チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

横山大観 ―東京画壇の精鋭―

f:id:tanazashi:20180104233450j:plain

 

近代日本画の第一人者、横山大観(よこやまたいかん)(1868-1958)。生誕150年と没後60年にあたる本年、当館所蔵の大観作品全点を一挙公開するとともに、東京画壇で活躍した画家たちの作品を紹介する展覧会を開催します。

f:id:tanazashi:20180104233209j:plain

当館所蔵の大観作品全点をご紹介します。当館の大観コレクションを一堂にご覧いただくのは、本展覧会が開館以来初の機会となります。

 

1. 開館以来初!当館の大観コレクション全点を一挙公開。

f:id:tanazashi:20180104232657j:plain

初公開作品や、38年ぶりの展示となる作品を含め、当館の大観コレクション全点を一堂にご覧いただきます。全点一挙公開は、1966年の開館以来初の機会となります。

2. 新たな日本画の創造に挑んだ大観の、多彩な芸術をご紹介。


中国旅行の体験を基に描いた水墨画巻《楚水の巻》と《燕山の巻》南画とやまと絵を融合させた《作右衛門の家》晩年まで描き続けた富士の絵など、多彩な大観芸術の魅力に迫ります。

3. 当館創立者・山﨑種二と親しく交流した、東京画壇の精鋭たちの作品も展示。

f:id:tanazashi:20180104232413j:plain

山﨑種二は画家たちと親交を深めながら作品を蒐集しました。大観と同様に種二と交流を持った小林古径安田靫彦前田青邨東山魁夷など、東京画壇を代表する当館ゆかりの画家たちの名品を、大観作品とともにご紹介。

f:id:tanazashi:20180104233102j:plain

小林古径 牛

 

会場:山種美術館

会期:2018年1月3日(水)~2月25日(日)

[企画展] 生誕150年記念 横山大観 ―東京画壇の精鋭― - 山種美術館