読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

透明な画材と不透明な画材では機能が違う

f:id:tanazashi:20170131181858j:plain

 

水彩や水溶性のアクリルのような透明な画材は明から暗へと作用します。つまり影の部分や暗い部分は最後に描き、ハイライトは紙の下地を残した状態か軽く塗っただけの状態で残します。

油絵などの不透明な素材は暗から明へと作用します。伝統的な油彩画では、暗い下地は深い影を生み出すのに用いられ、ハイライトは最後に付け加えられます。顔料の厚みにより、ハイライト部分が盛り上がるので明暗に文字通り深みが出ることになります。

油彩やアクリル生乾きの状態で顔料を塗り重ねるウェット・オン・ウェットの技法ではこの技法のさまざまなヴァリエーションが可能になるでしょう。しかし、基本的にハイライトは最後に加えるものです。