チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館アートシーン2月12日

f:id:tanazashi:20170304094619p:plain

 

1.並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性(東京都庭園美術館

f:id:tanazashi:20170304094656p:plain

 

会期:2017年1月14日(土)– 4月9日(日)

明治時代、輸出用美術工芸として人気を博した七宝。並河靖之(なみかわ・やすゆき、1845-1927)は、その中でも繊細な有線七宝により頂点を極めた七宝家です。没後90年を記念する本展は、初期から晩年までの作品を一堂に会する、初めての回顧展です。

f:id:tanazashi:20170304094732p:plain

京都の武家に生まれた靖之は、久邇宮朝彦親王に仕えたのち、明治維新後に七宝業に取り組み始めます。知識や資材が無い中、試行錯誤して技術・意匠の改良を進め、やがて内外の博覧会で成功を収めます。工房には外国からの文化人が多数訪れ、“京都並河”ブランドは新聞や雑誌を通して海外へと紹介されました。明治29年(1896)には帝室技芸員となり、当代一流の工芸家としての地位を確立します。大正期に入ると七宝業全体の生産額が落ち込み、並河も工房を閉鎖、その名は次第に忘れ去られて行きました。
しかし近年、明治工芸への関心の高まりに伴い再び注目が集まっています。細密な植線、豊かな色彩、四季折々の花鳥風月、そして研ぎ澄まされた透明な黒い釉薬―。類まれな技術のみに留まらず、洗練された感性に基づき制作された七宝は、100年以上の時を経てなお光を放ち、人々を魅了します。

f:id:tanazashi:20170304094643p:plain

本展では、国内外の七宝作品に加え、下絵等の関連資料を通して、その全容を明らかにします。

www.teien-art-museum.ne.jp

 

blog.kenfru.xyz 

2.吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線(資生堂ギャラリー

f:id:tanazashi:20170304094757p:plain

 

会期:2017年1月13日(金)~3月26日(日)

資生堂ギャラリーでは、プリズムでつくられた彫刻から放たれる、虹の光線による神秘的な光を体感する吉岡徳仁氏による新作のインスタレーションを展示します。自然哲学者であるニュートンは透明な多面体プリズムに太陽光を通して、光の中には様々な色の光が重なり合って存在するものだと示し、私たちは日々、自然から色を学び、感じてきました。そのプリズムによって分光された光が、美しい虹色の光線となったスペクトルを放ちます。
吉岡徳仁氏は、デザイン、アート、建築など、幅広い領域において、自由な着想と実験的なテクノロジーから生み出される作品により、世界に影響を及ぼす創り手の一人として、国内外で高く評価されています。吉岡氏はこれまで、自然と人間の関係性に着目し、光がもたらす感覚を追求し研究を重ね、独自の手法で作品を表現してきました。
2013年、東京都現代美術館で開催された個展「TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize」では、プリズムによって作られた「虹の教会 - Rainbow Church」、また、2011年に開催された「第54回ヴェネツィア ビエンナーレ国際美術展」では、建築プロジェクト「ガラスの茶室 - 光庵」を発表し、その建築は、2015年に京都の重要文化財に指定された天台宗青蓮院門跡境内将軍塚青龍殿の大舞台に設置されました。そのガラスの茶室と自然の光を一体化させることで、感覚の中に存在する日本文化の本質を見ることを試み、世界の注目を集めました。
本展においても、吉岡徳仁氏の新たな試みにご期待ください。

www.shiseidogroup.jp

3.江戸の絶景~雪月花(太田記念美術館

f:id:tanazashi:20170304094823p:plain

 

会期:2017年2月3日(金)~3月26日(日)

2014年流行語大賞にノミネートされるほど話題となった「絶景」。今なお国内外の絶景を紹介するサイトやテレビ番組は人気ですが、実は江戸の人々も現代人に負けず劣らず絶景が大好きだったようです。江戸時代後期、各地の名所や歴史を絵入りで紹介する地誌が刊行され、浮世絵にも全国や江戸市中の景勝地、奇観が数え切れないほど登場するようになります。絵師たちは四季に彩られた麗しい景色はもちろん、人里離れた秘境や、断崖絶壁に寺院が建つ幻想的な絶景もとらえています。さらに空想上の視点―遥か上空から見下ろす―なども駆使し人々の想像を超える「見たこともない景色」を次々と描き出していたのです。
 本展では歌川広重を中心に葛飾北斎歌川国芳などが描いた絶景を「雪」「月」「花」「山と水辺」「寺社」のテーマにわけご紹介いたします。美術館での絶景めぐりをお楽しみください

www.ukiyoe-ota-muse.jp

4.フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展(福岡市博物館

f:id:tanazashi:20170304094840p:plain

 

