読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「失われた色を求めて~植物染め・伝統100色を今の世に~」

https://68.media.tumblr.com/2586c5c09ad0ebcf84376b876da66a95/tumblr_opx13dtS3o1uuovtmo10_540.png

 

「失われた色を求めて~植物染め・伝統100色を今の世に~」

https://68.media.tumblr.com/390c6d668ac1b517e4e9468930b3bcfc/tumblr_opx13dtS3o1uuovtmo4_1280.png

藍、紺、群青、露草…青系色だけで20以上の名称がある日本の伝統色の豊かさは、世界に例がない。千年以上伝わる技術を伝承する染織史家・吉岡幸雄*1(70)は、英国V&A博物館から永久保存用に「植物染め100色のシルク」の制作を依頼された。吉岡は、染料となる植物を求めて山中を探し自ら草を植える。色抽出の手法も奈良時代にまで文献を遡る。日本人が愛(め)でてきた「色の世界」とは?失われた色を求めた時空を越えた旅。 

放送:NHK総合2017年5月10日午後8時00分

https://68.media.tumblr.com/5f0f02c51a4e5924524f395aa068bb44/tumblr_opx13dtS3o1uuovtmo7_1280.png

https://68.media.tumblr.com/722db52c465329eb662955cf930761ca/tumblr_opx17sMo8e1uuovtmo1_r1_1280.png

https://68.media.tumblr.com/51527674b2d0fc0b754fbeae8d8918c6/tumblr_opx17sMo8e1uuovtmo2_1280.png

https://68.media.tumblr.com/83f715705881e6d3e88a50f191916c17/tumblr_opx17sMo8e1uuovtmo3_1280.png

https://68.media.tumblr.com/9ac03993391a5f163970f2b9e6c12a59/tumblr_opx17sMo8e1uuovtmo5_1280.png

https://68.media.tumblr.com/e120f129a801a7031539dc1efdde3ee5/tumblr_opx17sMo8e1uuovtmo6_1280.png

 

 

書籍等

https://68.media.tumblr.com/5583413daf8909718714ee425b980f17/tumblr_opx13dtS3o1uuovtmo1_1280.png

紫のゆかり 吉岡幸雄の色彩界

染司よしおか 京都店
京都市東山区西之町206-1

京の地にて、江戸の昔より五代を重ねた「染司よしおか」。絹、麻、木綿など天然の素材を、紫草の根、紅花の花びら、茜の根、刈安の葉と茎、団栗の実など、すべて自然界に存在するもので染めています。地下100メートルから汲み上げられる伏見の水と素材に向き合う人の手により、ゆっくりゆっくり自然とより添いながら、その美しい色は生み出されます。

TEL・FAX 075-525-2580
*工房の見学会等は行っておりません。

 

日本の色辞典

日本の色辞典

 
源氏物語の色辞典

源氏物語の色辞典

 
日本の色の十二カ月   古代色の歴史とよしおか工房の仕事

日本の色の十二カ月 古代色の歴史とよしおか工房の仕事

 
日本の色を染める (岩波新書)

日本の色を染める (岩波新書)

 
日本の色を知る (角川ソフィア文庫)

日本の色を知る (角川ソフィア文庫)

 
日本人の愛した色 (新潮選書)

日本人の愛した色 (新潮選書)

 
よしおか工房に学ぶ はじめての植物染め

よしおか工房に学ぶ はじめての植物染め

 
「藍の華」筒描

「藍の華」筒描

 
京のことのは

京のことのは

 

 

*1:日本の染織史家・染色家。染司よしおか五代目当主。美術図書出版「紫紅社」代表。 古代の染色技術の復元を行っており、薬師寺東大寺などの文化財の復元などに携わる傍ら、執筆業、講演などの活動も盛んに行っている