チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

歌心と絵ごころの交わり 二豊路 漂泊の画人 佐藤 溪 と 俳人 種田山頭火

f:id:tanazashi:20180225200759p:plain

 

画家・佐藤渓と俳人種田山頭火
旅と創作の関わりを絵と言葉で辿ります。

f:id:tanazashi:20180301212724p:plain
佐藤渓が大分に立ち寄った時描いた風景。
草原を歩く二人の修行僧。
絵の具のにじみやボカシを効果的に使い、情感豊かに表現しています。

f:id:tanazashi:20180301212848p:plain
「青い空と緑の畑」
白い雲はわざと塗り残しています。
山頭火の代表的な一句。

f:id:tanazashi:20180301212915p:plain


「分け入っても分け入っても青い山」
なかなか目的地にたどり着かない思いと、人生とを重ね合わせています。

www.opam.jp

 由布院の地で生涯を終えた詩人画家・佐藤溪の旅情あふれる作品群と、かつて二豊路を旅したこともある漂泊の俳人種田山頭火に関する資料類をあわせて展示し、旅にまつわる創作の醍醐味を作画と詩作両面から紹介します。

会場:大分県立美術館

会期:2018年2月9日~3月11日