チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

怖い絵展

f:id:tanazashi:20171029154559p:plain

 

振り上げたナイフ。押さえつける女。

まさに今、人を殺そうとする瞬間です。

近代絵画の父と言われるセザンヌが20代の終わりに描いた怖い絵です。

セザンヌは20代後半から30代前半にかけて、こうした暴力的でエロティックな作品をかなりの点数描いていた。多くは後年になって自ら廃棄し、またセザンヌのイメージと合致しないからと意識的に触れずにきた美術評論家たちのせいで、これら作品群は一般にはあまり知られていない。だが凶暴さ剝き出しの本作は、むしろセザンヌの新たな魅力を教えてくれる。

f:id:tanazashi:20171029154604p:plain

恐怖に焦点を当てて絵画を読み解く展覧会が開かれています。

www.kowaie.com

f:id:tanazashi:20171029154609p:plain

 

一見して恐ろしい絵ばかりが怖い絵とは限りません。

この絵のタイトルは幸福だった日々。

過去形です。

テムズ川で舟遊びをするイングランド王チャールズ一世*1とその家族。

f:id:tanazashi:20171029154613p:plain

数年後、王は革命によって処刑され、家族は亡命を余儀なくされました。

f:id:tanazashi:20171029154618p:plain

この明るい雰囲気が、家族を待ち受ける不幸を際立たせます。

f:id:tanazashi:20171029154622p:plain

「この展覧会における怖い絵と言うのは、ほとんどは一見して何が怖い絵なのかわからない。しかし、歴史を紐解いたり、社会的文化的な当時の状況とかを知っていくうちにだんだん怖さがにじみ出てくる絵をコンセプトとした展覧会です」

f:id:tanazashi:20171029154627p:plain

こちらは古代ギリシャの物語。

f:id:tanazashi:20171029154631p:plain

 

美しい人魚たち。実は歌声によって船乗りたちを狂わせ、舟を沈める恐ろしい怪物セイレーンです。サイレン(警報)の語源となった海の魔女です。

f:id:tanazashi:20171029154636p:plain

ギリシャローマ神話や聖書で語られる物語は、必ずしも幸福なものばかりではなく、人間に苦難を強いたり、悲劇的な結末を迎えるものも少なくない。というのも、神話や宗教は、本質的に人間には抗うことのできない超越的な力や摂理を抽出するものだからである。

f:id:tanazashi:20171029154644p:plain

船を漕ぐ男たちは、耳を布で覆って切り抜けようとしますが、

f:id:tanazashi:20171029154649p:plain

主人公のオデュッセウス*2は、好奇心から彼女たちの歌声を聴いてしまいます。

ドレイパーが描くセイレーンは、当時のイギリス人が理想とする若い美女そのもの。口を大きくあけ、歌いながら寄ってくる。彼女らの下半身は海中では魚なのに、船べりによじのぼる時には白いエロティックな脚となり、腰には海藻が巻きつく。さらに船内へ入ると藻は布へ変わり、あたかもファム・ファタール(男を破滅させる運命の女)の正体は、人間ならざる異界のものだといわんばかりだ。この頃はまた、セイレーンという言葉が娼婦の代名詞として使われていた。

正気を失った目がその声の威力を物語っています。

f:id:tanazashi:20171029154700p:plain

現実の世界には、一見無害に見える社会的な習俗にも様々な悪弊や不条理が潜んでいる。本章では、死の場面を中心に、現実の中に存在するいくつもの闇を描いた絵画に焦点を当てる。

神話に勝るとも劣らないのが現実社会の恐怖。

18世紀半ば、ロンドンの貧民街。

f:id:tanazashi:20171029154709p:plain

 

人々はミルクより安かったというジンを飲んでいます。

f:id:tanazashi:20171029154714p:plain

されに溺れた母親は腕からこぼれ落ちる赤ん坊にも気付きません。

当時、新聞や雑誌などで報じられた事実ばかりが描かれています。

f:id:tanazashi:20171029154718p:plain

この展覧会で最も注目される作品。

『レディ・ジェーン・グレイの処刑The Execution of Lady Jane Grey』

16世紀に実在した女性、ジェーン・グレイ(1537~54)の処刑の様子を想像で描き出したものです。

エリザベス1世が即位する4年前の1554年2月。
ロンドン塔に幽閉されていた「前女王」が処刑された。
権力闘争と宗教対立という時代の荒波に翻弄され、
突如女王にまつりあげられた時の彼女は弱冠15歳。
しかし、わずか9日後にその座から引きずり下ろされ、反逆者として投獄された。

f:id:tanazashi:20171029154722p:plain

酷さに耐えかね、失神する侍女。

f:id:tanazashi:20171029154726p:plain

首を斬るため斧を持つ処刑人が硬い表情をしています。

f:id:tanazashi:20171029154730p:plain

反逆の罪を着せられたジェーンはこの時16歳。

f:id:tanazashi:20171029173225p:plain

自らの断頭台を探す細い手が恐怖におののく心の中を映し出しているようです。

f:id:tanazashi:20171029154735p:plain

*1:1600~49ピューリタン革命で処刑されたイギリス・スチュアート朝の国王。

*2:ホメロス叙事詩オデュッセイア』の主人公として名高いギリシア神話の英雄