チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

忘れられない、 ―浜口陽三、カロリーナ・ラケル・アンティッチ、前原冬樹、向山喜章―

f:id:tanazashi:20180310132713p:plain

 

記憶をテーマにした内外の現代作家による展覧会です。

f:id:tanazashi:20180310140300p:plain

かくれんぼをしている少年。

広い空間が不安な気持ちを煽っているようです。

f:id:tanazashi:20180310140334p:plain

作者はベネツィア在住の女性画家・アンティッチ。

少年や少女特有の感情をテーマにしています。

f:id:tanazashi:20180310140411p:plain

小学校の理科の時間。

鉱石の標本を並べて記念撮影です。

f:id:tanazashi:20180310140510p:plain

子どもたちの独特の表情が、

なにか忘れていた記憶を揺さぶります。

 

f:id:tanazashi:20180310140622p:plain

向山喜章 の作品のテーマは光。

この作品は黄色を基調にして、光を感じさせます。

平面に広がるぼんやりとした色の広がりは

f:id:tanazashi:20180310140703p:plain

ワックスの半透明な層を抜けて、表面に滲み出したもの。

紙に色を塗り、その上にワックスを全面に掛けることで

独特の光を発するのです。

f:id:tanazashi:20180310140721p:plain

遠い日の記憶の中の風景を感じさせる作品です。

 

f:id:tanazashi:20180310140742p:plain

砂浜に打ち上げられた様々な漂着物。

f:id:tanazashi:20180310141428p:plain

一見実物のように見えますが、すべて作り物です。

f:id:tanazashi:20180310140829p:plain

彫刻家・前原冬樹はこうしたユニークな造形を得意としています。

f:id:tanazashi:20180310140950p:plain

この柿の彫刻はブリキの質感に仕上げています。

f:id:tanazashi:20180310141023p:plain

しかし、前原の作品はすべて一木から彫り出しているのです。

f:id:tanazashi:20180310141055p:plain

「これくらいの角材から必要な、この辺を切り出して、そこから彫刻刀で彫ってこういう形を作っていく。

f:id:tanazashi:20180310141141p:plain

このへんの穴を通すために、裏から彫っていって空洞にして、こういう所を全部隙間を抜いていって、薄い鉄板の感じを出したということです」

f:id:tanazashi:20180310141220p:plain

 

f:id:tanazashi:20180310141249p:plain

さくらんぼで知られる銅版画家・浜口陽三。

カラーメゾチント技法を用いて新しい作品世界を生み出しました。

f:id:tanazashi:20180310141331p:plain

光を帯、闇から浮かび上がるさくらんぼは、

過ぎ去った遠い日の記憶を呼び覚ましてくれるようです。

 

会場:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

会期:2018年1月16日~4月15日