チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館アートシーン9月3日

f:id:tanazashi:20170904171051p:plain

 

1.サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで(国立新美術館森美術館

f:id:tanazashi:20170904171122p:plain

 

会期:2017年7月5日~10月23日

https://www.mori.co.jp/morinow/img/article/170705_1.jpg

「サンシャワー(天気雨)」は、晴れていながら雨が降る不思議な気象ですが、熱帯気候の東南アジア地域では頻繁にみられます。また、植民地主義以降の20世紀後半、冷戦下の戦争や内戦、独裁政権を経て近代化や民主化を迎え、近年では経済発展や投資、都市開発が進むなど、さまざまな政治的、社会的、経済的変化を遂げてきたこの地域の紆余曲折とその解釈の両義性に対する、詩的なメタファーでもあります。

https://www.mori.co.jp/morinow/img/article/170705_2.jpg

多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域では、じつにダイナミックで多様な文化が育まれてきました。本展では、自由の希求、アイデンティティ、成長とその影、コミュニティ、信仰と伝統、歴史の再訪など、東南アジアにおける1980年代以降の現代アートの発展を複数の視点から掘り下げ、国際的な現代アートの動向にも照らしながら、そのダイナミズムと多様性を紹介します。

 

blog.kenfru.xyz

 

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで|企画展|展示会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

 

2.民藝の日本 ‐柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する‐(日本橋高島屋

f:id:tanazashi:20170904171145p:plain

 

会期:2017年8月30日~9月11日

高島屋では、日本民藝館創設80周年記念 民藝の日本 -柳宗悦と「手仕事の日本」を旅 する-を開催いたします。柳宗悦が日本各地で蒐集した民芸品を中心に、各地の民芸館 の所蔵品も加えた、およそ170点を展観します。

www.takashimaya.co.jp

 

3.井上涼 忍者と県立ギョカイ女子高校(兵庫県立美術館

f:id:tanazashi:20170904171214p:plain

 

会期:2017年8月26日~9月24日

兵庫県立美術館では2010年より毎年「注目作家紹介プログラム〈チャンネル〉」が開催されてきました。8回目の今年は、兵庫県小野市で生まれた井上涼(1983〜)の個展が開催されます。本展では、「忍者と県立ギョカイ女子高校」と題する井上の新作映像インスタレーションが登場します。井上の独特の言葉使いとメロディに乗って空間に映しだされる作品の舞台は、魚介類が通う女子高「県立ギョカイ女子高校」。主人公は忍者Bと忍者C。空間のいたるところに繰り返し現れる忍者Bと忍者Cを追いかける物語が、ひとつのミュージカル作品のように展開されます。人間の感情や感覚が凝縮された井上涼ワールドの魅力と謎に迫ります。

tanoshimida.com

 

4.安田侃ブロンズ展―時をつなぐ(安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄

f:id:tanazashi:20170904171232p:plain

 

会期:2017年8月23日~10月6日

昭和24年、炭鉱で栄えていた北海道美唄市の炭鉱住宅街につくられた旧美唄市立栄小学校は、炭鉱閉山後の昭和56年に閉校しました。当美術館は、その体育館をアートスペースに改修、屋外に彫刻5点を設置してスタートし、25年の時を重ねた現在、敷地は広がり40点余りの作品が屋内外に点在しています。
美唄市美唄市出身の彫刻家・安田侃によって今もなお創られ続け、炭鉱で栄え、衰退していったこの土地の記憶・人々の思いを受け止め、今も多くの人たちの思いが積み重ねられている空間です。そうしたかけがえのない空間を未来へと繋いでいく展覧会です。

 

アルテピアッツァ美唄25周年「安田侃ブロンズ展―時をつなぐ」 « ARTE PIAZZA BIBAI 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄

5.民藝の日本 ‐柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する‐(そごう美術館)

f:id:tanazashi:20170904171246p:plain

 

会期:2017年8月2日~9月10日 前期 9月12日~10月15日 後期

レオナルド・ダ・ヴィンチ手稿の最新研究成果にもとづく大型模型60余点日本初公開。2年後の2019年、没後500年を迎えるにあたって、それを記念し、レオナルド・ダ・ヴィンチ展を開催します。

www.sogo-seibu.jp