読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌」その2

f:id:tanazashi:20170116120821p:plain

 

 

 日曜美術館グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌」その2 

 

blog.kenfru.xyz

 

f:id:tanazashi:20170122154302p:plain

アルハンブラ宮殿で知られるスペイン南部の古都グラナダ。ここは700年間におよぶカトリックイスラムの戦いで多くの血が流された町です。

f:id:tanazashi:20170122154303p:plain

旧市街地アルバイシン。迷路のように入り組んだ細い路地と坂の町です。もともとはイスラム教徒の居住区だったため、エキゾチックな雰囲気が漂っています。1976年、戸嶋はここアルバイシンを自分の居場所と決めました。

f:id:tanazashi:20170122154305p:plain

この三階建ての細長い住宅が戸嶋の住居兼アトリエでした。泥棒やスリが多発する地域でしたが戸嶋は全く意に介しませんでした。窓から見える景観に魅かれたのです。華やかなアルハンブラとは対照的な落ち着いた旧市街。戸嶋をとらえたこの風景は何枚もの名作として残されています。

 

f:id:tanazashi:20170122154306p:plain

代表作の一つ「街・三つの塔~グラナダ遠望~」。
この絵にはグラナダの深く、重い歴史が刻み込まれています。
グラナダには内向的な一つの悲しみがある。だから魅かれるのだ」
グラナダに移り住んでまもなく、戸嶋は教会のさい銭箱をあさる老女に気づきます。不思議なことに街の人は彼女をとがめませんでした。

f:id:tanazashi:20170122154308p:plain

老女の名はベルタ。グラナダの名門の令嬢でしたが、歴史の波に翻弄され没落し、貧しい晩年を送っていました。人々が彼女の行動を黙認したのは街の誇りであったベルタの一族に敬意を表したことからです。

f:id:tanazashi:20170122091239j:plain

「老女・ベルタ」

戸嶋のリアリズムを理解するうえでその第一段階ともいうべき作品です。

f:id:tanazashi:20170122154309p:plain

戸嶋は誇り高いベルタの精神に、スペインの重い歴史を感じ取ります。それを表現するために、写実を排し、ゆるぎない堅牢な岩のように描きました。彼女の気高い魂の輝きは白を使って表現しています。魂は内面から発する光。その後の戸嶋芸術の特徴となります。

 

f:id:tanazashi:20170122154310p:plain

ベルタの制作風景を見ていた人がいます。スペインで活躍する彫刻家の増田感さん。
戸嶋と同じ時期にグラナダで暮らしていました。
「戸嶋さんは人間性とか、その人の奥深き人生のドラマ。なんかそういう風なものを見つめられておられた気がしますね。表面をただ単に追って描くんじゃなくて、もっと内面的なもの。中から出てくるもの。それが欲しかったのではないでしょうか」

f:id:tanazashi:20170122154311p:plain

これもベルタの像です。窓から差し込む光でベルタの魂が輝きます。
「ああ、いいタッチで描かれているなと思って見てたら、急にパレットナイフ持ち出してダダダッと消されるんです。僕はもったいないなと思ったのですが。一編に描き上げるものではない。何度も何度もやり直して、パレットナイフで削り上げて、その上にまた描く。人はわからないかもわからないけど、その深さ。彼の。自分を刻むようにパレットを使ってました」

 

戸嶋が模索するリアリズムは49歳の時、さらに深化を見せます。それはある女生との運命的な出会いがきっかけでした。

f:id:tanazashi:20170122154312p:plain

道化師や舞台女優を生業とするフランス人のクリスティーヌさん。彼女よって肉体と魂という重要なモチーフに取り組みます。エネルギッシュで底抜けに明るいクリスティーヌ。戸嶋は彼女をモデルに肉体のリアリズムを模索していきます。

f:id:tanazashi:20170122154314p:plain

クリスティーヌを描いた作品。一見、絵の具が盛り上がって見えますが、実は薄く塗られています。

f:id:tanazashi:20170122154315p:plain

暗い背景から徐々に現れ出てくるかのようなクリスティーヌの存在感。戸嶋は自らが探し求めるリアリズムに手ごたえを感じ始めます。

f:id:tanazashi:20170122154316p:plain

クリスティーヌの肉体がカンバスに溶け込むように描かれています。
クリスティーヌの姿を一度溶解し、そこから自らの魂で再び形を生み出すというリアリズムです。
「肉体は朽ちはてるものであって、本質的には存在していない。腐っていく過程こそが肉体なのだ。だから愛情がなければそれを見つめることはできない」

f:id:tanazashi:20170122154318p:plain

「私を描いた作品を見たときは衝撃的でした。私の奥深いところを捉えていたからです。モデルをしている時に何をしていても無関係でした。戸嶋は常に求めていたものを捉えました。美しい部分だけではなく、醜い部分もとらえたと思います」

