チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「荒木経惟 写狂老人A」展

荒木経惟 写狂老人A』展が、2017年7月8日(土)~9月3日(日)まで、東京オペラシティ アートギャラリーにて開催されます。

http://www.operacity.jp/ag/exh199/pre_img/exh199.png

 

「写狂老人 A」のタイトルは、老境に入り一層精力的に制作を続けた絵師・葛飾北斎が70代半ばで「画狂老人卍」と号したことになぞらえて、荒木自身を表した言葉です。

http://www.operacity.jp/ag/exh199/pre_img/02araki_yuen02.jpg

荒木が本展に向けて制作した最新作を中心に、荒木の制作の原点とも言える1960年代のスクラップブックなども交えながら、1,000点を超える作品が紹介されます。

http://www.operacity.jp/ag/exh199/pre_img/04araki_hana100.jpg

近年、自らの「死」に直面するような数々の体験を経て、「生」を見つめる眼差しは鋭さと深みを増し、長年の重要なテーマである「生と死」がより鮮明に表現されています。荒木経惟の「現在」をいきいきと伝え、その広大かつ多様な活動の核心に迫ります。

 

荒木経惟 写狂老人A

会期 : 2017年7月8日(土)~ 9月3日(日)
会場 : 東京オペラシティ アートギャラリー

www.operacity.jp

荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

topmuseum.jp