チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

人の脳はパターン認識から逃れられない

f:id:tanazashi:20170307174630j:plain

 

人間の脳は人の顔を僅かな違いで識別することが出来ます。パターン認識*1です。しかし、これにはいい面と悪い面があります。脳は網膜に映し出されたさまざまなパターンを認識して、これまで学習した既存のものに結びつけようとします。

http://home.hiroshima-u.ac.jp/tkurita/spr/img/image001.png

しかし、これまでに見たこともないようなものを生み出すことは苦手です。脳のパターン認識の網の目をくぐって、一瞬では何かわからないようなものを作るのはアーチストにとって自由ような課題です。見慣れたものを見慣れなくすることは、新たな視覚言語をつくる上で決定的なのです。

 

*1:自然情報処理のひとつ。 画像・音声などの雑多な情報を含むデータの中から、一定の規則や意味を持つ対象を選別して取り出す処理のこと