チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

唐代胡人俑 ーシルクロードを駆けた夢

f:id:tanazashi:20180314233305p:plain

 

f:id:tanazashi:20180314233253p:plain

f:id:tanazashi:20180314233257p:plain

f:id:tanazashi:20180314233301p:plain

 

f:id:tanazashi:20180314233309p:plain

f:id:tanazashi:20180314233320p:plain

f:id:tanazashi:20180314233324p:plain

f:id:tanazashi:20180314233328p:plain

f:id:tanazashi:20180314233332p:plain

f:id:tanazashi:20180314233339p:plain

f:id:tanazashi:20180314233315p:plain

本展では、中国甘粛省の慶城県博物館が所蔵する約60点の作品の展示により、唐代胡人俑の魅力をご紹介します。
 今回の展示では、2001年に甘粛省慶城県で発見された唐時代(618-907)の穆泰(ぼくたい)墓(730年)から出土した胡人俑(こじんよう)の数々を日本で初めて紹介いたします。胡人俑とは、唐時代のシルクロード文化を象徴するものの一つであるエキゾチックな風貌の胡人(ソグド人などの異民族を指す中国における名称)を表現した陶俑(副葬用の陶製人形)です。とりわけ、穆泰墓出土の胡人俑は鮮やかな彩色と極めて写実的な造形により、胡人の姿が生き生きと表現されており、唐代胡人俑を代表するものの一つです。

現在の展覧会 | 展覧会情報 |大阪市立東洋陶磁美術館

 

会場:大阪市立東洋陶磁美術館

会期:2017年12月16日~3月25日