チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「井浦新 円空への旅」

美の旅って、体力が必要だと思うんです。
作家は命を削ってその作品をつくるじゃないですか。
結果、受け取る側も作品を通じて、つくっている人の命を感じることになる。
念のこもった作品をきちんと受け取るためには、
体力や精神力を整えて臨まないといけない。
外に出てそれがあるべき場所を訪ねるとなればなおさらです。 

 

 

日曜美術館井浦新 円空への旅」

f:id:tanazashi:20160806193023j:plain

 

いまも全国各地で愛されている円空仏。番組司会の井浦新も20代で出会って以来、その魅力を問い続けてきた。井浦新が各地を旅して円空の秘密を探る紀行ドキュメント!

放送:2016年6月12日

江戸時代に全国を歩き、12万体とも言われる仏像を彫って庶民に与えた円空円空仏と呼ばれるその仏像は、常識からかけ離れた荒々しい姿でありながら、穏やかなほほ笑みをたたえている。円空はどんな思いを込めたのか? なぜ膨大な数を彫ったのか?番組司会の井浦新は、20代で円空仏と出会って以来、強くひかれてきた。今回、井浦が円空の秘密を探る旅に出る。北海道、伊勢志摩、山形へ。そこで見つけたものとは…?!

【出演】円空学会顧問…長谷川公茂,善光寺福住職(北海道伊達市)…木立真理,見政寺住職(山形県庄内町)…石田秀弌,【出演】井浦新,【語り】伊東敏恵

番組内容

北海道北海道・始まりの地

f:id:tanazashi:20160806162333j:plain

現存している円空仏は全国でおよそ五千体。1632年岐阜に生まれた円空は仏像を彫り始めた35歳の時、縁もゆかりもない北海道に渡りました。 

f:id:tanazashi:20160806162205j:plain

井浦さんが訪ねたのは津軽海峡に面した木古内町の神社。今も円空仏をとても大切にしている町です。白装束の男が抱いているのが円空仏です。祭りには大漁豊作の願いが込められています。 

【詳しくはこちらから】

blog.kenfru.xyz 

 

 

av98ingram.wpblog.jp 

 

三重県三重県志摩地方・転機の地

f:id:tanazashi:20160806170138j:plain

三重県志摩市立神地区に円空が桜の木に彫った仏が残されています。

f:id:tanazashi:20160806230124j:plain

 

f:id:tanazashi:20160806230127j:plain

朽ちた木の幹に直接彫られたのは仏門に帰依した女性の顔。善女の右隣には龍が彫られています。

f:id:tanazashi:20160811145242p:plain

円空が型破りな仏像を彫るきっかけになるものが保存されていました。600巻にもおよぶ経典「大般若経」です。この土地で仏像の修復に取り組んだ円空は、自筆の絵を添えたと言われています。

f:id:tanazashi:20160811150014p:plain

はじめは仏画を模写していた円空は、その後独自の絵を付け加え、簡略・デフォルメ化した絵を描くようになりました。それは女人成仏と呼ばれる教えと関わりがあります。古来、女性はなくなっても成仏できないとされてきました。

f:id:tanazashi:20160811150450p:plain

 

円空は災害で亡くなった母親が成仏できないことをずっと心に留めていました。しかし円空はこの地で「女人成仏」の教えと出会い目覚めたのです。母の鎮魂の喜びが大胆な作品を生みました。「善女竜王」は、その出発地点となった仏像なのです。

f:id:tanazashi:20160811151133p:plain

円空が薪に直接彫ったといわれる大黒天が、同じ地域の民家に残されていました。

仏像らしさを残しながらシンプルになっていく円空仏。もう一つの節目となったのは自然との出会いでした。

f:id:tanazashi:20160811153352p:plain円空は49歳のとき山形県出羽三山を訪れ、修行を積みました。庄内町の見政寺に山岳修行時代の円空仏が残されています。

f:id:tanazashi:20160811153701p:plain

 

聖観音菩薩立像」は栗の木をナタで割ってできた筋目を生かしながら。静かなほほえみが彫られています。少し首をかしげているので、見る角度を変えると表情が変化する仏像です。命の恵みをもたらす仏として、この地の女性たちに拝まれました。

f:id:tanazashi:20160806193145j:plain

野生の厳しさの中から生まれたやさしさ。仏の向こうにいる円空の優しさを感じる旅でした。

 

 

ディレクター:上原一也

制作統括:村山淳、堀川篤志

制作:NHKエデュケーショナル

 

取材先など

番組で井浦新が訪れたのは以下の場所です。
● 北海道/木古内町 「寒中みそぎ祭り」 毎年1月13・14・15日 佐女川神社、他 北海道上磯郡木古内町木古内155
● 北海道/有珠山 「有珠善光寺」 北海道伊達市有珠町124
山形県庄内地方 「見政寺」 山形県東田川郡庄内町狩川阿古屋33
三重県/伊勢志摩 「片田三蔵寺」 三重県志摩市志摩町片田 
三重県/伊勢志摩 「立神少林寺・薬師堂」 三重県志摩市阿児町立神2051

 

井浦新の日曜美術館

井浦新の日曜美術館

 

 

井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻

井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻

 

 

NHK日曜美術館1976‐2006―美を語る30篇

NHK日曜美術館1976‐2006―美を語る30篇

 

放送一覧

av98ingram.wpblog.jp