チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

ヴェルフリが描く蠱惑的な小宇宙

6本線の楽譜が線路のように画面を横切り、その隙間から異形の顔がこちらの様子をうかがっています。心の中をのぞき見られているような戦慄を覚えます。

f:id:tanazashi:20161222090233j:plain

 

画面下に眼を移すと、暗く深い川の流れを挟んで四方を高い山で囲まれた城壁のような町が見えてきます。鮮やかな色彩で飾られているのにもかかわらず、画面からは凍り付いたような静寂感が漂ってきます。新聞の用紙に色鉛筆だけで描かれた作品「黒人の広場(ネグロ・ホール)」(1911年)。作者は、作品を楽曲と呼ぶこともあったというアドルフ・ヴェルリです。 自分の生涯を「揺り籠から墓場まで」という冒険譚にした*1絵の一枚です。

f:id:tanazashi:20161222091110j:plain

アドルフ・ヴェルリ*2は31歳で精神病院に収容され、その生涯を病院で終えたスイスの"画家"です。

f:id:tanazashi:20161222085840j:plain

 

”画家”といっても、ヴェルフリは美術を専門的に学んだ経験はありません。両親を失い孤児院で育ったヴェルフリは、児童虐待で有罪判決を受けた後1895年に精神を病い入院。入院当初から絵を描き始めます。中の病院に赴任してきた精神科医・モルゲン・タラーがヴェルリを発見。その様子を「芸術家としてのある精神患者」として著してから注目を集めるようになりました。

ヴェルフリの表現方法は独創的かつ多彩です。彼は世界を巡る壮大な物語を創作し、色とりどりの挿絵をちりばめました。生涯に作った作品は2万5千ページ。45冊の作品に及び、その全てが細部まで細かく描き込まれた密度の濃いものになっています。

f:id:tanazashi:20161222095138j:plain

最後には宇宙まで買い上げて開発する「地理と代数の書」の中の挿絵、1913年の作品「二冊目の大きな本=行進曲」鉛筆だけで描かれています。f:id:tanazashi:20161222095822j:plain

 

「パリの=美術=展覧会にて」鉛筆と切り抜きコラージュで構成された1915年の作品です。同時期にコラージュを始めたピカソらにも後れを取っていないことから、時代を先取りした作品とも評価されています。美術を専門的に学ばなかったからこそ生まれる制約がない創作は「アール・ブリュット(生の芸術)」と呼ばれます。既成の概念では生み出せない世界の発見は、現代アートにも大きな影響を与えています。

f:id:tanazashi:20161222103231j:plain

自動筆記やコラージュなど、意図せずにシュルレアリズムを先取りしてしまったヴェルリの世界はさらに広がります。

f:id:tanazashi:20161222101812j:plain

 

ティチーノ州に於ける聖アドルフ2世の愛しいあなた」

1916年には自分の頭の中に「聖アドルフ巨大王国」を建設し、自らを聖アドルフ2世と命名します。建国を祝って作曲まで手を広げ、ポルカや行進曲をラッパで吹き鳴らしつつ描くヴェルフリの姿が見られたと言われています。

f:id:tanazashi:20161222100710j:plain

色鉛筆だけで描かれた「聖アドルフ=王座=アルニカ」。才能を見いだされたヴェルフリは売るための絵も描くようになります。アルニカは彼の頭の中にだけ咲いている花の名前です。

ここまで見てきて感じるのは、現代のアニメファンなら共通に感じるであろう「近親感」です。異なる世界の存在を全面的に肯定して66年の生涯を終えたヴェルフリにある種の羨望感を抱いた人も少なくないと思います。ただ決定的に違うのは、世界への入り口が閉じているかいないかだけ。この構造もアニメではよく描かれています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/artinamerica/20161010/20161010111034.jpg

 

兵庫県立美術館で開催される展覧会では、 ヴェルフリが自らに向けたレクイエムとも言われる「葬送行進曲」、日銭稼ぎのためにクレヨンで一枚ずつ独立したシートに描いたという「ブロード・クンスト」なども展示されます。

 

アウトサイダーアート

特に芸術の伝統的な訓練を受けておらず、名声を目指すでもなく、既成の芸術の流派や傾向・モードに一切とらわれることなく自然に表現した作品のことをいう。 アウトサイダー・アートを作る芸術家をアウトサイダー・アーティストという。  

f:id:tanazashi:20161222085803j:plain

◇これが病める天才たちの"芸術"だ
 ・アドルフ・ヴェルフリ 性衝動から生まれた余白恐怖症絵画
 ・ヘンリー・ダーガー ペニスを持つ少女たちの戦いの記
 ・アントナン・アルト- "演劇の革命家"たそがれて"残酷画家"へ
 ・オーギュスタン・ルサージュ "お告げ"を受けた炭坑夫
 ・アロイーズ 皇帝に恋した赤毛の家庭教師
 ・病める天才たちのユートピア グギング〈芸術家の家〉
 ・フェルディナン・シュヴァル 郵便配達夫の宮殿づくり一代記
 ・マッジ・ギル 主婦芸術家の紡ぎ出した怖い仕事
 ・マルティン・ラミレス 心弱きメキシコ移民の夢列車
 ・ユージン・ヴォン・ブルチェンハイン 水爆の悪夢と愛妻との日々
 ・ゾンネンシュターン 廃墟のベルリンに君臨した"変態大画王"
 ・クラレンス・シュミット ウッドストックのホラー屋敷
 ・アンナ・ゼマンキヴァ 精霊と一緒に描いた植物図譜
 ・パスカル・ヴェルベナ 大事な大事な僕の思い出貯金箱
 ・ルイ・ステー ル・コルビュジエのいとこはアウトサイダー

 

ヴェルフリ関連書籍

Heavenly Ladder

Heavenly Ladder

 
【バーゲンブック】 アドルフ・ヴェルフリ

【バーゲンブック】 アドルフ・ヴェルフリ

 
Heavenly Ladder

Heavenly Ladder

 
アドルフ・ヴェルフリ (ArT RANDOM CLASSICS)

アドルフ・ヴェルフリ (ArT RANDOM CLASSICS)

 

 

ヴエルフリ関連洋書(古書)

f:id:tanazashi:20161222104516j:plain

f:id:tanazashi:20161222105528j:plain

f:id:tanazashi:20161222105534j:plain

*1:全9冊2,970ページの物語に752点の絵が差し込まれています

*2:Adolf Woelfli 1864~1930スイス出身の画家。芸術家。詩人。作曲家アウトサイダー・アーチスト。