チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「今、甦る陶磁器 明治・大正」展

f:id:tanazashi:20180118234053p:plain

細かな金彩が施された花瓶。

布のひだや紐まで見事に表現されています。

f:id:tanazashi:20180118234058p:plain

明治字建て万国博覧会を契機に世界の注目を集めた日本の陶磁器。

f:id:tanazashi:20180118234102p:plain

海外の好みに合わせ。目新しい作品が制作されました。

2017年秋。名古屋に開館した横山美術館。

www.yokoyama-art-museum.or.jp

「今、甦る陶磁器 明治・大正」展

名古屋はかつて、海外へ輸出される陶磁器生産の一大拠点でした。特に現在の名古屋市東区には、産地である瀬戸などに近いという好立地から、多くの陶磁器工場が立ち並んでいました。各産地から運び込まれた陶磁器に絵付けを施す、上絵付作業が発達する中で、“名古屋絵付” と呼ばれる豪華で華やかな作風は、海外でも人気を博しました。
 公益財団法人横山美術館は、明治・大正時代に制作された輸出陶磁器の“里帰り品” を中心に展示しています。名古屋周辺で制作された輸出陶磁器をはじめ、日本初の洋風陶磁器であるオールドノリタケや、まとまった作品群を目にする機会の少ない隅田焼のほか、有田焼、京焼、瀬戸焼九谷焼、萬古焼など、息をのむほど緻密で大胆な作品の数々を、ぜひご覧ください。会期:2017年10月1日(日)~2018年1月31日(水)

当時の名品を一望できる展覧会です。

f:id:tanazashi:20180118234121p:plain

今にも動き出しそうな鳩。

名工宮川香山による豪華絢爛な逸品です。

f:id:tanazashi:20180118234132p:plain

精巧でありながら、大胆な表現で一躍人気となりました。

f:id:tanazashi:20180118234136p:plain

f:id:tanazashi:20180118234145p:plain

美しいグラデーションに浮かび上がる可憐な花。

「コラレンポピー図三足花瓶」

f:id:tanazashi:20180118234150p:plain

金のふちどりのなかを埋めるのは無数のガラスのビーズです。

f:id:tanazashi:20180118234157p:plain

陶器にガラスを貼り付けて焼く高度な技術。

現代では再現不可能だといいます。

f:id:tanazashi:20180118234206p:plain