読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「利休の志を受け継ぐ」樂家の茶碗づくり

日曜美術館

 

blog.kenfru.xyz

 

f:id:tanazashi:20170115091952j:plain

 

樂家は京都の真ん中、御所のほど近くにあります。お茶碗屋。江戸初期の文化人で、樂家の親戚筋に当たる本阿弥光悦の書。その樂家の茶室で初代長次郎の茶碗を見せていただくことに。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/df3/2261744/20160308_744105.jpg

もともと利休が所持。その後利休の娘が嫁いだ茶人・万代屋宗安*1に受け継がれた黒茶碗ということから万代屋黒と呼ばれています。
「表立った強さはこの茶碗ではすべて消されている。そういう意味では長次郎自身の個性も消されている。そこがすごいのですね。ある意味で恐ろしい。そしてこの黒の一色。高台も黒く塗りつぶしてあるでしょ。普通、織部茶碗にしても篠茶碗にしても、全部ここに土が見えてくるのですね。土の味わいというのは日本人の心を打ちますよね。そこに水に浸されて、水分をもって、土が本当に生き生きとした潤いを持っていく。そういう良さと、良ささえも長次郎茶碗というのは全部黒で塗りつぶしている。これは尋常ならざるものがありますよね。はっきりとここに利休の意思がある」
茶人・千利休豊臣秀吉の下で権力の中枢に身を置きました。秀吉好みの黄金の茶室の設計にも携わったとされます。絢爛豪華を美とし、舶来の品を貴ぶ桃山時代。いっぽうで利休は小さな躙り口から身をかがめてはいる僅か二畳の茶室を作ります。藁がむき出しの土壁の空間に身を置き、「詫び」の心で一服する茶を理想としたのです。

f:id:tanazashi:20170115091947j:plain

 

「利休の茶は黒のそのさらにその奥。黒という一つの色ではなく、時間と空間みたいなものかな。そういう薄闇が何十にも重なっていくという気がするのですね。だから利休の茶室の”待庵”と長次郎の茶碗はまるで双子の兄弟のような、相似形のような感じがする」

そもそも、なぜ利休は長次郎に茶碗づくりを頼んだのでしょうか。
手掛かりはこの獅子の焼き物。この獅子は長次郎が茶碗を手掛ける前につくったものです。
「非常に強いリアリティがある。それは桃山独特の生命感ですね。前足を伏せるようにして、後ろ足を立てて威嚇しているような。だから長次郎の個性というものはまさにあの獅子にあるなあと思うのです。こちらではなく。こちらはそれも消されてしまって。ああいう激しい獅子を・・彫刻を作りうる職人だったから、アーティストだったから、自分の茶碗の、思っている茶碗の制作を依頼したいと、心からそう思ったのでしょうね。だから、決してこの茶碗はただ静かなものだけではないということがそこでも言えるかなと思うのですね」

 

樂家の土小屋。茶碗にとって土は命です。ここに蓄えられた樂歴代の土。それを砕き茶碗にあった粗さにします。樂家では祖先から子孫に受け継がれるのは唯一土だけ。ゆえに土への思いは深いものがあります。
「土というものは人間が立っている一番下のラインです。ここに座っていれば、立っていれば、耕していれば大丈夫だという人間の原点が土。ここに座って先祖のことも感じますしね。自分ひとりで仕事しているのではなくて、先祖の恩恵を得て自分がこうして仕事をできているわけですから、ここに先祖の霊がいるかもしれない」
土は「手びねり」呼ばれる手だけで形作られる独自の技で茶碗の姿になります。まるで粘土細工。手の形がそのまま自然に茶碗になっていくのです。
形が生まれると、今度はヘラで削ります。
「削るっていうのは、自分の意識というものが確実に走るんだよね。それを作為というなら作為、表現と呼ぶなら表現。そういうものが如実に出てくる世界。手びねりが”自然”だとすれば自然と意識みたいなもの。その工程の二つの落差が非常に大きい。で、その中で一つの造形が出来上がる。」

*1:安土桃山時代の茶人。堺の人。万代屋宗二の子、千利休の女婿。姓は渡辺、名は新太朗、別号に竹渓・一咄斎。利休門下で傑出し、豊臣秀吉の茶頭・御伽衆を務めた。利休没後は孫の千宗旦の庇護に努めた