会期:2017年1月14日(土)〜 3月20日(月・祝)

この度、フィンランド独立100周年を記念して、多くの人々に愛され続けているフィンランド・デザインを紹介する展覧会を開催いたします。「森と湖の国」と言われる自然豊かなフィンランドですが、夏は白夜、冬は極寒という人々が生活をするには大変厳しい環境下にあります。しかし、フィンランドに住む人たちは、昔から自然と共に生き、その生活の中から楽しみを見い出しつつ日々の暮らしを送って来ました。

フィンランドの巨匠アルヴァ・アアルト(1898-1976年)やカイ・フランク(1911-1989年)をはじめとする多くのフィンランド人デザイナーたちも、やはり創造の源には「自然と人間との調和」に重きを置いており、永く愛され日常で使われ続けるような、シンプルかつ明るいデザイン作品を生み出してきました。

それらは時代が変わっても廃れることなく、技術の進歩や新しい動向に合わせてしなやかにその姿を変えて行き、現在でも未来へとつながる新しいデザインが新世代のデザイナーたちによって生み出され続けているのです。

本展では、独立以前の装飾芸術から現在までの100年に及ぶフィンランド・デザインを6つのセクションに分け企業や各分野の主要なデザイナーに焦点を当てて描きます。

 

5.生誕110年記念 吉岡堅二展(田辺市立美術館)

f:id:tanazashi:20170304094955p:plain

 

会期:2017年2月11日(土・祝) → 3月26日(日)

新しい日本画の表現を追及し続けた画家、吉岡堅二(1906-1990)の生誕110年を記念して、その画業を回顧します。

吉岡堅二は1906(明治39)年に日本画家、吉岡華堂の次男として東京に生まれます1926(大正15)年、20歳のときには帝展に初入選します。1930(昭和5)年の帝展では特選を受賞するまでになりますが、この頃より西洋絵画の手法を取りこんだ表現を自身の制作に用い始め、新しい感覚の日本画を発表して注目されます。やがて志を同じくする若い画家たちとともに「山樹社」、「新日本画研究会」、「新美術人協会」といった会を結成して斬新な作品を積極的に発表し、日本画の革新を牽引する存在となってゆきました。
その活動は戦争で一時止まりますが、戦後間もなくに、山本丘人、上村松篁らとともに、「我等は世界性に立脚する日本絵画の創造を期す」との綱領を掲げて「創造美術」を旗揚げし、以後の「新制作協会日本画部」、「創画会」においても、現代的な日本画の表現を世に問う力作を次々と発表して、常に会を代表する画家の一人として活躍しました。
また一方では、1959(昭和34)年から東京藝術大学の教授に就任して後進の指導にあたり、法隆寺金堂壁画の模写にも1940(昭和15)年、1967(昭和42)年の二度にわたって携わるなど、古典的な画材、技法に精通した画家としても評価は高いものでした。
このような多彩な活動を展開して、1990(平成2)年に83歳で亡くなった吉岡堅二の芸術を、初期から晩年までの作品約40点によって振り返ります。

生誕110年記念 吉岡堅二展|田辺市

6.DAVID BOWIE is(寺田倉庫G1ビル(天王洲))

f:id:tanazashi:20170304095015p:plain

 

会期:2017年1月8日(日)~4月9日(日)

2013年に英国の芸術とデザインの殿堂、 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されて以来、世界9都市を巡回。 約150万人を動員した 『DAVID BOWIE is』 が、アジア唯一の開催地となる日本に上陸する。 この壮大なスケールの回顧展には、 デヴィッド・ボウイのキャリアを網羅する300点以上の貴重なアイテムが集められ、誰でもなりたい人間になれるのだと教えてくれた不世出のアイコンが、人々をインスパイアし続ける理由を解明。 マスコミの絶賛を浴び、 ファンを熱狂させ、 各地で大ヒットを博した最高のロックンロール・ショウ!

davidbowieis.jp

メディア情報:NHK Eテレ「日曜美術館 アート―シーン」(2/12) | DAVID BOWIE is