チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館アートシーン8月6日

f:id:tanazashi:20170806131723p:plain

 

1.荒木経惟 写狂老人A(東京オペラシティ アートギャラリー)

f:id:tanazashi:20170806131802p:plain

 

会期:2017年7月8日~9月3日

最新作を中心に、初期作品や進行中のプロジェクトなどもまじえ、「大光画」、「空百景」、「花百景」、「写狂老人A日記 2017.7.7」、「八百屋のおじさん」、「ポラノグラフィー」、「非日記」、「遊園の女」、「切実」の9つのセクションで紹介します。

blog.kenfru.xyz

荒木経惟 写狂老人A|東京オペラシティアートギャラリー 

 

2.総合開館20周年記念 荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-(東京都写真美術館

f:id:tanazashi:20170806131822p:plain


 

会期:2017年7月25日~9月24日

 

blog.kenfru.xyz

本展は、その膨大な作品群から、妻、「陽子」というテーマに焦点をあてた展覧会です。荒木 自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1960年代の出会いから1990年代のそ の死に至るまで、陽子はもっとも重要な被写体であり、死後もなお荒木の写真に多大なる 影響を与え続けてきました。本展では、陽子を被写体とするものや、その存在を色濃く感じさせる多様な作品を通して、荒木が重要視している被写体との関係性を探り、またその写真 の神髄である「私写真」について考察していきます。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅 1971– 2017–」とは、1971年に出版された私家版の写真集に始まり、現在へと続いている荒木経惟の私写真、そしてその写真人生そのものを表しています。 

topmuseum.jp

 

3.開館10周年記念 美術でめぐる日本の海(横須賀美術館

f:id:tanazashi:20170806131850p:plain

 

会期:2017年7月20日~8月27日

私たちは四方を海で囲まれた日本に住んでいます。海は、人間に食料をはじめとする様々な恵みをもたらすだけではなく、人とモノが行きかう交流、交易の場であり、造形芸術における創造的イメージの源泉でもありました。本展覧会は、日本画、油彩画、写真、浮世絵、ポスターから、船絵馬、万祝、大漁旗まで、海に関わる様々な造形物を取り上げ、「日本の海を見る」「船いろいろ」「日本人と鯨」「海への祈り」の4章で構成し、日本人と海の関わりを多面的に紹介します。
横須賀美術館で、開館10周年を記念して開催する展覧会です。

横須賀美術館

 

4.秘蔵の名品 アートコレクション展 佳人礼讃ーうるわしの姿を描くー(ホテルオークラ東京)

f:id:tanazashi:20170806131909p:plain
 

会期:2017年7月31日~8月24日

今年で23回目を迎えるチャリティーイベント「秘蔵の名品 アートコレクション展」。今年は人物の姿を特集します。
洋の東西を問わず、いにしえから現在に至るまで、人々の姿は絵画表現の大きなテーマとなってきました。
本美術展では、女性を主題とした作品を中心にさまざまな肖像画・風俗画をご紹介します。
西洋画、日本の洋画、日本画にあらわれる佳人の姿をぜひお愉しみください。  

概要|イベント|コンサート・展覧会・イベントならホテルオークラ東京

5.東日本大震災復興祈念 特別展 空海高野山の至宝(仙台市博物館

f:id:tanazashi:20170806131920p:plain

 

会期:2017年7月1日~8月27日

 

高野山は、日本における真言密教の祖・弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)によって約1,200年前に開創されました。
各時代を通じて多くの人々の信仰をあつめ、現在では奥之院を含む境内や山中の参詣道(さんけいみち)が「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されています。

東日本大震災からの復興を祈念して開催するこの展覧会では、高野山に伝わる空海ゆかりの宝物や、密教美術などに込められた祈りの世界を紹介します。
空海自筆の書や、中国からの請来品(しょうらいひん)といった貴重な文化財の数々を仙台市博物館のみで特別に公開いたします。

展覧会案内|仙台市博物館

 

 

6.Reborn-Art Festival 2017(宮城県石巻市牡鹿半島、市内中心部)各所)

f:id:tanazashi:20170806131934p:plain

 

会期:2017年7月22日~9月10日

Reborn-Art Festivalとは、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいお祭りです。このお祭りでは、石巻中心市街地と牡鹿半島にて、国内外の現代アーティストたちの作り上げた作品が地元の方々の協力のもと展示され、さまざまなスタイルの音楽イベントが開催され、さらには、石巻を含む東北のシェフのみならず、国内外の有名シェフたちによる地元の食材を使ったここでしか味わえない食事をいただくことができます。今、生まれ変わろうとしている東北だからこそ、他では出会うことのない価値観や人に出会うことができる。今まで出会うことのなかった自分にさえ、出会うことができるかもしれない。「Reborn-Art」とは、東北の再生を指すだけでなく、参加する人それぞれの「Reborn」を願うお祭りです。


www.reborn-art-fes.jp