 

f:id:tanazashi:20170122154319p:plain

酒場でも戸嶋は自分の心を捉えるモデルを探していました。

f:id:tanazashi:20170122154320p:plain

戸嶋が酒場で見つけたモデルの一人、ミゲール。あるミール中毒で、定職を持たない男でした。しかし戸嶋はその肉体に強い魂を感じました。

f:id:tanazashi:20170122154327p:plain

アルバイシンの男~ミゲールの像~」
瞳は心を映し出す窓。人の感情がもっと見現れる箇所です。画家なら誰しもはっきりと描こうとしますが、戸嶋は違いました。戸嶋は形だけを忠実に模して描こうとはしませんでした。それは、いつわりの魂を描いてしまうという危うさがあるからです。眼を描くにあたって、色を幾重にも重ねて、自然に生まれ出るようにしたのです。

f:id:tanazashi:20170122154323p:plain

「ミゲールは奥底に無欲のエレガンスをもっている。彼は無だから全てでもあるのだ」

f:id:tanazashi:20170122154324p:plain

展覧会を企画したスペイン外務省の文化担当サンティアゴ・アミーゴ・エレーロさんはこういいます。「戸嶋の作品で特に印象深いのは光です。遠くから見ると暗闇のようですが、近づくと輝きます。ペラスケスと戸嶋の共通点があるとしたら光だと思います。内面性が戸嶋の作品を力強くしています。これはベラスケスにも見られるものですが、戸嶋も人生を通じて内面の力強さを追求しました」人物描写を通じて自分のリアリズムを見出そうとした戸嶋。終生、人物を描くことに強くこだわりました。

f:id:tanazashi:20170122154325p:plain

「人体そのものの描写は、19世紀でモチーフとしては終わりです。しかしなぜ取り組んだかというと、人体の中に生きる物に共通する力があったからです」

 

f:id:tanazashi:20170122154326p:plain

1995年。戸嶋は絵を描くためにグラナダを訪れた奥田瑛二さんに出会います。戸嶋61歳。奥田さん45歳でした。

f:id:tanazashi:20170122154328p:plain

20年以上の歳月を経て戸嶋作品と再会した奥田さん。グラナダで戸嶋が描いていた作品を見て、当時の記憶がよみがえってきました。
「何をやっているんだ貴様はって言われて、役者ですっていったら、あ、そうか。役者ってどういうものか。と言われたとき困りました。この人というのは、絵を描く対象の人物がいて絵を描いているのですが、その人の血と自分の血が混ざりあうような感覚ですかね、相手の血なのか自分の血なのか、見えない距離感の中でそれが呼応しあって混じりあうというか、筆運びが違ってくるのだという気がします」

f:id:tanazashi:20170122154329p:plain

戸嶋が創設に尽力したタジール・デ・アルテ(芸術家たちの交流の場)。

f:id:tanazashi:20170122154330p:plain

ロビーには戸嶋の作品や若手画家が描いた戸嶋の肖像画が飾られていました。戸嶋はここに集う多くの芸術家の注目を集めていました。

f:id:tanazashi:20170122154331p:plain

「戸嶋は一切、大物ぶった態度はとらず、ああしろこうしろと言いませんでした。しかし作品の評価を求められたときは、決して意見をごまかしたりはせず黙ることなくはっきりと意見を述べていました。戸嶋は私たちの精神的な父親でした」

 

f:id:tanazashi:20170122154332p:plain


タジール・デ・アルテで一人の若手芸術家が戸嶋を捉えました。版画家のホアキン。ともに芸術を語り合えるかけがえのない友でした。しかし彼は病のため37歳で亡くなりました。

f:id:tanazashi:20170122154333p:plain

戸嶋はいつも花梨をくれた亡き友を偲んで花梨を描き始めます。花梨を描くということは、戸嶋が生命と魂という命題を植物まで広げたことを意味します。戸嶋は花梨を何日もアトリエに放置して、腐っていく様子を凝視しました。生命が消えていく瞬間を見届けたかったのです。

f:id:tanazashi:20170122091245j:plain

「花梨には、はつらつとした生命の息吹と、腐りゆく生命の悲しみが同居している」

 

f:id:tanazashi:20170122154334p:plain

グラナダ大聖堂。戸嶋の心をいやしてきた場所です。制作で疲れた心をパイプオルガンの調べにゆだねてきました。戸嶋の画家生活は妻からの仕送りで支えられていました。清貧な生活の中で、懸命に描き続けましたが作品を手放すことはほとんどありませんでした。

f:id:tanazashi:20170122091247j:plain

1998年。日本から深刻な知らせが届きます。長年戸嶋を支えてきた妻曰子が重い病に倒れたのです。戸嶋は直ちに帰国。看病もむなしく翌年妻は逝去。戸嶋もまた病に侵され、2006年7月、72歳でこの世を去りました。

f:id:tanazashi:20170122091246j:plain

 

 

blog.kenfru.xyz 

 

blog.kenfru.xyz

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

孤高のリアリズム

孤高のリアリズム

 
 

 

戸嶋靖昌 : 自ら進んで弟子となった者たちによる本 (樹流山房): 2009|書誌詳細|国立国会図書館サーチ