チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

”ゴッホ展”日本に見た夢

f:id:tanazashi:20171210103538p:plain

 

f:id:tanazashi:20171210103542p:plain

ひるまえほっと」2017年12月8日放送の企画はゴッホ展。

f:id:tanazashi:20171210104152p:plain

東京上野の東京都美術館で開催中なのが、

ゴッホと日本のつながりをたどる展覧会。

f:id:tanazashi:20171210104208p:plain

日本初公開を含むゴッホの作品およそ40点が展示。

来場者はのべ20万人を超えます。

f:id:tanazashi:20171210104320p:plain

フィンセント・ファン・ゴッホ

日本の浮世絵の影響を強く受けたと言われています。

f:id:tanazashi:20171210104243p:plain

f:id:tanazashi:20171210104252p:plain

 

f:id:tanazashi:20171210103546p:plain

ゴッホが浮世絵に出会ったのは19世紀末。

画家として成功を夢見てオランダからパリに来たときのことでした。

当時のパリは日本の浮世絵ブーム。ゴッホは浮世絵に魅了されました。

ゴッホは浮世絵を模写しながら浮世絵の持つ大胆な構図や色を学び取っていったのです。

f:id:tanazashi:20171210103554p:plain

「花魁図」はゴッホが浮世絵を模写した作品です。

ゴッホは浮世絵版画を模写した作品は3点あり、そのうちの一点です。

f:id:tanazashi:20171210103558p:plain

一メートルを越すキャンバスに描かれた打掛姿の花魁。

f:id:tanazashi:20171210103602p:plain

もとは江戸時代後半に活躍した浮世絵師渓斎英泉の美人画です。

ゴッホはただ写し取るだけでなく独自の工夫をしています。

f:id:tanazashi:20171210103607p:plain

f:id:tanazashi:20171210103612p:plain

とても原画とは違った色合いになっています。

f:id:tanazashi:20171210103617p:plain

背景の竹や葦が茂る水辺には二羽の鶴が描かれています。

f:id:tanazashi:20171210103622p:plain

足元を見ると二匹のカエルもいます。

f:id:tanazashi:20171210103626p:plain

ゴッホは渓斎英泉の版画だけではなく

 

f:id:tanazashi:20171210103631p:plain

会場にはその元となった浮世絵版画も展示されています。

f:id:tanazashi:20171210103635p:plain

f:id:tanazashi:20171210103640p:plain

二羽の鶴は無名の浮世絵師が描いた浮世絵版画から。

f:id:tanazashi:20171210103647p:plain

二匹のカエルは二代歌川芳丸から。

f:id:tanazashi:20171210103659p:plain

虫やトカゲを集めた作品からそれぞれ引用して組み合わせています。

f:id:tanazashi:20171210103708p:plain

 

f:id:tanazashi:20171210103713p:plain

ゴッホは雑誌や書籍からも日本の情報を得ていました。

f:id:tanazashi:20171210103717p:plain

パリでベストセラーとなった小説「お菊さん」

f:id:tanazashi:20171210103723p:plain

明治時代日本に滞在したフランス人作家が書いたものです。

f:id:tanazashi:20171210103728p:plain

ゴッホはこうした情報を積極的に集め、日本そのものへのあこがれを深めていったと言われています。

 

f:id:tanazashi:20171210103732p:plain

パリに来て二年経った頃、ゴッホは新天地へ旅立ちます。

向かったのは南フランスのアルル。

温暖な気候のこの地方に日本のイメージを重ねたのです。

f:id:tanazashi:20171210103737p:plain

「雪景色」は到着した日の感動を伝える日本初公開の作品です。

温かい南フランスに行く予定だったのですが、到着すると生憎の雪でした。

しかしゴッホはこの景色を見て「日本人が描いた雪景色のようだ」と言っています。

f:id:tanazashi:20171210103744p:plain

会場には広重が描いた雪景色も展示されています。

f:id:tanazashi:20171210103749p:plain

雪解けを迎えたアルルは明るい色に包まれます。

f:id:tanazashi:20171210103754p:plain

ゴッホは精力的に作品を生み出します。

f:id:tanazashi:20171210103758p:plain

ゴッホが好んで描いたアイリスの作品。

f:id:tanazashi:20171210103802p:plain

花や樹木などを細い線で小さく描きこんでいるのは日本の版画の表現を意識しているようです。

 

f:id:tanazashi:20171210103806p:plain

さらゴッホは大きな夢をいだきます。

f:id:tanazashi:20171210103811p:plain

日本の画家のようにひとつ屋根の下で画家たちが切磋琢磨する姿をゴッホは夢見ました。

f:id:tanazashi:20171210103815p:plain

このころ浮世上の要素を取り入れた代表作ともいえる作品が生まれます。

「寝室」はゴッホがアルルで住んでいたところを描いたものです。

f:id:tanazashi:20171210103820p:plain

f:id:tanazashi:20171210103825p:plain

陰影をなくし、壁も家具も浮世絵の版画摺りのようにそれそれれ一色で塗りました。

f:id:tanazashi:20171210103830p:plain

f:id:tanazashi:20171210103836p:plain

シンプルが故にそれぞれのモチーフが引き立ちます。

それぞれが無機質な物体ですがね一つ一つ捉えてみるとまねで物が生きているように

f:id:tanazashi:20171210103843p:plain

浮き上がって見える感じがします。

 

f:id:tanazashi:20171210103847p:plain

ゴッホの人生が最も輝いていた時期は突然終りを迎えます。精神を止んだゴッホは病院に収容されます。その頃からゴッホは日本のことを語らなくなりました。

f:id:tanazashi:20171210103854p:plain

しかし、そうしたなかでも浮世絵の影響を感じさせる作品がありました。

f:id:tanazashi:20171210103858p:plain

療養所時代に描かれた「蝶とけし」です。

f:id:tanazashi:20171210103903p:plain

f:id:tanazashi:20171210103908p:plain

f:id:tanazashi:20171210103914p:plain

f:id:tanazashi:20171210103924p:plain

f:id:tanazashi:20171210103932p:plain

f:id:tanazashi:20171210103937p:plain

 

f:id:tanazashi:20171210103945p:plain

縮緬紙に刷られていた浮世絵。当時外国人向けの安価な土産物として日本で大量生産されていました。

f:id:tanazashi:20171210103951p:plain

ゴッホはこの縮緬皺を細かな線で表したのです。

夢破れてもゴッホの中に日本が静かに息づいていたのです。

f:id:tanazashi:20171210104017p:plain

ゴッホがいかに日本に惹かれてていたのかがよくわかります。

そんなゴッホの日本観に惹かれて、多くの日本人美術家もゴッホのに関心を集めるようになりました。

人物写実画の名手として知られ、1930年33歳という若さで早逝した洋画家前田寛治が遺したゴッホの墓標。弟のテオと並んだ墓石を描いています。

f:id:tanazashi:20171210104003p:plain

歌人斎藤茂吉もヨーロッパを旅した日記にゴッホの印象を残しています。

f:id:tanazashi:20171210103958p:plainf:id:tanazashi:20171210104011p:plain