チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「目指せ!天下一の絵師集団~狩野元信の戦略~」制作集団の秘密

 f:id:tanazashi:20171004142455p:plain

 

 

 

f:id:tanazashi:20171008195655p:plain

日曜美術館「目指せ!天下一の絵師集団~狩野元信の戦略~」

四百年続く狩野派の基礎を作った室町時代の絵師・狩野元信。プロデューサー、経営者としての才能も発揮し、狩野派を天下の絵師集団に育てたその手腕に迫る。

元信は集団での制作体制を確立。表現様式を3つの型に分け、絵手本の粉本などを作り、弟子たちの人材育成を図った。更に絵を描いた扇面や絵馬などの商品を制作して販売し、工房の収入を安定させた。本業の絵でも従来のやまと絵の色使いと漢画の線描表現を組み合わせ、和漢融合の傑作を次々と生み出した。アニメ制作会社・スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーが元信の人生を読み解いていく。

【ゲスト】スタジオジブリプロデューサー…鈴木敏夫,【司会】井浦新,高橋美鈴

放送日

2017年10月8日

 

取材先など 

f:id:tanazashi:20171008200030p:plain

 

東京六本木のサントリー美術館。狩野元信の展覧会が開かれています。f:id:tanazashi:20171008200038p:plain

水墨画や人物画。そして絵前など元信の代表作を集めました。

f:id:tanazashi:20171008200043p:plain

元信が若い頃に描いた水墨画の代表作。曲がりくねった木々や垂直に切り立った岩山。

山の麓の小さな庵や、そこに暮らす人々の営みなど、中国の有限な世界を描いています。

f:id:tanazashi:20171008200128p:plain

狩野派はもともと中国の南宋、元時代の水墨画に習った漢画を得意とする流派でした。

f:id:tanazashi:20171008200815p:plain

狩野派が歴史の舞台に登場したのは、この山水図を描いた元信の父正信の時代でした。

丹精で気品に満ちた画風が時の権力者に気に入られました。

f:id:tanazashi:20171008200819p:plain室町幕府八代将軍・足利義政です。

銀閣寺を作り東山文化を築いた義政が正信を幕府の御用絵師に取り立てたのです。その地位を受け継いだ正信が狩野派をさらなる飛躍に導こうと知恵を絞ります。

 

当時は応仁の乱に始まる戦国の世となっていました。京の町は荒れ果てます。

やがて自社や屋敷などの再建が始まりました。

f:id:tanazashi:20171008200827p:plain

それを元信は狩野派のチャンスと捉えます。

当時一般的だった書院造では、ふすまや衝立に絵を各という需要がおおいに見込まれたのです。

そこで元信は絵の制作体制の整備、品質管理、人材育成などいわばプロデューサーとしての才能を発揮します。

大量の絵の注文を受けるためには、多くの優れた絵師を育成しなくてはなりません。そのために元信は様々な方法を考え実践します。

f:id:tanazashi:20171008200834p:plain

その一つが”粉本”。絵手本をつくることでした。

f:id:tanazashi:20171008200838p:plain

ここには様々な種類の鳥と、その羽根の特徴まで緻密に書かれています。こうした得て本を作り、弟子たちの技量をあげようとしました。

さらに元信は絵を効率的に仕上げるためのある工夫をしました。

f:id:tanazashi:20171008200846p:plain

中国の水墨画で学んできた絵を整理して三つの型、

f:id:tanazashi:20171008201352p:plain

いわゆる「画体」をつくったのです。元信はそれを「真体」「行体」「草体」と名付けました。

f:id:tanazashi:20171008201754p:plain

この「真山水図」は元信が真体として描いたもの。かっちりした明快な輪郭線を描き、細部まで丁寧にリアルに描写しています。

f:id:tanazashi:20171008201758p:plain

これは行体による作品です。

f:id:tanazashi:20171008201802p:plain

リアルな緻密さではなく、柔らかな筆使いで描いています。

f:id:tanazashi:20171008201807p:plain

草体の場合は余白をふんだんに使い、山や岩の表現はなだらかで大気に溶け込むようです。

f:id:tanazashi:20171008201813p:plainこうした三つの画体を確立することで、狩野派は大量の絵の注文にも対応できるようになりました。

 

狩野派研究の第一人者。京都国立博物館の山本英男さんです。

f:id:tanazashi:20171009094624p:plain

「戦国時代ですから、生き抜いていかなければならない。そのためには万人受けする画風と豊富なバリエーション。

f:id:tanazashi:20171009094629p:plain

それから迅速に対応できるための集団的な作画システムというのが必要だったのです」

f:id:tanazashi:20171009094633p:plain

実際、三つの絵の書き方にどういう違いがあるのか、真山水図の木々や岩の部分をそれぞれの画体で再現してもらうことにしました。引き受けてくれたのは画家の大竹卓民*1さんです。長年水墨画を描き、大学でも教えています。

f:id:tanazashi:20171009094638p:plain

まず真体画です。木の葉を各ことから始まりました。

f:id:tanazashi:20171009094642p:plain

「真体画は、線を描くときスピードを出したり走ったりせず、ゆっくり描きます。岩と石の組み立てるとき、真体画は固まります。筆を腹ばいにして撫ぜるようにして岩の質感を表現します。線と面の組み立てなのです」

