チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「今が いとおし~鬼才 長谷川利行(はせかわとしゆき)~」

f:id:tanazashi:20170312194506p:plain

 

 

日曜美術館「今が いとおし~鬼才 長谷川利行(はせかわとしゆき)~」

1930年代、東京の風景や人々を描いた画家、長谷川利行簡易宿泊所などに寝泊まりする生活。現場で猛烈な速さで描く絵。長谷川利行の独創的な絵の魅力を探る。

f:id:tanazashi:20170312194510p:plain

1930年代、東京中を歩き回り、機関車庫やガスタンクなどの風景をはじめ、盛り場の踊り子やウエイトレスなど名もなき人々を描き続けた画家、長谷川利行。街角やカフェなどの現場で猛烈なスピードで描く利行の絵は、独創性に溢れていた。簡易宿泊所などに寝泊まりしながら、描いた絵を惜しげもなく宿代や、酒代として売った利行。長谷川利行の破天荒な暮らしぶりを浮かび上がらせ、その独創的な絵の秘密と魅力を探る。f:id:tanazashi:20170309223543p:plain

【出演】美術評論家…原田光,星裕典,大衆演劇研究家…原健太郎,不忍画廊会長…荒井一章,福井龍太郎,伊東敏恵

放送日

2016年3月12日

番組

f:id:tanazashi:20170312194444p:plain

昭和初期の東京を、誰にもまねできない独創的なスタイルで描き留めた画家がいます。長谷川利行。通称、利行と呼ばれました。利行は簡易宿泊所などに寝泊まりしながらひたすら街を歩き絵を描きました。

f:id:tanazashi:20170312194443p:plain

大時計が取り付けられて評判になった上野駅の地下鉄ストア。当時最先端のビルは、画家の荒々しい筆さばきで形もゆがんでいます。

f:id:tanazashi:20170312194441p:plain

 

利行の絵の多くはその現場で描かれました。街角や酒場、劇場に中が利行のアトリエでした。安来節を歌う芸人をかぶりつきに陣取り、歌を口ずさみながら描いた絵です。その筆さばきは猛烈なスピードでした。

f:id:tanazashi:20170312194437p:plain

この喫茶店の女性の絵はわずか一時間でできあがりました。利行は描いた絵を酒代や飯代などわずかなお金で惜しげもなく売りました。これは宿代代わりに置いていった絵です。
「なんで早描きして、アトリエもない状態で描いて、こんなものができるのか。それ不思議だな」
利行はこんな短歌を残しています。
「人知れず くちも果つべき身一つの 今かいとほし 涙拭わず」 
妻もなく子もなく、家もなく。ただ絵を描く今をいとおしむように生きた画家・長谷川利行。絵と人生を見つめます。

f:id:tanazashi:20170312195746p:plain

昭和初期、東京は関東大震災からの復興に取り組んでいました。国会議事堂を代表とする建物の建設。道路や橋などのインフラ整備。近隣の町村を合併するとともに、地方から人々が流入し、大東京と呼ばれました。長谷川利行が東京に住み着き、画家として活躍を始めたのはそんな時代です。

f:id:tanazashi:20170312195806p:plain

利行が絵のモチーフに選んだのは大東京を支える目新しい造形物でした。隅田川沿いにガスタンクが並ぶ東京ガス千住事業所。当時一般家庭にも急速に普及するようになったガス。f:id:tanazashi:20170312195818p:plain   ガスタンクは円筒形でした。利行は現場に赴き、道ばたにイーゼルを置き一気に描きました。 

f:id:tanazashi:20170312195914p:plain

ガスタンクを真正面に見据えた光景です。利行が描く姿を見ていた人物がいます。親しい友人だった詩人で画家の矢野文夫です。

f:id:tanazashi:20170312201917p:plain

「利行はそれこそ台風のようなすさまじさで、チューブのまま絵の具をビュツビュツとなすりつけ、ナイフで削り、ウォッウオッと咆哮しながら描き続けた。赤朱緑の原色。爆発するような筆勢の激しさ。見ている私も圧倒された」f:id:tanazashi:20170312201930p:plain

 

