チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

和装の美 松園・清方・深水を中心に

f:id:tanazashi:20180220223343p:plain

 

着物姿を描いた日本画を中心に紹介する展覧会です。

f:id:tanazashi:20180220223357p:plain

上村松園が描いたのは春らしい装いの娘。

体をひねるようなポーズに大人の女性の色香が漂い始めています。

f:id:tanazashi:20180220223410p:plain

こちらは近世に見られた着物姿。

池田松園が描きました。

f:id:tanazashi:20180220223419p:plain

 

細い帯のゆったりとした着付けです。

f:id:tanazashi:20180220223428p:plain

鏑木清方は江戸好みの着物姿を描いています。

f:id:tanazashi:20180220223440p:plain

落ち着いた色の着物に赤い襦袢が印象的です。

f:id:tanazashi:20180220223447p:plain

日本画の主要な画題として知られる、女性の美しさを描いた「美人画」は、室町時代の風俗画に端を発し、婦女子の衣装、容貌の美を捉える作品から浮世絵を経て、近代の女性像へと変化と発展を遂げてきました。なかでも、和装の女性像はたおやかな仕草や表情が広く好まれ、人々の憧れや時代の風俗を映す鏡として、多くの作品が描かれました。

本展覧会では、美人画家として名高い上村松園鏑木清方伊東深水を中心に、はんなりとした京美人から江戸の粋な女性の姿まで、さまざまな和装の女性を描いた作品を展観し、日本画における格調高い和装表現の魅力をお楽しみいただくとともに、日本の伝統的な衣服である染織作品や和装にまつわる工芸品などをご紹介します。

会期:2018年2月10日~3月21日

会場:高崎市タワー美術館

 

和装の美 松園・清方・深水を中心に | 高崎市