チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「北大路魯山人×樹木希林」

f:id:tanazashi:20170730211829p:plain

 

 

f:id:tanazashi:20170810230803p:plain

日曜美術館北大路魯山人×樹木希林

女優の樹木希林さんが日曜美術館に初登場!食通として知られる一方、独自の美意識で生涯料理に合う器を作り続けた北大路魯山人の魅力をたっぷりと語ります。

食通として知られる一方、生涯料理に合う器を作り続けた北大路魯山人。型破りで斬新なデザインから時には「焼き物知らず」と言われながら独自の美意識を貫いた。そんな魯山人に心を引かれているのが日本を代表する女優の樹木希林さん。傲慢と言われ人と衝突することの多かった魯山人の生きざまをどう読み解くのか?そしてどんなところに魅力を感じているのか?たっぷりと語り尽くします。

f:id:tanazashi:20170803171120p:plain

【ゲスト】樹木希林,【解説】京都現代美術館館長…梶川芳友,【司会】井浦新,高橋美鈴

放送日

2017年8月6日

 

取材先など

 

f:id:tanazashi:20170810230834p:plain

椿の花が描かれた大きな鉢。その大きさは直径40センチもあります。これは楽焼とよばれるやり方で作られました。一般的には壊れやすいという焼き方。茶碗などの小さなものを作るときの焼き方ですが、魯山人はあえてその楽焼で大きな鉢を作りました。

f:id:tanazashi:20170810230843p:plain

そのやり方は常識のない"焼き物知らず"と呼ばれました。魯山人のやり方はまさに型破りだったのです。

f:id:tanazashi:20170810230847p:plain

デザインもまた型破りでした。この花入れは竹籠を表現しています。

f:id:tanazashi:20170810230852p:plain

小刀でくり抜かれたかごの目は不揃い。描かれた線は丈の線をもしています。魯山人の新しいものを生み出そうとする気迫が感じられます。

f:id:tanazashi:20170810230857p:plain

藝術は計画とか作為を持たないもの。刻々と生まれでてくるものである。

f:id:tanazashi:20170810230906p:plain

言葉を変えて言うなら「当意即妙」の連続である。

f:id:tanazashi:20170810230913p:plain

この器。一見すると普通に見えますが、実はヒビが入っていたものなのです。普通は失敗作として割ってしまうこの皿、魯山人はヒビを埋めてすすきの柄に見立て、二度焼きしました。作り直して新たな命を吹き込む。これも魯山人の型破りなところでした。

f:id:tanazashi:20170810230920p:plain

漢詩を彫ったこの屏風には、船を浮かべ、酒を酌み交わす情景が描かれています。

f:id:tanazashi:20170810230926p:plain

よく見ると、小さく酒の文字が彫り込まれています。実は魯山人。されの文字を入れ忘れ、後から書き足しました。

f:id:tanazashi:20170810230931p:plain

魯山人の型破りな作風はどのように培われたのか、そこには孤独な生い立ちが育んだ独立独歩の精神がありました。

f:id:tanazashi:20170810230947p:plain

1983年。京都で上賀茂神社の社家、北大路家の次男として生まれた魯山人父親はすでに他界。里子に出され多くの家を転々とします。学校もろくに通えず、家族の情も知らないまま育っていきました。

f:id:tanazashi:20170810230952p:plain

その後印刷や看板の仕事でなんとか生計を立てていました。

f:id:tanazashi:20170810231001p:plain

そんな魯山人が陶芸に目覚めたのは三十代の頃です。仕事先の旅館で出された料理の器に感動し、看板作りをやめ陶芸家を目指すようになります。しかし型にはまることを嫌い、特定の師を持ちませんでした。

f:id:tanazashi:20170810231007p:plain

そして次第に自分独自の美意識を育んでいきます。天気になったのは魯山人42歳の時。

f:id:tanazashi:20170810231015p:plain

有力者に資金を出してもらい、東京の赤坂に料亭を開いたのです。そまは魯山人の器に対する考えを実践する場となりました。

f:id:tanazashi:20170810231026p:plain

料理を引き立たせるための器を生涯追い求めたのです。魯山人の生き方そのものが自由奔放で型破りな作品を生み出していたのです。

f:id:tanazashi:20170810231030p:plain

日本でも有数の魯山人コレクションで知られる何必館京都現代美術館

f:id:tanazashi:20170810231035p:plain

北大路魯山人 展-和の美を問う-」と題した展覧会が開催されています。

f:id:tanazashi:20170810231043p:plain

f:id:tanazashi:20170810231048p:plain

館長を務める梶川芳友さんは、50年にわたって魯山人の作品を収集してきました。

f:id:tanazashi:20170810231052p:plain

ゲストの樹木希林さんとは35年の付き合い。樹木さんに魯山人の魅力を伝えてきました。

f:id:tanazashi:20170810231057p:plain

梶川さんは、魯山人の器は使ってこそ意味があると考えています。

f:id:tanazashi:20170810231104p:plain

魯山人の器を使う面白さを見せてくれました。備前の花入れを古材で作られた板に掛けます。

f:id:tanazashi:20170810231112p:plain

そして赤い実を付けた山帰来の枝を入れます。

f:id:tanazashi:20170810231202p:plain

魯山人の器というものは、それを何と取り合わせるか。あるいはどう使うかが一番面白いところで」

f:id:tanazashi:20170810231212p:plain

「使い方如何によって生きてくる」

器と活けられた植物が一体となって一つの美の空間を作り出しています。

f:id:tanazashi:20170810231217p:plain

魯山人のこだわりを一番感じられるのが料理を盛る器です。

f:id:tanazashi:20170810231225p:plain

鮒ずしを置くことで織部の緑が鮮やかに映えています。

f:id:tanazashi:20170810231232p:plain

魯山人は常々「器は料理の着物」といい、器が脇役に徹することで料理を引き立たせると考えていました。

f:id:tanazashi:20170810231239p:plain

さらに魯山人の美意識は箸置きにも向けられていました。

f:id:tanazashi:20170810231246p:plain

愛嬌たっぷりな魚を始め、多くの箸置きを作りました。箸置きは食事の始まりから終わりまでずっと膳の上にあるから重要だと、魯山人は考えていました。

f:id:tanazashi:20170810231251p:plain

「箸置き一つによってその一つの場みたいなものがですね、潤うというのか、話題になる。いろいろ考えて作っていますから、脇のもの、あるいは小さきものに対しての心遣いが非常に強い人」

f:id:tanazashi:20170810231300p:plain

こだわり抜いた器とそれに合う料理。魯山人は料亭の場で文字通り美食を実践したのです。

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

 

展覧会

http://www.kahitsukan.or.jp/rosanjin2017/tsubakiwanobi-00.jpg

http://www.kahitsukan.or.jp/rosanjin2017/nittei.jpg

何必館