チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

コンセプトは具体化に先立つものではない

f:id:tanazashi:20170112163015j:plain

 

モーリス・メルロー=ポンティ『意味と無意味』

 

アートは制作過程における発見の連続でできています。そして何よりも発見する能力は何かを発見する能力より優れているものです。

あなたの制作は旅のようなものだと思いなさい。

今まで見たこともないものを思いがけないところで発見することの連続なのです。

世界を自分で作るより自分で見つけることの方が簡単なのです。

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2F3.bp.blogspot.com%2F-JYXc-tcYdQs%2FT4AECWh-zPI%2FAAAAAAAAKZk%2FxkRbrdxQZ-o%2Fs1600%2F1945c%2BPink%2BAngels%2Boil%2B%26%2Bcharcoal%2Bon%2Bcanvas%2B132%2Bx%2B101.6%2B%25C2%25A9%2B2011%2BThe%2BWillem%2Bde%2BKooning%2BFoundation%3AArtists%2BRights%2BSociety%2B%2528ARS%2529%2C%2BNew%2BYorkcm.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

ウィレム・デ・クーニング(1904~1997)

ウィレム・デ・クーニングは、20世紀のオランダ出身の画家。主にアメリカで活動した。抽象表現主義の画家で、具象とも抽象ともつかない表現と激しい筆触が特色である。