昭和初期。すでに環状運転を始めていた東京の山手線。その駅の一つ田端駅付近の風景も利行のお気に入りでした。

構内には機関車の車庫がありました。たくさんの蒸気機関車が並ぶこの風景を履行は絵にしました。

f:id:tanazashi:20170312201951p:plain

赤茶けた地面と機関車庫。その前に塊うごめく真っ黒な機関車。

渥美清は戦後この絵を展覧会で見て魅了されました。

 「仕事が思うようになかったあの頃。西日が差し込む田方の下宿の赤茶けた畳に寝転んで、あー金があったら。仕事にありつけたらと、鬱々としていた。ふとしたことで惹かれるように見た「田端機関車庫」という絵があった。このヒトが、この絵を描いたとき、田端は寒かったのか?お腹がすいていなかったのか?あの仕事がなかった田端の夕暮れを思い出すと、いしかそれは、長谷川利行の田端風景となって浮かんでくる。私に絵などわかる訳はない。ただいつまでも忘れられない絵がこの世にあるものだと思う」f:id:tanazashi:20170312212310p:plain
明治24年。京都に生まれた長谷川利行。もともと文学青年で20代は絵よりも短歌に打ち込み、歌集も出しています。

大正12年に起きた関東大震災。この頃上京していた利行は死者・行方不明者10万人を超えた大震災を経験します。

f:id:tanazashi:20170312212329p:plain

 

利行が本格的に絵を描き出すのはこの大震災の後からでした。そのころ、こんな言葉を残しています。
「宣言をする。本当のことだけの仕事をしていのちの無駄遣いをやめる」

f:id:tanazashi:20170312212411p:plain

 

30代になり画家として活躍を始めた利行。田端駅にほど近い民家の離れの物置小屋で暮らしました。その様子を矢野文夫はこう回想しています。
「部屋の中一面に白いモノが散らばっている。それはデッサンの紙が部屋一面に雪のように散らばっていたわけである。利行はどこにいるかというと、部屋にテントを張って、その中で新聞紙にくるまって寝ていた。「どうして家の中にテントなんて張るんだ」といったら、どうしても雨が漏ってしょうがないのでといって、かすかに笑った。そこいら編に七輪があり、バケツがあり、そこで魚を焼いたり、米を炊いたり、自炊していたのです」

f:id:tanazashi:20170312212119p:plain

利行は昼間は下町一帯を歩き回りながら絵を描き、夜は酒場に入り浸りました。特に好んだのが浅草にある「神谷バー」でした。デンキブランを何杯もあおったといいます。

「アルコールは芸術である」

f:id:tanazashi:20170319172402p:plain

天井が高く太い梁が目立つ室内。肩を寄せ合うように大勢の客たちが酒を飲んでいます。この店で絵を描く利行の様子を友人の画家が回想しています。

「浅草のバーに、ガスタンクの横町に彼はガランス(茜色)を塗り、エメラルドを塗り、白を塗っていた。しかも、子供のように無心に喜びを持って。日暮れ、エメラルドやガランスに輝く絵をテーブルにのせて酒を注文する彼は実にうれしそうであった。絵を描くこと。酒を口にすることの刹那刹那が彼の人生であった」熊谷登久平

大東京の盛り場の新しい風景を次々に絵にしていった利行。日本で本格的に走った地下鉄の光景も描きました。

f:id:tanazashi:20170319173118p:plain

浅草駅の構内。改札口付近の人だかりです。和服姿の女性やはっぴを着た職人たち。都会にうごめく群衆の姿です。

刹那刹那に生きた利行の生活は次第に周囲を巻き込むようになります。

f:id:tanazashi:20170319173535p:plain

「私の家の玄関に座り込んで、絵を買わなければ金輪際動かなかった。根負けしてわずかばかりの小銭をつかませると最敬礼して引き下がるのだが、四五日すると絵に加筆したいからといって持ち出し売り飛ばすということをやった。その手口は誠に言語道断で、長谷川が来ると女房もなりを潜めて玄関に出ようとしなかった」 

f:id:tanazashi:20170319174110p:plain

 

