チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

いちどハマるとクセになる・・「びじゅチューン!」

f:id:tanazashi:20170425215620p:plain

 

子どもにもウケるヘンな美術番組が「びじゅチューン!」(毎週火曜午後7時50分/再放送 水曜午後10時45分)

世界の「びじゅつ」を歌とアニメで紹介する番組です。美術作品をテーマにしたオリジナルの曲が、ユニークなアニメーションとともにヘビロテ(繰り返し放送)されます。

www.nhk.or.jp

作詞、作曲、アニメ、歌すべてを手がけるのは映像作家の井上涼*1。さん。f:id:tanazashi:20170425215622p:plain

4月25日放送は、厳島神社の大鳥居をテーマにした作品「厳島ライフセーバー」。大鳥居の柱をムキムキした筋肉に見立てると、さながら大海原から海水浴客の安全を見守るライフセーバーのようにも見えます。 

f:id:tanazashi:20170425215626p:plain

下手なのかうまいのかわからないのが、視聴者に警戒心を抱かせない秘訣かもしれません。加えて絵につけられた曲も、軸を外して投げた変化球に近い味わいで、一度効いたら夢に出てきそうな怪しさにあふれています。

f:id:tanazashi:20170425215624p:plain

 子ども(といっても幼児)には大受けすること必死の作品になっています。

f:id:tanazashi:20170425215629p:plain

 

「大学卒業と同時に二足のわらじを履きながら作品づくりをしてきました。Eテレの『テクネ 映像の教室』への出演がきっかけで倉森さんと知り合い、『びじゅチューン!』のレギュラー化を機に会社を辞めて独立しました」

と語る井上さんは、番組中盤にある美術作品を紹介するコーナーに登場。わずか1分弱の実写コーナーで、美術作品の特徴や鑑賞する上でのポイントをさりげなく紹介します。なんかビックリマンチョコのお菓子みたいだなあ。

f:id:tanazashi:20170425215627p:plain

お勉強にあたる情報をアニメや歌の中に織り込まないと美術番組として認可されないからしかたがないけど、実に巧みに作り込んでいるところがさすがNHKです。 

 

びじゅチューンに目をつけたのがタカラトミー。ガチャが発売される情報が届きました。 

 

 

*1:兵庫県出身。金沢美術工芸大学卒。広告会社勤務を経て映像作家に。「赤ずきんと健康」でBACA-JA2007映像コンテンツ部門で佳作受賞