チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき

f:id:tanazashi:20170203162411j:plain

 

オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき

2017年2月4日(土)~5月21日(日)東京・丸の内の三菱一号館美術館

ポール・ゴーギャンや日本の浮世絵などの影響を受け、19世紀末パリで結成された背前衛的な若手芸術家集団が「ナビ派」です。

f:id:tanazashi:20170203164007j:plain

美術学校で出会ったポール・セリュジエ、ピエール・ボナール、モーリス・ドニらを中心に1888年に結成されました。ヘブライ語で預言者を意味する「ナビ」を自称し、非写実的な手法や内面的な題材を用いた絵画作品を制作しました。

http://www.cinra.net/uploads/img/news/2016/20161216-nabis.jpg

 

公園や子どもなどの日常的な主題を描く一方で、夢や幻想といった非日常の世界を取り上げています。平坦な色使いと洗練された装飾性。目に見えない者を描く精神性を併せ持つ両義性・二面性がナビ派芸術の特徴です。印象主義を超越し、20世紀の抽象絵画の到来を預言するかのような表現は、西洋美術史の中で欠かせない位置づけとなっています。

http://tzcat.com/wp-content/uploads/2015/09/20150927-05.jpg

同展ではオルセー美術館に収蔵されているナビ派のコレクションから約80点を展示します。会場は6章構成となり、日本の浮世絵から影響を受けた要素や、宗教的な精神性からインスピレーションを受けた一面などを紹介します。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/20/Serusier_-_the_talisman.JPG/800px-Serusier_-_the_talisman.JPG

ナビ派は、20世紀初頭には近代美術史から忘れ去られ、再評価が進んだのは20世紀後半になってからのことでした。

http://www.enyen.jp/blog/milano/bona-2.jpg

 

 

展覧会

オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

 

書籍

 

かわいいナビ派

かわいいナビ派

 
ヴュイヤール:ゆらめく装飾画 (「知の再発見」双書166)

ヴュイヤール:ゆらめく装飾画 (「知の再発見」双書166)

 
まるごと三菱一号館美術館―近代への扉を開く

まるごと三菱一号館美術館―近代への扉を開く