チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ

f:id:tanazashi:20171105144727p:plain

2014年から翌年にかけて、東京の三井記念美術館を皮切りに全国6会場を巡回した「超絶技巧!明治工芸の粋」展は、そんな明治工芸再評価の機運を盛り上げるための画期的な展覧会でした。

f:id:tanazashi:20171105145034g:plain

その続編ともいうべき、「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」展を開催します。前回に引き続き、村田理如氏による清水三年坂美術館のコレクションを中心として、さらに近年各所での調査によって確認された明治工芸の素晴らしい作品もあわせて展示します。

 

 

blog.kenfru.xyz

 

f:id:tanazashi:20171105144701p:plain

 

牡丹や藤の華やかな装飾に彩られた小さな箪笥。

f:id:tanazashi:20171105144708p:plain

扉を開けると、そこはホタルの飛び交う夏の昨夜。

f:id:tanazashi:20171105144713p:plain

漆工 「四季草花蒔絵堤箪笥」 赤塚自得*1
f:id:tanazashi:20171105144717p:plain

 

いっぽうこちらは現代の作品。

橋本雅也1*2の「ソメイヨシノ

f:id:tanazashi:20171105144720p:plain

鹿の角を彫ってつくられた原寸大の桜です。

f:id:tanazashi:20171105150105p:plain

花びらの細かなニュアンスまで再現しています。

f:id:tanazashi:20171105144732p:plain

明治工芸の中田も注目をあつめるのは自在と呼ばれる作品。

f:id:tanazashi:20171105144736p:plain

本物と同じ動きができるよう、内部構造が調整されたもの。

f:id:tanazashi:20171105144742p:plain

世界が驚く超絶技巧です。

 

f:id:tanazashi:20171105144746p:plain

高瀬好山のこの技法は今に受け継がれています。

f:id:tanazashi:20171105144756p:plain

高瀬の系譜を引く現代の作家が挑んだ昆虫。

満田晴穂はさらに本物に迫る外見と動きの再現に挑み続けています。

f:id:tanazashi:20171105150952p:plain

自在の世界は今なお進化しているのです。

f:id:tanazashi:20171105144800p:plain

安藤緑山も明治工芸を代表する作家です。

f:id:tanazashi:20171105144807p:plain

安藤緑山は象牙を使った彫刻作品である牙彫(げちょう)を主に制作した彫刻家です。江戸時代に始まった牙彫(げちょう)は、明治期に外貨獲得の国策として海外に輸出されはじめました。この「牙彫ブーム」に安藤緑山は野菜や果物などの作品を中心に50数点以上残しています。

f:id:tanazashi:20171105144812p:plain素材は象牙。質感をも感じさせる見事な表現力です。

 

f:id:tanazashi:20171105144817p:plain

現代アートの世界でリアルな再現に挑戦しているのが前原冬樹*3です。

前原冬樹(彫刻家)プロフィール!経歴や作品と価格を調べた!

f:id:tanazashi:20171105144821p:plain

サラも作品の一部、作品としてつながっています。

f:id:tanazashi:20171105144825p:plain

全体を一つの木から彫り上げました。

f:id:tanazashi:20171105144829p:plain

幕末から明治にかけて特に目覚ましい技術革新があった七宝。

f:id:tanazashi:20171105144833p:plain

金属で輪郭を縁取る有線七宝もこの時始まります。

f:id:tanazashi:20171105144838p:plain

その技術を用いた現代の作家が春田幸彦*4。作ったのは頭をもたげている蛇。

f:id:tanazashi:20171105144842p:plain

実はカバンの形をした置物。独創的な作品です。

 

f:id:tanazashi:20171105144846p:plain

明治期には斬新な造形も生まれました。

陶磁器の花瓶はつららで覆われています。下には洞窟が。

f:id:tanazashi:20171105144851p:plain寒さに身を寄せ合うおしどりの夫婦が隠れています。

www.mitsui-museum.jp

 

 

 

*1:漆芸家。1871-1936東京生。代々平左衛門を名のる蒔絵師の家に生まれ、七代を継ぐ。父・六代に師事し、また狩野久信・寺崎広業に絵を学び、蒔絵の第一人者と称された。古典的な作風を得意としたが、院展審査員を務める他、蒔絵の近代化にも大きな功績をのこした。昭和11年(1936)歿、65才。

*2:978年岐阜県生まれ。独学で彫刻の技術を習得し、制作を続ける。主な個展に「橋本雅也 間なるもの」(金沢21世紀美術館デザインギャラリー、2014年)、「殻のない種」(ロンドンギャラリー、2012年)、グループ展に「高橋コレクション展 ミラー・ニューロン」(東京オペラシティ アートギャラリー、2015年)、「古代礼賛、中世礼賛」展(正木美術館、2009年)など。

*3:1962年東京生まれ。日大芸術学部中退。1980年ボクシングフェザー級でプロデビュー。10年間ボクサーとして活躍、東京芸術大学に7回挑戦して合格1998年絵画科に入学を果たします。

*4:1996年東京藝術大学大学院美術研究科彫金専攻修士課程修了。東京藝術大学非常勤講師、文化学園大学非常勤講師など