f:id:tanazashi:20170319174608p:plain

親友の矢野文夫の紹介で利行は岸田の肖像がを描きました。「あるとき、『先生ほどの大家が私にくれる小金がないはずはない』と居直り、『それでは、そこの書棚の本を持って行き給え』と岸田氏が突っ放すと、『ああそうですか。ちょっと大風呂敷を貸してください』といい、利行は書棚の本を片っ端から大風呂敷に投げ込んで悠々と立ち去った」

f:id:tanazashi:20170319175721p:plain

歌人前田夕暮肖像画を押し売りされました。

「夜の十時頃、突然30号大の画布を担ぎ込んできて、私に肖像を描かせてくれというので私は少し驚いた。明日にしてくれと行ったが、是非今夜描くといって聞かない。書斎に上がってみると画布を壁に立てかけてじっと待っていた。そして籐椅子に腰を下ろした私の顔をしばらく凝視していた彼は、たちまち嵐のように画布に絵の具をなすり始めた。

f:id:tanazashi:20170319175811p:plain

私はこのとき、彼のすさまじい原動力を持った縦横無碍の霊ある手を見た。彼の手はただ凶暴に暴れ回り狂い回った。そして約1時間半で描き上げてしまった。それから私は全く彼を不気味なる天才と呼ぶようになった」

f:id:tanazashi:20170319175940p:plain

酒癖が悪かった利行はその素行がマイナスに評価される画家です。しかし、利行はいつもデッサンに励み西洋の巨匠たちから学んでいたと、収集家の星裕典さんは考えています。「図書館に通い詰めていたわけです。ダリだとかミロだとかピカソ、ブラックなどを勉強しています。技法的なものを学んでいるのではなく、むしろ精神的なもの、絵画とは何かをつかんでいったと思うのです」

 

f:id:tanazashi:20170319180740p:plain

後輩の画家・靉光像。利行は靉光の古いキャンバスとパレットを使ってわずか30分で描いたといいます。画家デビューしたばかりの若者の希望と不安とを併せ持つ表情が描き出されています。

 

利行は絵を売って酒代や宿代を稼ぐ生活を続けました。

「酒場ではよくゴールデンバットの空き箱やボール紙に絵を描いては客に売って飲んでいたそうだ。案外義理堅いところがあって人になんかさせると必ず絵をくれたものだ。これから絵を売りに行くのだが、そこまで行く電車賃がないから貸してくれという。貸してやると、ではこれを取ってくれとほかの絵を差し出すのだった」熊谷守一

f:id:tanazashi:20170319195355p:plain

利行はわずかな金で自らの絵を惜しみなく人に与えました。

「彼は自分の絵を十銭でも二十銭でも夜店のバナナのようにたたき売った。書き捨てた作品はすでに彼にとって何らの魅惑でもなかった。彼はまた新たな創造の中にまっしぐらに全霊を打ち込んでいけばよかったのだ」矢野文夫

f:id:tanazashi:20170319200008p:plain

様々な人の手に渡った利行の絵。近年になって様々な場所から発見されています。福井隆太郎さんの家には利行のものと見られる絵が物置小屋に放置されていました。父親の代に家は間貸しをしていて、一時部屋を借りた利行が宿代として絵をおいていったと聞いていました。その絵がカフェ・パウリスタです。

f:id:tanazashi:20170319200442p:plain

 

取材先など 

blog.kenfru.xyz

 

yansue.exblog.jp

「今」に生きた、長谷川利行 - この画家・この作品

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

 

放水路落日―長谷川利行晩年 (1960年)

放水路落日―長谷川利行晩年 (1960年)

 
アウトローと呼ばれた画家―評伝長谷川利行

アウトローと呼ばれた画家―評伝長谷川利行

 
読んで視る長谷川利行 視覚都市・東京の色―池袋モンパルナス そぞろ歩き (池袋モンパルナス叢書)

読んで視る長谷川利行 視覚都市・東京の色―池袋モンパルナス そぞろ歩き (池袋モンパルナス叢書)

 
長谷川利行画文集 どんとせえ!

長谷川利行画文集 どんとせえ!

 
日本の名画 40 長谷川利行

日本の名画 40 長谷川利行

 

 

 

展覧会