読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン3月5日

f:id:tanazashi:20170305181956p:plain

 

1.エリザベス ペイトン:Still life 静/生 原美術館

f:id:tanazashi:20170305181407p:plain

 

会期:2017年1月21日(土)~5月7日(日)

90年代半ば、ミュージシャンや歴史上の人物、あるいは恋人や愛犬など、自身にとって“憧れ”の存在や“美”を描いた肖像画が、時代に新風をもたらす“新しい具象画”と称されたアメリカの女性作家、エリザベス ペイトン。近年では風景や静物、オペラからもインスピレーションを得るなどその表現を一層深め、各国で高い評価を得てきました。透明感のある特有の色彩、素早くも繊細な線によって、対象をただならぬ美しさを湛える存在に変貌させるペイトンの絵画は、私たちを純粋な鑑賞の喜びへと誘い、魅了し続けています。本展は、日本では紹介される機会の少なかったペイトンの25年の画業を40点を越える作品群にて一望する、日本の美術館での待望の初個展です。

f:id:tanazashi:20170305181810p:plain

f:id:tanazashi:20170305181837p:plain

http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/EfqidXFuato43SHDrU1Y/

 

blog.kenfru.xyz

 

 

2.見世物大博覧会  国立歴史民俗博物館

f:id:tanazashi:20170305181437p:plain

 

会期:2017年1月17日~3月20日

今回の展示は、江戸時代から明治にかけて大いに流行し、大正、昭和を経て現代に至るまで命脈を保ってきた多種多様な見世物の様相を、主に国立歴史民俗博物館と個人が所蔵する絵看板・錦絵・一枚摺やなどの展示を通して紹介するものです。

f:id:tanazashi:20170305181900p:plain

特集展示|展示のご案内|国立歴史民俗博物館

3.夢二と京都の日本画 静岡市美術館

f:id:tanazashi:20170305181450p:plain

 

会期:2016年2月18日(土)~3月26日(日)

岡山県出身の竹久夢二(1884-1934)は、明治34(1901)年に単身上京、苦学しながら投稿したコマ絵(新聞等の紙面に挿入される独立した絵のこと)で認められ、明治42(1909)年に『夢二画集 春の巻』を出版し人気を集めました。
出版物での活躍から出発した夢二が、初めて肉筆画やスケッチを披露したのは大正元(1912)年のこと。記念すべき初個展の会場は京都府立図書館でした。また、大正5(1916)年11月から2年間京都に住み、大正7(1918)年には府立図書館で再び個展を開くなど、京都に足跡を残しています。
明治末期から大正にかけての京都では、日本画と西洋絵画の融合をはかった竹内栖鳳(たけうち せいほう)や、気品溢れる美人画を描いた上村松園(うえむら しょうえん)らが充実した制作ぶりを見せていました。より若い世代の土田麦僊(つちだ ばくせん)や小野竹喬(おの ちっきょう)たちは海外の新思潮に影響を受け斬新な日本画を模索し、国画創作協会の創立へと進みました。
本展では、こうした時代の京都に夢二が滞在したことに注目し、夢二の作品と資料約80点に京都の日本画約40点を合わせた約120点を一堂にご紹介します。夢二の京都滞在からちょうど100年を経た節目に、画壇とは異なる活躍の場を求めた夢二と、京都画壇の作品を引き合わせ、同時代の表現として捉え直す試みです。

「夢二と京都の日本画」|静岡市美術館

4.絵本はここから始まった―ウォルター・クレインの本の仕事 滋賀県立近代美術館

f:id:tanazashi:20170305181735p:plain

 

会期:2017年2月4日 ~ 2017年3月26日

ウォルター・クレイン(Walter Crane 1845-1915)は、19世紀後半にイギリスで活躍し、現代の絵本の基礎を築いた重要な画家として知られています。

 1845年、画家の息子としてリバプールに生まれたクレインは、13歳の時、木口木版の工房に入り、そこでデッサンの基礎を学びます。その後クレインは、多色刷木口木版の技術を開発した彫版師・摺師のエドマンド・エヴァンズにその才能を見いだされ、二人は1865年に全頁カラー刷りのトイ・ブック(8-12頁ほどの簡易なつくりの絵本)を生み出します。それまで絵本のカラー印刷は表紙に限られ、なかの挿絵ページは手彩色でしたので、これは画期的な出来事でした。以来、クレインはエヴァンズとともに、絵本のヒット作品を次々と世に送り、一躍有名になります。

 1877年以降、クレインはトイ・ブックの仕事から手を引きますが、生涯、子ども向け・大人向けの挿絵の分野で数々の傑作を生み出します。その一方で、壁紙、テキスタイル、室内装飾などのデザイナーとして、またアーツ・アンド・クラフツ運動の推進者、社会主義活動家、装飾芸術の理論家、教育者、画家として多方面で活躍しました。

 本展は、本の仕事を中心に、クレインの芸術を本格的に紹介する日本で初めての展覧会で、クレインのほぼすべての絵本と主要な挿絵本を網羅する約140点の作品を展観します。またクレインとともに絵本の黄金時代を築いた画家グリーナウェイコールデコットの作品約40点もあわせて展示し、ヴィクトリア朝のイギリスで華麗な花を咲かせた挿絵本の世界をご堪能いただきます。

絵本はここから始まった―ウォルター・クレインの本の仕事 | 滋賀県立近代美術館

 

5.興福寺中金堂再建・法相柱柱絵完成記念「興福寺の寺宝と畠中光享展」  日本橋髙島屋

f:id:tanazashi:20170305181507p:plain

 

会期:2017年1月11日(水)〜1月23日(月)【東京展】以降全国巡回

2018年の法相柱貼り上げ前に、法相の教義「唯識」を確立し発展させった14人の祖師 画を初公開。合わせて、法相宗の教義や中金堂再建に関わる興福寺所蔵の宝物や、 奉納する祖師画を制作した畠中光享画伯の代表作・新作を展示いたします。

kohfukuji-hatanaka.exhn.jp

 

6.柳宗悦民藝運動の作家たち 日本民芸館

f:id:tanazashi:20170305181518p:plain

 

会期:2017年1月8日(日)~3月26日(日)

柳宗悦と共に民藝運動を推進したバーナード・リーチ河井寛次郎濱田庄司、芹沢銈介、棟方志功の作品を展観し、運動を牽引したその魅力にせまります。また彼らに続く舩木道忠・研兒、黒田辰秋、柳悦孝、金城次郎、鈴木繁男、岡村吉右衛門、柚木沙弥郎ほかの作品も併せ、さらに宗悦の書や原稿、関係書籍なども展示し、民藝美に触発された作家たちの仕事を紹介します。

f:id:tanazashi:20170305181911p:plain

mingeikan.or.jp