チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽

f:id:tanazashi:20180307231259p:plain

 

 

f:id:tanazashi:20180307230816p:plain

17世紀初め。寛永時代。

f:id:tanazashi:20180307230831p:plain

徳川二代将軍秀忠の五女、和子が後水尾天皇に嫁ぎ、

宮廷と武士の文化の結びつきが強くなります。

そして寛永文化が花開いて行きました。

この時代の文化を代表する三人の人物。

f:id:tanazashi:20180307230858p:plain

一人目は茶人の小堀遠州

城の建築や造園にも才能を発揮し、寛永文化の美意識を牽引しました。

f:id:tanazashi:20180307231148p:plain

京焼の名工野々村仁清

色彩豊かな御室焼で知られますが、はじまりはモノクロームの世界でした。

f:id:tanazashi:20180307231214p:plain

そして幕府の御用絵師として活躍した狩野探幽

桃山時代狩野派の画風を変え、新しい探幽様式を確立しました。

江戸寛永のみやびを三人の文化人を通して探っていきます。

 

f:id:tanazashi:20180307230944p:plain

茶の湯に宮廷文化の雅を取り入れた小堀遠州は、

様々な文化人を集めて茶会を開きます。

f:id:tanazashi:20180307231409p:plain

そうした中で遠州好みと呼ばれた茶道具が広まって行きます。

遠州好みの茶道具は海外でも作られました。

f:id:tanazashi:20180307231451p:plain

当時オランダに発注されたこの茶碗もその一つです。

f:id:tanazashi:20180307231531p:plain

この茶入は優美な曲線と黒い雪崩の景色が特徴。

遠州茶の湯は「きれい寂」と呼ばれました。

f:id:tanazashi:20180307231019p:plain

野々村仁清御室焼の制作をはじめたのもこの時代です。

f:id:tanazashi:20180307231619p:plain

白濁した釉薬をかけた透かしばち。

鉢全体に穴を開けるという斬新な形。

寛永文化の美意識を象徴する一点です。

f:id:tanazashi:20180307231702p:plain

 

この水差しも白一色。

高いろくろの技術に寄る造形。

白のシンプルさの中に、さらに深い美を見出そうとしています。

江戸時代の絵画を構築してきたのは狩野派でした。

なかでも狩野探幽は新しい絵画を目指します。

f:id:tanazashi:20180307231807p:plain

これは探幽、33歳の時の作品。

豪壮な狩野派の画風を大きく変えています。

f:id:tanazashi:20180307231846p:plain

モチーフを少なくし、

画面をゆったりと構成しています。

大きな余白と淡い色彩。

探幽様式が確立された作品です。

余白を大胆にとった屏風絵。

f:id:tanazashi:20180307231931p:plain

穏やかな水流を背景に互いを見合う鳳凰が描かれています。

探幽は遠州の茶会にも参加し、その美意識も取り入れたと思われます。

 

f:id:tanazashi:20180307120800j:plain

 

www.suntory.co.jp

 

会場:サントリー美術館

会期:2018年2月14日~4月8日