チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「ミュシャ 未来を見つめる超大作」

f:id:tanazashi:20170416091816j:plain

 

 

日曜美術館ミュシャ 未来を見つめる超大作」

100年前のパリ、華やかな女性のポスターで大人気だったミュシャ。ところが、祖国チェコに戻って一転、緊迫した生々しい超大作を描く。一体なぜ?秘められた思いを探る。

ミュシャが50歳で祖国に戻り、16年の歳月をかけた「スラヴ叙事詩」。全20点が初来日した。チェコ国外でそろって展示されるのは世界初。まず、6m×8mという大きさに圧倒される。近づくと…どの絵にも数々の民衆が。主役はいない。なぜなのか?ミュシャが繰り返し描いたのが、戦争に巻き込まれた人々の姿。絵の中からこちらをじっと見つめる目。何を訴えているのか。時空を超えて見る者の心を揺さぶるその魅力をひもとく。

【ゲスト】演出家…宮本亜門国立新美術館 広報・国際室長 本橋弥生【出演】戦場カメラマン 渡部陽一、【司会】井浦新,高橋美鈴

放送日

2017年4月17日

f:id:tanazashi:20170416200117p:plain

華やかでちょっと官能的。きらびやかな装飾で彩られた女性のポスター。一度は目にしたことがありませんか。f:id:tanazashi:20170416200210p:plain一転してぞっとするような描写。作者は同じ一人の画家です。パリで脚光を浴びたアルフォンス・ミュシャは突然祖国・チェコに戻ります。そこで描いたのは戦争に巻き込まれた人々。そのリアルさは見るものを揺さぶります。

 

f:id:tanazashi:20170416200233p:plain

まるで別人のような作品を何故描いたのか。

f:id:tanazashi:20170416200159p:plain

その謎に迫る展覧会が今東京で開かれています。チェコの国外でそろって紹介されるのは今回が初めてです。

 

f:id:tanazashi:20170416200248p:plain

100年前、ミュシャが活躍した時代、芸術の都パリでは、アール・ヌーヴォーと呼ばれる新しい装飾芸術が花開きました。

f:id:tanazashi:20170416200405p:plainこうした草花をモチーフを特徴とします。ミュシャアール・ヌーヴォーを広めた立役者でした。なぜ人気を博すことができたのか。その秘密は斬新な発想にありました。

 

f:id:tanazashi:20170416200425p:plain

代表作の一つシャンパンの広告ポスター。ゴージャスな宝石を身に着けた女性がさりげなくグラスを傾けます。

f:id:tanazashi:20170416200432p:plain

同時代のほかのポスターがかと比較してみます。右は黒猫と呼ばれるキャバレーの広告です。当時はひと目でなんの広告かわかるデザインが常識でした。しかし、ミュシャはその真逆。過剰とも思える豊かな装飾で人々の目を釘付けにしました。

f:id:tanazashi:20170416200445p:plain

ミュシャの華やかなデザインは一人の女優との偶然な出会いがきっかけで生まれました。

f:id:tanazashi:20170416200451p:plain

毎晩棺桶のベッドで眠るなど自ら伝説を作り上げた女優、サラ・ベルナール。演劇界の女王でした。ベルナールは自分の演劇公演のポスターを描いてくれる画家を探していました。ミュシャは陶冶再。チェコから出てきたものの目が出ずにいました。そんなときたまたまベルナールからの依頼を受けることになったのです。

f:id:tanazashi:20170416200456p:plain

ミュシャが描き上げたポスターはパリ中で大評判になります。

f:id:tanazashi:20170416200509p:plain

頭を草花のモチーフでデザインしたポスターでベルナールの華やかさを強調しました。このとき華麗で過剰なミュシャのスタイルが誕生しました。実はその影にはミュシャの知られざる努力と探求がありました。

f:id:tanazashi:20170416200516p:plain

ミュシャ自身がまとめた図版臭がデザイン学校の図書館に残されています。出てきたのは大量の草花のデッサン。装飾に使う草花のリアルさを徹底的に追求していました。

f:id:tanazashi:20170416200901p:plain

ミュシャの代表作「四つの花」。

 

f:id:tanazashi:20170416200908p:plain

女性を彩るユリのデザインはどのように生まれるのか?

f:id:tanazashi:20170416200917p:plain

ミュシャはユリの花の細部をつぶさに観察しデッサンを描きます。花を分解し、雌しべや雄しべの一本一本まで丹念に写しています。

f:id:tanazashi:20170416200932p:plain

そのリアルさを大切にしながら、その一つ一つを描きます。華麗な装飾はデッサンから生み出されていたのです。女性を彩る花は単なるパターンの繰り返しではなく、一つ一つの形や色が微妙に違います。デザインに秘められた徹底したリアリティ。それがやがてあの超大作に結びついていくのです。

 

取材先など

番組は先日放送された特集と同じスタッフが制作に当たったものです。特集と見比べると様々な発見があります。 

blog.kenfru.xyz

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍 

アルフォンス・ミュシャポストカードブック〔ちいさな美術館シリーズ〕

アルフォンス・ミュシャポストカードブック〔ちいさな美術館シリーズ〕

 

 

展覧会f:id:tanazashi:20170410225335j:plain

ミュシャ展|企画展|展示会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO