チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「魂こがして 青木繁~海を越えた“海の幸”と石橋凌の対話~」

f:id:tanazashi:20170719094115p:plain 

 

 

f:id:tanazashi:20170723115604p:plain

日曜美術館「魂こがして 青木繁~海を越えた“海の幸”と石橋凌の対話~」

天才と呼ばれつつ28歳でこの世を去った画家、青木繁の傑作が初めてパリへ。明治の洋画はかの地でどう受け止められるのか。俳優石橋凌*1が名画を追ってフランスに向かう。

名画「海の幸」で当時の西洋画壇に旋風を巻き起こした青木繁。しかし満を持して発表した「わだつみのいろこの宮」は酷評され、一気に転落の道へ。追い打ちをかけるようにのしかかる親や恋人、子どもの扶養。「海の幸」で見せた情念を封印し、放浪の画家となった青木。結核を患いながら九州各地をさまよう。心の奥に留学への思いを秘めながら創作を続ける。それからおよそ1世紀。「海の幸」は初めて海を越えた。

【出演】石橋凌,【司会】高橋美鈴

放送日

2017年7月23日

 

取材先など

f:id:tanazashi:20170723132059p:plain

パリ・オランジュリー美術館 「ブリヂストン美術館の名品ー石橋財団コレクション展」開幕(2017.04.28)

海辺を行く男たち。大きな獲物。しかし、歓喜の声はそこにはなく、不思議な静けさが支配しています。青木茂がこの絵を描いたのは美術学校を卒業したばかりの頃。青木繁の「海の幸」は初めて海を渡りパリにやって来ました。

f:id:tanazashi:20170723131946p:plain

天才と呼ばれた男の運命はこの絵の後急転していきます。やがて貧しさに喘ぎながらの放浪のはて28年という短い生涯を終えます。

公益財団法人石橋財団(理事長 石橋 寛)とフランス国立公益法人オルセー美術館およびオランジュリー美術館(館長 ローランス・デカール)が共催する「ブリヂストン美術館の名品-石橋財団コレクション展」が、4月5日(水)にパリ・オランジュリー美術館にて開幕しました。

http://www.bridgestone-museum.gr.jp/news/press/img/press_18.jpg

会場 オランジュリー美術館 (パリ)

会期 2017年4月5日(水)〜8月21日(月)

www.bridgestone-museum.gr.jp

f:id:tanazashi:20170723131922p:plain

「かつて私はミュージシャンとして行き詰まりを感じ、故郷久留米に戻ることを考えていた。その時松田優作に出会い、役者をやってみないかとチャンスをもらった」

青木繁と同郷の福岡県久留米市出身の俳優・石橋凌さんは、22歳の時ロックのボーカリストとしてデビュー。その後俳優としても活動をはじめました。

f:id:tanazashi:20170723131931p:plain

「優作さんも、"もっともっと"というものが会ったと思うのです。でも夢が絶たれた。しかし、それは今生きている後続のものが継げばいいと思うのです」志半ばで倒れた人の思い。いつしか二人が重なっていたと石橋さんは言います。

f:id:tanazashi:20170723131936p:plain

石橋さんが青木繁のことを深く知ったのは一年ほど前。青木の縁戚にあたる高山さんに会ったのがきっかけだった。

f:id:tanazashi:20170723131952p:plain

 

明治15年。久留米の下級士族の長男として生まれた青木。父の反対を押し切り17歳で画家を目指し上京。東京美術学校に入ると瞬く間にその異彩を開花させます。青木のデビュー作「黄泉比良坂」。日本の神話を題材としたこれまでにない独創的な表現。当時青木の担当教授だった黒田清輝率いる白馬会に出品。みごと白馬賞に輝いた青木は新進気鋭の画家として注目されます。

f:id:tanazashi:20170723131957p:plain

古事記などの神話を読み漁り、心に浮かぶ情景を絵にした青木。明治維新後急激な西洋化の中で居場所を失う日本人。その根源に迫ることこそ青木の目的。絵は手段でした。

f:id:tanazashi:20170723132001p:plain

青木が記しています。

我はいかにして人事をつくすべきか考えてみたのが哲学であり宗教であり文学であったが、最後に来たったものは芸術であった。それと同時にその実行であった。芸術的創作ということが非常な響きをなして胸に伝わり、ハルトマン(ドイツの哲学者)の『物の社会は物がこれを造り、ただ仮象の社会のみは人がこれを創作し、人類のみこれを楽しむ』という言葉がわが稚なごころに血潮をわきかえらせた。これこそ男子の事業だ。そしてこの中に千万の情懐を吐露し得るのだ。われは丹青の技(画技のこと)によって歴山(注:アレキサンダー大王)帝もしくはより以上の高傑な偉大な真実な、そして情操を偽らざる天真流露、玉のごとき男子たり得るのだと、こう決心した。

f:id:tanazashi:20170723132007p:plain

これが今でいう高校生の抱えていた問題意識とすると唖然としてしまいますが、青木繁という人物が学生時代から自分の中に潜む能力に気付き、それに見合う人生を模索していたのかがわかると思います。空前の大帝国によってほぼ世界征服を成し遂げたアレキサンダーと自分を比較して、それ以上の功績を絵画において達成しようと志しているのですから、際限のない情熱と野望に充ち溢れていたことが伝わってきます。

http://navi.tateyamacity.com/?p=7851

f:id:tanazashi:20170723132013p:plain

筑後川の辺りの町福岡・久留米。

f:id:tanazashi:20170723132017p:plain

「久留米のゴールデン街」を歩く石橋さん。目指すのは学校をサボって入り浸っていたジャズ喫茶です。

www.facebook.com

f:id:tanazashi:20170723132023p:plain

石橋さんが青木繁の絵を見たのは今から50年も前のことでした。

f:id:tanazashi:20170723132028p:plain

「市民会館。ここで青木の絵に出会った。それは舞台の緞帳に描かれた巨大な海の幸だった」

f:id:tanazashi:20170723132032p:plain

青木繁の「海の幸」緞帳

青木繁と俳優・石橋凌さんはともに久留米出身。青木繁の代表作「海の幸」をめぐっては2017年6月、「海の幸」を再現した緞帳をめぐる記事がある。

www.nishinippon.co.jp

f:id:tanazashi:20170723132038p:plain

f:id:tanazashi:20170723132043p:plain

「初めて見たときに圧倒されたのです。外国の画家の絵かなとおもったら、担任の先生だったかが実は久留米の先輩だよと聞きまして。私にとって緞帳こそが青木繁だったのです」

f:id:tanazashi:20170723132047p:plain

海のない久留米のシンボルがこの海の幸だったのだ。

f:id:tanazashi:20170723132052p:plain

千葉・房総の海に面した館山市。今から113年前、美術学校を卒業した青木は仲間三人とともにこの地にやってきました。

f:id:tanazashi:20170723132059p:plain

そして青木を天才画家にした「海の幸」が生まれたのです。

f:id:tanazashi:20170723132106p:plain

「其後ハ御無沙汰失礼候
モー此処に来て一ヶ月余になる、
この残暑に健康はどうか?
僕は海水浴で黒んぼーだよ、
定めて君は知つて居られるで
あらうがこゝは万葉にある「女良」
だ、すく近所に安房神社
いふがある、官幣大社で、
天豊美命をまつつたものだ、
何しろ沖は黒潮の流を受けた
激しい崎で上古に伝はらない
人間の歴史の破片が埋められて
居たに相違ない、
漁場として有名な荒つぽい処だ、
冬になると四十里も五十里も
黒潮の流れを切つて
二月も沖に暮らして
漁するそうだよ、
西の方の浜伝ひの隣りに
相の浜といふ処がある、
詩的な名でないか、
其次ハ平沙浦(ヘイザウラ)
其次ハ伊藤のハナ、其次ハ洲の崎で
こゝは相州の三浦半島
遥かに対して東京湾の口を
扼(ヤク)して居るのだ、
上図はアイドといふ処で
直ぐ近所だ、
好い処で僕等の海水浴場だよ、上図が平沙浦、
先きに見ゆるのが洲の崎だ、
富士も見ゆる、
雲ポッツリ、
又ポッツリ、ポッツリ!
波ピッチャリ、
又ピッチャリ、ピッチャリ!
砂ヂリヂリとやけて
風ムシムシとあつく
なぎたる空!
はやりたる潮!
童謡
「ひまにや来て見よ、
平沙の浦わアー
西は洲の崎、
東は布良アよ、
沖を流るゝ
黒瀬川アー
サアサ、
ドンブラコツコ、
スツコツコ!」
これが波のどかな平沙浦だよ、
浜地には瓜、西瓜杯が
よく出来るよ、
蛤も水の中から採れるよ、
晴れると大島利島
シキネ島等が列をそろえて
沖を十里にかすんで見える、
其波間を漁船が
見えかくれする、面白いこと、」

夫れから浜磯では、
モクツ、
モク、
アラメ、
ワカメ、
ミル、
トサカメ、
テングサ
メリグサ、
アワビ、
ハマグリ
タマガヒ、
トコボシ、
ウニ、
イソギンチャク、
ホラノカヒ、
サヽヱ、
アカニシ、
ツメッケイ(ツメガヒ)
杯だ、
まだまだ其外に名も知らぬものが
倍も三倍もある、また種族が
同じで殊類なものもあるのだ、
今は少々製作中だ、大きい、
モデルを沢山つかつて居る、
いづれ東京に帰へつてから
御覧に入れる迄は黙して居よう。

八月二十二日 繁
満雄兄」

青木繁《海の幸》保存会: セクション 

f:id:tanazashi:20170723170217p:plain

 

青木たちが滞在した布良は、明治の頃日本でも有数のマグロ延縄漁の基地だった。

f:id:tanazashi:20170723170223p:plain

青木たちはこの村の網元であった小谷家に世話になり、多くの作品を描き上げた。

f:id:tanazashi:20170723170227p:plain

小谷家住宅は、明治20年代の漁村を代表する建造物として評価が高く、2009(平成21)年秋、館山市有形文化財に指定されました。

aoki-shigeru.awa.jp 

 

f:id:tanazashi:20170723170232p:plain

 

f:id:tanazashi:20170723170236p:plain

f:id:tanazashi:20170723170242p:plain

「青木たちがこの漁村にやってきたのは日露戦争が始まった1904年。そんな時代になぜ若者たちが海辺でのんびり過ごせたのか。疑問は次々と湧いてくる」

f:id:tanazashi:20170723170246p:plain

青木たちの一団には女性も入っていた。

f:id:tanazashi:20170723170335p:plain

青木の恋人福田たね。当時18歳。 男三人に女一人。奇妙な一団を村人たちはどう受け入れたのでしょうか。

f:id:tanazashi:20170723170935p:plain

「うちの母が、誰もいないしこっちの部屋には人がいるんだけどねと覗いたら、女の方が裸で絵を描いていました」

f:id:tanazashi:20170723170939p:plain

 

裸の女性は福田たねだろう。青木の絵に心惹かれたたねは、自然と青木と行動をともにするようになります。やがて二人は恋仲になり、たねをモデルに青木は絵を描くようになります。いつしかたねは神話の中の女神のような存在に変化していきました。

f:id:tanazashi:20170723170943p:plain

絵の舞台となった布良では地元の漁師たちならではの絵の解釈が生まれてきました。

f:id:tanazashi:20170723170948p:plain

そのひとつが地元の神社、布良崎神社の神事の光景です。

命を謳歌する神輿はまさに海の幸の本質と重なるのではという。

f:id:tanazashi:20170723170955p:plain

「海の幸は想像絵だと思う。想像して描いた絵。というのは銛の絵・銛ざおの舳先が先を向いている。漁師は絶対そういうことはしない。コケたら人の頭を突いちゃうじゃない。だから絶対舳先は後ろの方に向ける」

f:id:tanazashi:20170723171002p:plain

それから、担いでいる銛ざおの長さ。6メーターの竿は振り回しきれない。ですから、この担ぎ棒も銛ざおじゃなくて違うもの。では何かと考えると神輿は6メーター58」

f:id:tanazashi:20170723171008p:plain

「神輿の棒ですから担ぐのは当たり前」 

f:id:tanazashi:20170723171354p:plain

 

f:id:tanazashi:20170723171359p:plain

f:id:tanazashi:20170723171405p:plain

海の神々と恋人・たねへの思いが一つになり、青木の創作意欲は高まっていきました。

f:id:tanazashi:20170723171412p:plain

傑作と讃えられた「海の幸」。青木は発表後も大胆に筆を加えました。

f:id:tanazashi:20170723171422p:plain

こちらに目を向けた白塗りの顔。恋人・福田たねだ。

f:id:tanazashi:20170723171426p:plain

 

「けしけし祭」

久留米市出身の画家、青木繁(1882~1911)をしのび、毎年青木の命日である3月25日に筑後川や櫨(はぜ)並木を見下ろす兜山の山頂に建立された歌碑の前で営まれる式典。久留米出身のミュージシャン・俳優の石橋凌さんや連合文化会関係者らが歌碑に酒をかけ、天才画家に思いをはせた。

www.asahi.com

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

悲劇の洋画家 青木繁伝 (小学館文庫)

悲劇の洋画家 青木繁伝 (小学館文庫)

 
青木繁 (新潮日本美術文庫)

青木繁 (新潮日本美術文庫)

 
底鳴る潮(うしお)―青木繁の生涯

底鳴る潮(うしお)―青木繁の生涯

 
青木繁と近代洋画展図録 : 石橋コレクション特別公開

青木繁と近代洋画展図録 : 石橋コレクション特別公開

 
青木繁とその情熱

青木繁とその情熱

 
青木繁と坂本繁二郎―私論 (1982年)

青木繁と坂本繁二郎―私論 (1982年)

 

 

展覧会

www.bridgestone-museum.gr.jp

 

 

*1:福岡県久留米市出身。福岡県立久留米高等学校卒業。俳優として名高いが、1980年代に熱狂的な支持を得た伝説のロックバンド・ARBのボーカル。映画『ア・ホーマンス』でキネマ旬報新人男優賞を受賞。現在は刑事や判事など多岐に渡る役柄をこなす、渋い俳優として知られる。1995年よりアメリカの映画俳優組合(SAG)の会員となる。妻は女優の原田美枝子、長女は歌手の優河、次女は石橋静河