チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

パリ♥グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展

f:id:tanazashi:20171203104522p:plain

 

「パリ♥グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」

19世紀末のパリ、様々な芸術運動が勃興するなか、版画は新たな芸術表現を切り拓く重要なメディアとなりました。
それまで単に複製や情報伝達のための手段でしかなかった版画は、トゥールーズロートレックや世紀末の前衛芸術家たちにより、絵画と同じく芸術の域まで高められ、それらを収集する愛好家も出現しました。一方、大衆文化とともに発展したポスター芸術をはじめ、かつてないほど多くの複製イメージが都市に溢れ、美術は人々の暮らしにまで浸透しました。
世紀末パリにおいて、「グラフィック・アート」はまさに生活と芸術の結節点であり、だからこそ前衛芸術家たちの最も実験的な精神が発揮された、時代を映すメディアであったと言えるでしょう。
本展は、こうした19世紀末パリにおける版画の多様な広がりを検証するものです。当館およびアムステルダム、ファン・ゴッホ美術館の貴重な19世紀末版画コレクションから、リトグラフ・ポスター等を中心に、油彩・挿絵本等を加えた計約170点を展覧します。

会場:三菱一号館美術館(東京)

会期:2017年10月18日~2018年1月8日

f:id:tanazashi:20171203104539p:plain

f:id:tanazashi:20171203104543p:plain

f:id:tanazashi:20171203104553p:plain

f:id:tanazashi:20171203104557p:plain

 

f:id:tanazashi:20171203104604p:plain

f:id:tanazashi:20171203104608p:plain

f:id:tanazashi:20171203104614p:plain

f:id:tanazashi:20171203104621p:plain

f:id:tanazashi:20171203104625p:plain

mimt.jp