チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「漱石先生 この絵はお嫌いですか~孤高の画家 木島櫻谷~」

f:id:tanazashi:20171119140924p:plain
 

 

 

日曜美術館漱石先生 この絵はお嫌いですか~孤高の画家 木島櫻谷~」

かつて夏目漱石に酷評されながらも、最近の調査でその先見性、革新性が注目される画家・木島櫻谷(このしまおうこく)。謎多き孤高の画家の卓越した作品と人生に迫る。

f:id:tanazashi:20171115164933p:plain

明治中期、動物画に才能を発揮した木島櫻谷(このしまおうこく)。緻密な写生と高度な技を駆使し、名作を生み出した。最高峰とされる「寒月」は、月光射す竹藪をさまようキツネの姿をドラマティックに描いた。しかしこの作品を夏目漱石が酷評。櫻谷も何も語らず画壇から離れ、人々から忘れられていく…。しかし最近、研究者の調査で、櫻谷の画法が想像以上に先進的、革新的なことが判ってきた。孤高の画家・木島櫻谷の真髄に迫る。

f:id:tanazashi:20171119140907p:plain

【出演】日本画家…竹内浩一,泉屋博古館学芸員…実方葉子,【司会】井浦新,高橋美鈴

放送日

2017年11月19日 

木島櫻谷とはどんな画家だったのか

木島櫻谷(このしま・おうこく)近代の京都を代表する日本画家。明治10年(1877)京都・三条室町の商家に生まれ、円山四条派の流れをくむ今尾景年に入門し画技を学びました。20代から頭角を現し、明治後半から大正期にかけて文展・帝展の花形として「文展の寵児」とまで呼ばれ、京都画壇の巨人・竹内栖鳳と並び立つ人気を博しました。 昭和13年(1938)に不慮の事故により亡くなりました。

http://4.bp.blogspot.com/-JniwMWc7XPY/UtszhCZhdaI/AAAAAAAAEZI/rfUFx3VmVkk/s1600/%E6%9C%A8%E5%B3%B6%E6%A1%9C%E8%B0%B7_%E7%8D%85%E5%AD%90.jpg

 

どこが評価されたのか

http://2.bp.blogspot.com/-JzgGSLv7qYk/UtszUiGLqHI/AAAAAAAAEYo/TepVQ3VgckQ/s1600/%E6%9C%A8%E5%B3%B6%E6%A1%9C%E8%B0%B7_%E5%A5%94%E9%A6%AC.jpg

櫻谷の魅力は、徹底した写生に裏打ちされた「動物画」です。瞬間を絵の中に定着させる徹底した観察眼と墨の濃淡で描く技術が目を奪います。

http://4.bp.blogspot.com/-liEYDLA33Pk/Utsz7dGyyMI/AAAAAAAAEZQ/n82sYzGOmLY/s1600/%E6%9C%A8%E5%B3%B6%E6%A1%9C%E8%B0%B7_%E5%AF%92%E6%9C%88.jpg

さらに押さえておきたい作品が「寒月」(京都市美術館蔵)です。月夜の竹林に現れた一頭の狐を静謐なトーンで描いた作品ですが、「屏風にするよりも写真屋の背景にした方が適当な絵である」と夏目漱石が酷評したことでも知られています。

http://souda-kyoto.jp/blog/img/00262/07.jpg

鮮やかな色彩と躍動感が伝わってくるのが2008年発見された幻の作品「かりくら」です。いまにも動き出しそうな馬の描写には、櫻谷が若い頃から修練していた写生の技術が活かされています。「かりくら」発見のエピソードは美術関係者の間ではドラマとして知られています。

http://souda-kyoto.jp/blog/00262.html

 

京都で人気沸騰。ブームは起きるか?

櫻谷の回顧展は2013年京都で開催され大きな反響を呼びました。異例の4年というショートスパンでの展覧会が、生誕140年を記念して、京都・泉屋博古館で10月28日から12月3日まで開催されます。

www.sen-oku.or.jp

f:id:tanazashi:20171119141224p:plain

 

f:id:tanazashi:20171119141228p:plain

f:id:tanazashi:20171119141232p:plain

f:id:tanazashi:20171119141237p:plain

f:id:tanazashi:20171119141241p:plain

f:id:tanazashi:20171119141246p:plain

 

f:id:tanazashi:20171119141250p:plain

f:id:tanazashi:20171119141254p:plain

f:id:tanazashi:20171119141259p:plain

f:id:tanazashi:20171119141303p:plain

f:id:tanazashi:20171119141308p:plain

 

f:id:tanazashi:20171119141313p:plain

f:id:tanazashi:20171119141317p:plain

f:id:tanazashi:20171119141321p:plain

f:id:tanazashi:20171119141325p:plain

f:id:tanazashi:20171119141329p:plain

 

f:id:tanazashi:20171119141335p:plain

f:id:tanazashi:20171119141339p:plain

f:id:tanazashi:20171119141342p:plain

f:id:tanazashi:20171119141346p:plain

f:id:tanazashi:20171119141350p:plain

 

f:id:tanazashi:20171119141354p:plain

f:id:tanazashi:20171119141359p:plain

f:id:tanazashi:20171119141403p:plain

f:id:tanazashi:20171119141408p:plain

f:id:tanazashi:20171119141413p:plain

 

f:id:tanazashi:20171119141417p:plain

f:id:tanazashi:20171119141425p:plain

f:id:tanazashi:20171119141429p:plain

f:id:tanazashi:20171119141433p:plain

f:id:tanazashi:20171119141437p:plain

 

f:id:tanazashi:20171119141442p:plain

f:id:tanazashi:20171119141447p:plain

f:id:tanazashi:20171119141452p:plain

f:id:tanazashi:20171119141456p:plain

f:id:tanazashi:20171119141501p:plain

 

f:id:tanazashi:20171119141505p:plain

f:id:tanazashi:20171119141509p:plain

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍 

美術フォーラム21 第30号 特集:現代美術の歴史学――戦後の日本

美術フォーラム21 第30号 特集:現代美術の歴史学――戦後の日本

 

絵画

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漆絵 木島桜谷の名作「柳桜図」
価格:64800円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)


 

 

展覧会等

「生誕140年記念特別展 木島櫻谷 ―近代動物画の冒険」

会場:泉屋博古館 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24

会期:12月3日(日)まで

【巡回予定】

生誕140年記念特別展「木島櫻谷」

Part I 近代動物画の冒険 2018年2月24日(土)~4月8日(日)

Part II 木島櫻谷の「四季連作屏風」+近代花鳥図屏風尽し 2018年4月14日(土)~5月6日(日)

会場:泉屋博古館分館 東京六本木一丁目住所 東京都港区六本木1丁目5番地1号

 

「木島櫻谷の世界」展

会場:京都文化博物館

会期:12月24日(日)まで

 

「櫻谷文庫(木島櫻谷旧宅)」秋の公開予定

住所 京都市北区等持院東町 56

公開日 2017年11 月 17日(金)~19 日(日)、11 月 23 日(木・祝)~26 日(日)、12月1日(金)〜3日(日)