チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

ヘレンド展 ―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯

f:id:tanazashi:20180202172318j:plain

 

「ヘレンド展 ―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」展

ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110キロほど離れたバラトン湖の近くの村にある磁器製作所です。

1851年ロンドン万博で英国のヴィクトリア女王が会場で購入したことから、その名が一気に世界中に広がりました。

 

f:id:tanazashi:20180202172359p:plain

1826年に創設され、ハプスブルク皇帝の保護を受けて発展し、各国の王侯貴族が愛好した名窯として今日に至るまで高い評価を得るハンガリーを代表する高級磁器窯です。

オーストリア帝室・ハンガリー王室御用達」であったヘレンドは、19世紀後半、当時盛んに開催された万国博覧会へ積極的に出品します。万博での好評は、大英帝国ヴィクトリア女王からのディナーセットの発注やフランスのナポレオン三世妃ウージェニーの買上げなどにつながり、名声を高めていきます。

f:id:tanazashi:20180202172446j:plain

本展では、開窯初期の希少な逸品から、バロックロココといった伝統的な様式を踏襲した名品に加え、中国や日本の陶磁器に学んだ東洋風の作品群、そして現代の製品までおよそ150件、約230点※が一堂に集まります。ヘレンド190年余の歴史と、優雅で華やかな磁器の魅力をご堪能ください。

会場:パナソニック 汐留ミュージアム

会期:2018年1月13日(土)~3月21日(水)

汐留ミュージアム 「ヘレンド展 ―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」展 | プレスリリース 2017年 | ニュースリリース | エコソリューションズ社 | Panasonic