 

同じ部分を行体で描くとどうなるでしょうか。

f:id:tanazashi:20171009094648p:plain

「やわらかく岩を、丸みを出すように変わっていきます。輪郭線で形を整えていくのではなく、勢いで描きます。

f:id:tanazashi:20171009094657p:plain

筆のタッチで物を語る」

そして草体の岩の書き方は更に違ってきます。

f:id:tanazashi:20171009094704p:plain

「草体は面で筆を走らせてものを語る

f:id:tanazashi:20171009094708p:plain

筆のタッチはからり自由自在。筆に任せている」

f:id:tanazashi:20171009094714p:plain

真体は輪郭線できちんとかたちをつくり、岩の質感にもこだわった緻密な表現。

f:id:tanazashi:20171009094719p:plain

行体は緻密さより筆の勢いや心の動きを重視しました。

f:id:tanazashi:20171009094726p:plain

草体は細かな部分が省略され、自由な筆の動きで描いていました。

f:id:tanazashi:20171009094733p:plain

そして狩野派としての大きなチャンスがやってきました。

京都大徳寺大仙院の襖絵の仕事です。

f:id:tanazashi:20171009094737p:plain

この時、正信36歳。自分が作り上げた絵師集団の実力が試されました。

f:id:tanazashi:20171009094742p:plain

 

請け負った仕事は寺の4部屋の襖絵40面。f:id:tanazashi:20171009094747p:plain

元信が采配を振り、その襖絵を集団で分担して描いて行きました。

f:id:tanazashi:20171009094752p:plain

その中で、元信自身が担当したのが「四季花鳥図」です。

すべて真体表現で描かれています。

f:id:tanazashi:20171009094756p:plain

鮮やかな色彩の鳥や草花。

f:id:tanazashi:20171009094801p:plain

くねった松と滝が交差するダイナミックな表現。変化に飛んだ構成は、人々を驚かせ、従来の水墨画とは一味違う味わいを演出しました。

この大口受注の仕事を見事にこなしたことで絵師集団狩野派の名声はおおいに高まりました。

f:id:tanazashi:20171009094805p:plain

 

アニメ製作会社スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫さんです。会社を長年運営するプロデューサーとして狩野元信の仕事に興味があると言います。

f:id:tanazashi:20171009094810p:plain

狩野派の歴史について書かれた資料「本朝画史」。

f:id:tanazashi:20171009094815p:plain

そこには元信について「天下画工の長」すべての絵師たちの頂点にたったと記されています。狩野母天下にその名を轟かせたのです。

f:id:tanazashi:20171009094832p:plain

「一口にアニメーションと言ってもいろいろなやりかたがあります。宮﨑駿の場合でも、今回は漫画っぽく、そして今回はリアルにやろうとする。漫画っぽいのはルパン三世カリオストロ、ちょっとリアルなのが風の谷のナウシカ、中間がとなりのトトロ。だから、毎回方針を決めて集団でやっていくりで、方針を頭のなかに入れ無くてはならない」

f:id:tanazashi:20171009094845p:plain

「粉本というのは面白い思ってました。実は、アニメーションの世界では集団でやらなければいけないので必要なのです。これは「風立ちぬ」の資料です。キャラクターがいろいろ出てきます。

f:id:tanazashi:20171009094849p:plain

総勢何十人というスタッフが同じキャラクターを描くための元の絵です。これを藻ながら描けばある程度の統一性はとれるので、そこは番組を見ていて面白かった」

f:id:tanazashi:20171009094854p:plain

「大仙院の40枚の絵。あれを見ながら思ったのは、本当は一人で書きたいのではないかなという。でも工房作ってみんなでやったということはどういうことだったのか。で、歩セクが思ったのは宮﨑駿と同じ。宮﨑駿だってほんとうは一人で作ることは可能・・。だけど彼はみんなと一緒に集団で作ることが大好きなんです。もしかしたら元信にもそうした側面があったのかもしれない。だから一言で言うと”さみしがり屋”というのですかね。ど同時に好奇心がすごかった。つまり、あれもやりたいこれもやりたい。やってくうちにでっかい工房になった。それはけっこう大変だっただろう」

ープロデューサーとしての能力は?

「人を使うのが上手だったのでしょうね。で、それが楽しかった。それともう一つ雨のは乱世・・・乱れた世の中。」

f:id:tanazashi:20171009094859p:plain

そうした中であっちにも目が行き、こっちにも目が行く。実を言うと現代もダブルような気がする。その中で、あれもやりたい、これもやりたい。とつながっていったのではないかと想像しました」

 

経営者としての狩野元信の素顔とは・・・・

blog.kenfru.xyz

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

 

初期狩野派―正信・元信 日本の美術 (No.485)

初期狩野派―正信・元信 日本の美術 (No.485)

 

 

展覧会

f:id:tanazashi:20171004142653j:plain

www.suntory.co.jp

*1:1958年上海市生まれ、武蔵野美術大学造形学部日本画卒業後、 筑波大学大学院芸術研究科修士課程修了。創画展、国内、海外で の個展・グループ展を中心に制作活動を行う。2013年より現職。 中国画の絵画史・実技の指導、博士後期課程学生の学位論文の指導および審査を担当 敦煌研究院美術研究所客席研究員、創画会会友