読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「祭りの水墨画」 日本と中国を結ぶ 傅益瑤(ふえきよう)の挑戦

f:id:tanazashi:20161126160636j:plain

 

 

日曜美術館「祭りの水墨画」 日本と中国を結ぶ 傅益瑤(ふえきよう)の挑戦

f:id:tanazashi:20161127103928p:plain

 

blog.kenfru.xyz

 

 

blog.kenfru.xyz

 

中国で“祭りの水墨画”が注目を集めている。長いあいだ祭りが禁じられてきたからだ。作者は、日本の祭りを描き続ける傅益瑤(ふえきよう)さん。創作の日々を追った。

放送日

2016年11月27日

番組内容

f:id:tanazashi:20161127103917p:plain

 

今年北京の美術館で、日本で腕を磨いた画家の作品が注目を集めました。それは祭りの水墨画

f:id:tanazashi:20161127103918p:plain

湖北省端午の節句の賑わいです。中華人民共和国となってから長い間祭りは禁止されていました。近年ようやく復活。そのことを喜び祝ったものです。

f:id:tanazashi:20161127103919p:plain

作者は傅益瑤(ふえきよう)さん。37年前から日本に移り住み、各地の祭りを水墨画にしてきました。

f:id:tanazashi:20161127103920p:plain

 

そこには近代中国指折りの水墨画家であった父の死が関わっていました。
父の教えを受け継ぎ描いた和歌山の那智の火祭り

f:id:tanazashi:20161127103921p:plain

勇壮な那智の滝とたいまつを運ぶ人々。父から学んだダイナミックな筆が生きた作品です。これまで30年かけて日本の祭りを99描いてきました。

f:id:tanazashi:20161127103926p:plain

そしてこの夏から秋にかけ100作目となる徳島の阿波踊り水墨画に挑みました。
祭りの絵で日本と中国を結びたい。傅益瑤さんの創作と思いを見つめました。

【出演】水墨画家…傅益瑤,【司会】井浦新,伊東敏恵

傅益瑤(ふえきよう)さんの半生

blog.kenfru.xyz

100作目・阿波踊りを描く 

blog.kenfru.xyz

 

日曜美術館放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍ほか 

 
絵解き 菜根譚―一〇八の処世訓

絵解き 菜根譚―一〇八の処世訓