170822230617p:plain

f:id:tanazashi:20170822230624p:plain

f:id:tanazashi:20170822230628p:plain

f:id:tanazashi:20170822230634p:plain

格安航空券販売サイト【TRAVERIST by CROOZ】

f:id:tanazashi:20170822230640p:plain

 

blog.kenfru.xyz

blog.kenfru.xyz

 

 

matome.naver.jp