読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「深奥へ 速水御舟の挑戦」炎舞

日曜美術館

御舟(ぎょしゅう)は自ら切り開いた画風を惜しみなく捨てる画家でした。

f:id:tanazashi:20161112175820j:plain

「私が一番恐れることは型ができること」御舟は自分の形ができることを喜ぶのではなく、逆に「一種の行き詰まりを意味することだ」と言いきりました。

f:id:tanazashi:20161112175838j:plain

 

破壊と創造。御舟がめざしたのは新しいものを作り出す手応えだったのかもしれません。

27歳の画集が挑んだのが細密描写です。対象を徹底的に見つめありのままの存在感を表そうとします。

f:id:tanazashi:20161112172704j:plain

石榴のすべすべとした手触りと磁器の固い質感の対比が見事です。

f:id:tanazashi:20161112175858j:plain

背景にはなにも描かれず、ただ皿の影が映るのみ。いったいどこにこの皿は置かれているのか。不思議な空間を演出し、石榴と皿だけを際立たせています。

f:id:tanazashi:20161112181107j:plain

 

4年後御舟はまったく異なる作品を発表します。31歳で描いた「炎舞」。今度は炎と闇です。

f:id:tanazashi:20161112173149j:plain

三ヶ月間軽井沢の別荘を借り、毎晩たき火をして炎と富んでくる蛾を観察しました。様式化された炎に対して蛾の群れは実に精緻に描かれています。

f:id:tanazashi:20161112181131j:plain

その向こうに闇が広がります。広がる闇は漆黒ではありません。炎の赤とあいまって妖しい魅力で見る者を引き寄せる傑作です。

「炎舞」を描く2年前、御舟は大きな体験をしていました。

f:id:tanazashi:20161112175914j:plain

 

大正12年9月におきた関東大震災です。崩れ落ちる東京の街中で、御舟は一晩中スケッチをして生と死を見つめました。

「炎舞」にこめた思いを読み解くカギは、ここでも「空間」にあると日本画家の宮廻正明さんはいいます。

f:id:tanazashi:20161112181240j:plain

炎かららせん状に立ち上るように描くと立体的な動きが生まれます。すると闇の中に不思議な空間を感じるようになります。

描かれたらせんに、御舟はもうひとつの思いを込めていたと考えられています。

f:id:tanazashi:20161112181026j:plain

 

「炎舞」と同年代に描かれた「樹木」です。ブナの幹にからまる蔦がらせんです。御舟はらせんの持つ大いなる力を感じていたりかもしれません。

f:id:tanazashi:20161112175927j:plain

御舟は炎のらせんで空間を作り、自然の持つ生命力を際立たせようとしました。さらに闇に青みがかった墨を使い、それが炎と混ざり合って不思議な闇を作り出したと考えられています。「もう一度描けといわれても二度と出せない色だ」と御舟が語ったほどの闇です。

 

blog.kenfru.xyz

 

 

速水御舟―日本画を「破壊」する (別冊太陽 日本のこころ 161)
 

 

速水御舟の芸術展

速水御舟の芸術展

 

 

絵画の真生命―速水御舟画論

絵画の真生命―速水御舟画論