チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

フジイフランソワ展 はなから さらさら きにならぬ

f:id:tanazashi:20180222231756p:plain

 

角の代わりに頭から桜の木を生やした鹿。

f:id:tanazashi:20180222231801p:plain

日本の伝統文化に根ざしながら独自の発想で描く

フジイフランソワの展覧会です。

f:id:tanazashi:20180222231804p:plain

農作業の合間の一服の喜びであった和菓子。

物言わぬはずの和菓子に、霊が宿ったかのよう。

f:id:tanazashi:20180222231809p:plain

見る者をドキリとさせます。

f:id:tanazashi:20180222231815p:plain

毒々しさやユーモアを伴った神や物の怪の姿。

f:id:tanazashi:20180222231822p:plain

日本人が持つ、目には見えないものの存在を信じる気持ち。

f:id:tanazashi:20180222231826p:plain

それがフジイの絵に現れているのです。

f:id:tanazashi:20180222231831p:plain

会場:一宮市一宮市三岸節子記念美術館

会期:2018年2月3日~3月4日