チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「武士か!絵師か!桃山 孤高の巨匠 海北友松(かいほうゆうしょう)」

f:id:tanazashi:20170423141524p:plain

 

 

日曜美術館「武士か!絵師か!桃山 孤高の巨匠 海北友松(かいほうゆうしょう)」

f:id:tanazashi:20170423141207p:plain

桃山画壇の巨匠・海北友松。大迫力の龍、豪華な牡丹、独自の画風で武家から朝廷まで魅了した。60年ぶりに帰還する最晩年の傑作「月下渓流図屏風」の神秘的な世界に迫る。

桃山文化、狩野派、長谷川派が画壇を席けんする中、独自の画境を開いた絵師・海北友松。武家に生まれた友松は刀を絵筆に持ちかえて活躍。雲間から妖しく現れる「雲龍図」、金碧に濃い色を施した豪華な「花卉図屏風」など独自の画風で、武家から朝廷まで魅了した。最晩年の作品「月下渓流図」は、“奇跡の名画”とも称される傑作。戦後アメリカに渡り、今回60年ぶりに里帰りするこの神秘的な絵の魅力に迫る。

http://www.kyohaku.go.jp/jp/special/img/20170411/2017_yusho01.png

【出演】画家…山口晃,京都国立博物館 学芸部長…山本英男,【司会】井浦新,高橋美鈴

放送日

2017年4月23日

 f:id:tanazashi:20170429095645p:plain

この春60年ぶりにアメリカから日本に奇跡の名画が帰ってきました。「月下渓流図屏風」。早春の夜明け前の一瞬の輝きをとらえた作品です。

f:id:tanazashi:20170429095942p:plain

春を告げるつくし。松の木の幹は霧に覆われ幻想的な雰囲気です。戦乱の時代を生き抜いた絵師、海北友松が最晩年に描いた水墨画です。

f:id:tanazashi:20170423183253p:plain

海北友松は1533年。戦国時代のさなか、琵琶湖の北を治める浅井家の家臣の家に生まれました。

 

f:id:tanazashi:20170423183257p:plain

しかし、三歳のとき京都の禅寺・東福寺に預けられます。父が戦で亡くなり、海北家の血筋を守るために出家することになったといいます。

f:id:tanazashi:20170423183258p:plain

友松には絵の才能が備わっていました。最大の絵師集団・狩野派に入門。棟梁の永徳に直接師事するほどでした。

f:id:tanazashi:20170423183300p:plain

友松のもっとも初期の作品と言われる「菊慈童図屏風」。この作品には狩野派。とくに永徳の影響が色濃く見られます。

f:id:tanazashi:20170423183303p:plain

葉の一本一本まで丁寧に描きこもれた松。端正な画面構成は永徳が得意としたものでもありました。

f:id:tanazashi:20170423183305p:plain

岩の打ち込みはこれでもかというほどの勢いですが、この表現は永徳が得意としたものです。狩野派の中で高く評価されていたという友松。永徳に代わって絵を任されることもあったと言われています。

 

f:id:tanazashi:20170423183249p:plain

友松41歳の時、海北家の使える浅井長政織田信長との戦いに敗れます。海北家の家長であった兄・海北大膳が命を落とします。友松が残したという言葉があります。誤りて芸家に落つとは、自分は武士の血を引いているのに絵師となった。武士の本文を全うできない我が身が嘆かわしい。こうした思いが影響を与えたのか、友松の画風が変わり始めます。

f:id:tanazashi:20170423183251p:plain

60代はじめに友松が描いた「花鳥図襖」 。幼い頃から寺で様々な文化人と交わったことが独自の感性を育んだのでしょうか。余白を大きくとった画面構成は可能はとは一線を画す新たな表現方法です。

f:id:tanazashi:20170429103417p:plain

「松に叭々鳥図」 からは友松独自のスタイルが見て取れます。左席中央には濃墨で描かれたつがいの鳥が静かに留まっています。松の枝は力強く一気呵成に引かれています。一方で、薄い墨で描かれた太い幹。幹の上下は霧に包まれたように途中で消えています。大胆に余白を用いた構図は友松独自のスタイルとなっていきました。

f:id:tanazashi:20170429105416p:plain

友松の個性は豊臣秀吉の心をも捉えました。秀吉は既成の価値観にもとらわれない 新しいものを探し求めていました。

f:id:tanazashi:20170429105540p:plain

重臣として秀吉を支えた米沢藩主上杉景勝。その生涯を記録した上杉家文書に海北友松の奇才が残されています。

f:id:tanazashi:20170429105734p:plain

景勝が京都に建てた邸宅に、主君・秀吉が訪れる御成がありました。互いの信頼を確認する重要な場で、秀吉が景勝に贈ったのが友松の屏風絵だったというのです。天下人にふさわしい絵は超一流の絵師が任されたと考えられます。武士として一家の危機を救えなかった友松は絵筆を手に戦国の世を戦っていました。  

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

 

展覧会

海北友松(1533~1615)は狩野永徳長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。近江浅井家の家臣の家に生まれた友松は還俗して狩野派の門に入って絵の道に進んだと言われています。友松が頭角を現したのは60代になってからのことでした。鋭い筆遣いで描かれた気迫あふれる水墨画や詩情豊かな水墨画はほかの誰とも似ていないことから、京都の寺院の障壁画や屏風画の人気をさらいました。最晩年の傑作「月下渓流図屏風」は60年ぶりの里帰りです。

https://pbs.twimg.com/media/C9GhMwyUIAA76ED.jpg

開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう) | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum

開催期間:4月11日~5月26日