チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

シャガール 三次元の世界

f:id:tanazashi:20171203215813p:plain

 

シャガール 三次元の世界」

画家、版画家として著名なマルク・シャガールですが、晩年に多くの彫刻を制作していたことはあまり知られていません。シャガールが彫刻制作を始めたのは1951年、すでに63歳になっていました。この時点で、ブランクーシジャコメッティといった彫刻家たちによって、またピカソマティスなどの創意に富んだ彫刻作品によって、20世紀彫刻の造形言語は大きく書き換えられていました。しかしシャガールは、さまざまな新しい試みを知らないかのように、全く独自の、他のどんな20世紀彫刻とも似ていない作品を創り出します。

会場:東京ステーションギャラリー(東京)

会期:2017年9月16日~12月3日

【巡回】12/14-2018/2/18 名古屋市美術館(愛知)

2018/3/10-5/6 青森県立美術館(青森)

f:id:tanazashi:20171203215522p:plain

f:id:tanazashi:20171203215531p:plain

f:id:tanazashi:20171203215536p:plain

f:id:tanazashi:20171203215543p:plain

f:id:tanazashi:20171203215550p:plain

f:id:tanazashi:20171203215556p:plain

f:id:tanazashi:20171203215604p:plain

f:id:tanazashi:20171203215610p:plain

f:id:tanazashi:20171203215620p:plain

f:id:tanazashi:20171203215625p:plain

f:id:tanazashi:20171203215633p:plain

f:id:tanazashi:20171203215640p:plain

 

www.ejrcf.or.jp